ピクシブ百科事典

ハンドベル

はんどべる

ハンドベルとは教会の鐘から派生した手持ちの体鳴楽器である。

概要

ハンドベルとは17世紀ごろ教会の鐘から派生、発展したイギリス発祥の打楽器(体鳴楽器)である。楽器として構造、演奏法共に完成したのはアメリカに渡ってからであった。

鐘に革製のベルトが付けられており、これを握ってベルの開口部が上を向くように構えるのが基本。一つのベルで一つの音階しか出せないため、曲の演奏には曲中で使われる全ての音階の数のベルとそれを持てるだけの人数が必要になる。

関連記事

親記事

打楽器 だがっき

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ハンドベル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 408

コメント