2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

レッド・ミニオン

れっどみにおん

特撮テレビドラマ『KAMEN RIDER DRAGON KNIGHT』に登場する戦闘員怪人。本稿では、その進化系のホワイト・ミニオン、ブルー・ミニオンについても解説する。
目次[非表示]

概要

ゼイビアックス将軍率いるモンスター軍団戦闘員
主に地球人の奴隷化に必要となる転送装置作成の為、地球人のDNAサンプル採取の為の拉致活動を行う(放送コードの都合上、殺害・捕食ではなく、あくまで拉致)。

量産型モンスターであるが故に戦闘力はめっぽう低く、斃されると黒い粒子と化して跡形も無く消滅する特徴を持つ(ショッカー戦闘員のオマージュ?)。ただしその戦闘力には個体ごとにばらつきがあり、中には単体でもライダー相手にある程度持ちこたえる猛者も存在している。
後にゼイビアックスの力を受けホワイトミニオンへと進化する。

進化体

ホワイト・ミニオン

ゼイビアックス将軍の力で進化しパワーアップを遂げたレッド・ミニオン。元はシアゴーストで、劇場版でシアゴーストの群れと乱戦になるシーンが流用されている。

ブルー・ミニオン

ホワイト・ミニオンから脱皮し、より強力な個体へと進化したホワイト・ミニオン。元はレイドラグーンで、劇場版や最終決戦でレイドラグーンの群れと乱戦になるシーンが流用されている。
背中で空中を自在に飛び回る事が出来るようになった。

余談

元は『仮面ライダー龍騎』に登場する1回限りのミラーモンスター「ゲルニュート」であったが、なぜか海外ウケが良かったので、ザコ戦闘員というレギュラーキャラに昇格し、スーツが複数体製作され大量に登場する事になった。
やっぱり、武器の手裏剣がウケたのだろうか。

スーツは後に『劇場版 超・仮面ライダー電王&ディケイド NEOジェネレーションズ 鬼ヶ島の戦艦』に登場したオニ一族配下のゲルニュートとして使用された。

実は、英文では「イモリ(Newt)の怪人、ゲルニュート(Gelnewts)」と解説されている。
「ミニオン(Minions)」とは「下っ端、手下、子分」といった意味なので、

  • レッド・ミニオン=赤戦闘員
  • ホワイト・ミニオン=白戦闘員
  • ブルー・ミニオン=青戦闘員
といった意味である。

関連項目

ゼイビアックス将軍 戦闘員 KAMEN_RIDER_DRAGON_KNIGHT
ゲルニュート シアゴースト レイドラグーン→原作『仮面ライダー龍騎』における元々のポジション。

関連記事

親記事

ゼイビアックス軍 ぜいびあっくすぐん

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました