ピクシブ百科事典

山吹色の菓子

やまぶきいろのかし

時代劇などでワイロを意味する隠語。なんと同名のお菓子も販売されている。

時代劇に出てくる悪代官の大好物で、主に桐の箱詰めにされ、アコギな商売をしている連中から贈られるらしい。ただし、このシーンは時代劇をほとんど見たことがない人が作り上げたイメージによるものが多く、実際にこのようなシーンが定番だったかどうかは疑問点が残る。具体的にどの時代劇にこのようなシーンがあったのかという情報は少ない。
金属質で重く、食用には適さないが、通貨として使用できる為、贈る数が多ければ多い程に貰う側から喜ばれる。

つまりワイロとして贈られる小判隠語である。

また、一両小判25枚(現代のレートで言えば1両=4万円×25=100万円相当)を和紙で包んだものを『切餅』という隠語で称し、主に挨拶料や手付金として贈られ、それを受け取った悪代官が袖の下に入れて隠す事から賄賂の事を『袖の下』とも称する。

現代では、これを札束に変換したものが、裏社会の定番の贈り物とされているという噂があったが…2019年10月2日、関西電力の謝罪会見でリアルに登場することになってしまった…。
(本件に関しては時代劇の定番とは逆に、悪代官(公の存在)に相当する側から越後屋(業者)に相当する側に渡されてたのが特徴である)

パロディ商品

和風パイ小判のように包装し箱詰めした「山吹色のお菓子」も実在する。なお、リニューアルにより、中身は黒ゴマクリームの入ったダックワーズになった。メーカーいわく「ゴマスリ用の腹黒いお菓子でございます」との事。


関連タグ

山吹色のお菓子 黄金色の菓子 袖の下 小判
山吹色 お菓子
悪代官 越後屋 時代劇
外部リンク「山吹色のお菓子」

関連記事

親記事

時代劇 じだいげき

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「山吹色の菓子」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 577997

コメント