ピクシブ百科事典

関西電力

かんさいでんりょく

関西電力は日本の電力事業者のひとつ。通称「関電」(かんでん)
目次[非表示]

概要

1951年設立。近畿2府4県(大阪府,京都府,兵庫県,奈良県,滋賀県,和歌山県)の他に、福井県南部の一部地域を事業区域としている電力会社。難工事の末完成した「黒四」の通称で知られる黒部川ダムと、福井県に3つの原子力発電所を保有している。東日本大震災以前は、発電量の約半分を原子力で賄っていてCMでも「関西の電気の約半分は原子力」とPRするほどだった。

通信事業者として

子会社のケイ・オプティコムが、光ファイバを用いてのインターネット接続サービス「eo光」と、KDDI(au)及びNTTドコモの携帯電話網を用いたMVNOサービス「mineo」、050番号を用いたIP電話サービス「LaLa Call」を提供している。また法人向けに専用線や広域ネットワークサービス等も提供している。
全国的には光ファイバのシェアはNTTが圧倒的だが、その例外がeo光でありNTTのシェアを上回っている府県もある。またmineoはサービス開始当時唯一のKDDI系MVNOであったが、その後NTTドコモのMVNOも提供を開始している。かつてはADSLやPHSも提供していた。

鉄道事業者として

関西電力は扇沢~黒部ダム約6km区間で1964年よりトロリーバスの運行を開始。この路線は元々黒部ダム建設を目的に黒部峡谷鉄道(かつては直営だったが現在は子会社)とともに建設されたものであり、日本唯一の「旅客鉄道を運行する電力会社」として営業していた。かつては世界的にも電力事業と鉄道事業の兼業は珍しくなく、この会社の前身も現在の山陽電気鉄道京福電気鉄道にあたる路線を保有していた。

その後、環境性および運行にかかる経済性等も踏まえて、2019年をめどにトロリーバスから充電式の電気バスへ車両を変更する方針になり、その法律上「鉄道事業者としての営業を廃止」し、「普通のバス路線へ転換」されることになった。

pixivに投稿された作品 pixivで「関西電力」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2595

コメント