ピクシブ百科事典

沖縄電力

おきなわでんりょく

沖縄電力は沖縄県を供給エリアとする電力会社。通称「沖電(おきでん)」

概要

アメリカ統治下の沖縄県で電力事業を担っていた「琉球電力公社」が、1972年の本土復帰を受け沖縄県と日本政府が出資する特殊法人として設立。1988年に民営化された。日本の電力会社の中で唯一原子力発電所が無く、発電量の約9割を火力発電で占めている。その分、電気料金が全国で最も高くなっている。しかし福島第一原発の事故後、放射能の心配がない沖縄に移住する人が増えている。

コメント