ピクシブ百科事典

くっ、殺せ!

くっころ

「くっ、殺せ!」とは気高い女騎士が敵勢力に捕まった際に発せられるセリフ。もしくは、気高い姫騎士が自分をさっさと殺すように敵に言うセリフである。

概要

創作物において、敵の情けを受けて虜囚の恥を晒すよりは、潔く死んだ方がマシだという考えから、プライドの高い女騎士姫騎士女戦士などが敵に対して「(私を)殺せ!」と言い放つ場合が多い。

似たような言葉として「さぁ好きにしろ」と敢えて相手側に自分の処遇を委ねるケースも存在する。
この場合、多少の辱めを受けるのは覚悟の上で、まずはこの場を生きのびて逆転や挽回のチャンスを待つというものだが、だいたい結果は同じだったりする。

明確な元ネタははっきりしておらず、『タクティクスオウガ』のセリエ・フォリナーなどいくつか候補が挙げられているが、「殺せ」などとは言うもののいずれもそのものズバリの台詞を発した例は無い。
同人作家であるクリムゾン氏の漫画が元ネタであるという噂もあったのだが、これは本人がTwitter上で明確に否定した。
曰く、「私の描く女性は生への執着が強いので、殺せとは言わない」とのこと。くやしい…でも納得しちゃう(ry

起源は明らかでないものの、エロゲー、エロマンガ、イラスト集等で多用された結果、お決まりのシチュエーションとなり「くっころ」なる略称が定着するまでになった。展開がテンプレ化してギャグ、パロディとしてしか捉えられなくなる典型と言えよう。
例えばTwitterでは、「女騎士がオークなどに囚われてこの台詞を言うが、何故かオークの方が理性的で扱いに困惑する」というネタが大流行したことがある。
もしかして→いいオークの日

余談として、女騎士が「殺せ」とは言うが自害を選ばない事にツッコミが入る件について、がある。これは、武器を取り上げられた状況では自殺は困難だということ、キリスト教的な「自殺は命を授けてくれた神への冒涜(敵に殺されるのなら殉教者)」とする価値観に由来すると思えば納得しやすいだろう。
因みに、手足を縛られている状態でも実行できる自殺として「を噛み切る」というものがフィクションではたまに登場するが、実はこの方法では死ぬほど痛いが死ねるとは限らない。自殺の方法としてはかなり不確実である。舌の切断自体は命に係わる事では全くない。舌を噛み切って死んだ人間がいたとしても、死因は出血多量による失血死か、舌の付け根が喉の奥に落ち込んでしまった事による窒息死であり、必ずしも起こる事ではない。

BL作品を中心に男騎士がこのセリフを言う場合もあるのだが、もはやオタク業界では「押すなよ!絶対に押すなよ!」同然の誘い受けな印象が強いせいか、ギャグ扱いの場合がほとんどである。

関連タグ

女騎士 姫騎士 女戦士 女闘士
オーク
ヒロピン ヒロインピンチ リョナ
ニラマレ
テンプレ 様式美 お約束
アミトス・アミテージ
戦うヒロイン
このままながめてるのもいいか
DID
ヒロインピンチ

くっころでいず

ドグラニオ・ヤーブン:最終回の処遇から、twitterでは「くっころ」の呟きが多数散見された。

男騎士が「くっ、殺せ!」って言うからメス調教してみた腐女子向けBL漫画
くっ殺セブン:ゲーム『艦隊これくしょん』に登場する艦娘長門」用の改変タグ。名前の元ネタはビッグセブン
アーくっ殺イヤル:同じく『艦これ』に登場する「アークロイヤル」用の改変タグ。
くっ、殺しなサイ!:ゲーム/アニメ『けものフレンズ』に登場するアニマルガールシロサイ」用の改変タグ。

関連記事

親記事

女騎士 おんなきし

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「くっ、殺せ!」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8700991

コメント