ピクシブ百科事典

みつめてナイト

みつめてないと

『みつめてナイト』とは、『ときめきメモリアル』の流れを汲んだ中世ファンタジー恋愛シミュレーションゲーム。
目次[非表示]

この作品は、1998年3月19日にコナミよりPlayStation用として発売されたゲームである。
ジャンルは恋愛シミュレーション

詳細

 このゲームにおいて貴方は東洋人となり、中世ヨーロッパ風の世界観を持つ「ドルファン王国」に傭兵として雇われることになる。貴方の役割は、そこで「雇われる国での最高地位を目指す」こと、それと「身近な女の子たちとの恋愛関係を築く」こと、この二つがこのゲームの目的である。

内容に関して

このゲームはときめきメモリアルの次を見据えてコナミとレッドカンパニー(現:レッド・エンタテインメント)が作成したものであるが、難易度が高めであり、学園生活を基にしたときめきメモリアルとは異なり、ヒロイン及び主人公不幸な目にあいやすいことが指摘されている。

また、主人公がヒロインに対して酷い言動を行うことも可能(たとえばセクハラや見捨てる行為などができる)である。
また、「傭兵の戦いでは戦争の大局は変更されない」と言う点も人を選ぶ。
このゲームは見た目やタイトルとは異なり、いわゆる「王道の恋愛シミュレーション」ではないため、人を選ぶ点もあり、セールス的には期待はずれであったと推測される。

しかし実際には当時も、だが、評価が高い。
とくに、ときめきメモリアルで散々プレイヤーを悩ませた傷心度(知り合った女の子を放置していると蓄積されて閾値を超えると爆発して悪影響を及ぼす)が、教会での行動で全員一挙に処理できる点はギャルゲーマーに喜ばれた。
戦闘面では防御コマンドの『次のコマンドウィンドウ表示まで防御力上昇・必殺無効』という仕様が素早さステータスを上げてしまうと噛み合わない点が難。コマンド入力するまで有効にしてくれたら良かったのだが。

やり込み要素の多さが特徴。イベントグラフィックは勿論、称号やクリアした女の子が使用可能になるミニゲームなどが存在する。

ゲームをやりこんだ一部の人からは「実は恋愛シミュレーションではなく、恋愛しないシミュレーション、すなわち女の子の誘惑を振り切って最高の地位を目指すゲームなのではないか」と言われている始末であるが、その指摘が大いに的を射ていたことが、2008年稼働のコナミの音ゲー「ポップンミュージック15ADVENTUER」において明らかになった。

本作のサウンドディレクターを務めたのは、ポップンシリーズでサウンドディレクターを勤めてきた村井聖夜氏であり、そのこともあって本作で最高位の称号である「聖騎士」の位を手に入れたときのエンディングで流れる楽曲「MAN FROM FAR EAST」がプレイ可能な楽曲として収録された。
その際に公式の楽曲コメントで原作であるこのゲームについても触れられており、
「国の危機を放って女の子とイチャイチャするか」それとも「女の子を諦める代わりに国の危機をすくい英雄となるか」
……すなわち、人生におけるジレンマこそが真のテーマであると語られていた。

…聖騎士になることがED条件の娘もいるが気にしてはいけない。

漫画版も発売されそちらは本編と同じドルファンが舞台となっており主人公は東洋人傭兵ではなくコジロウソウマと本編の没キャラである「スリの女の子」を元にしたアリッサホルンになっている。
本編のヒロインもサブキャラとして登場している。作画は本編のキャラクターデザインを担当した竹浪秀行。

登場キャラクター

ヒロイン

サブキャラクター

  • デュラン・ドルファン(CV:郷里大輔)
  • ミラカリオ・メッセニ
  • ヤング・マジョラム
  • ジョアン・エリータス

本作に付きまとう様々な不運

非常に凝った出来にして完成度の高かったみつめてナイトであったが、その後様々な不運が付きまとう。

シリーズの早期終結

本作はポストときメモの先鞭を付ける筈だったが、本作は値崩れを起こす程の大量の不良在庫を抱え、その後発売されたみつめてナイトRREDとのもう一つのコラボ作品だった聖少女艦隊バージョンフリート本作を下回る売上となり、折角本作の作品の評価が上がってきたのに、メディアミックス企画も空中分解し、リリースから僅か8ヶ月で公式展開は終了の憂き目に遭い、続編も潰える。また、本作に於ける早計且つ性急な判断は、後のコナミギャルゲー政策に悪影響を与えた。

声優諸氏の受難

みつめてナイトに出演していた声優諸氏も難儀を受けた

  • 新山志保・ジーン役 白血病で2000年に急逝
  • 小西寛子・ソフィア役 トラブルで2000年に声優引退
  • 嶋俊介・グスタフ役 2010年に逝去
  • 郷里大輔・ドルファン国王&ナレーション役 2010年に自殺
  • 水谷優子・スー役 2016年に乳癌で逝去
  • 今井由香・プリシア王女役 家事専念の為2018年に引退
仮に復刻しても声優交代は避けられない。

コラボ企画故の困難とコナミの変質

REDとのコラボ企画だった事が災いし、アーカイブに依る復刻や前述する当時の声優が故人や引退された方々が多い為、復刻が困難と言え、追い打ちを掛ける様にコナミ自体、スポーツクラブの運営をメインにし、ゲームは二の次になっており、みつめてナイト以後ギャルゲーはときメモ優先・偏重を経て、ラブプラス以後は一時はラブプラスがメインとなっていた。
果たして、このまま幻のゲームとなるのであろうか?

pixivにおけるタグ

 当然、女の子たちのイラストが多い……。訂正、ほぼ登場する女の子のイラストである。

関連項目

コナミ みつめてナイトR レトロゲーム プレイステーション RED レッドカンパニー レッド・エンタテインメント スポーティーな鎧 プレイステーション

外部リンク

関連記事

親記事

コナミ こなみ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「みつめてナイト」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 83438

コメント