ピクシブ百科事典

ライズ・ハイマー

らいずはいまー

『みつめてナイト』、及び『みつめてナイトR 大冒険編』に登場するキャラクター。
目次[非表示]

CV:冬馬由美

概要

みつめてナイト

誕生日は1月28日。16歳。血液型はB型。
ドルファン学園高等部の女生徒。スィーズランド出身。
あまり表情を表に出すことがなく、つかみどころのない性格。
基本的に冷淡で素っ気ない対応が多く、なぜか常に手袋を外さない。

本名はライズ・ヴォルフガリオ・サリシュアン。ハイマー姓は母方のものだとか。
敵対国であるプロキアに雇われている傭兵騎士団ヴァルファバラハリアンの軍団長の娘であり、ヴァルファバラハリアン八騎将の一人で、「隠密のサリシュアン」の通り名を持つ。ただし隠密と言う立場からヴァルファバラハリアンでも正体を知るものは少なく部下も居ない。
彼女の父であり軍団長でもあるヴォルフガリオは、玉砕必至ながらもドルファン憎しで参戦したこの戦争から愛娘を離脱させるために、あえて安全な敵地ドルファン首都城塞へ潜入を命じた。
常に手袋を外さないのは剣士特有の指の柄傷で正体が露見することを防ぐためである。

彼女の告白条件を満たす為には、彼女を含む八騎将との一騎打ちにすべて勝利しなくてはならない。
彼女とヴォルフガリオを除く八騎将との一騎打ちにすべて勝利すると、ゲーム終盤嵐の夜にヴォルフガリオが少数の兵を率いてドルファン城内へ侵入するイベントが発生。
ここでヴォルフガリオの正体がドルファン国王デュラン・ドルファンの双子の兄デュノス・ドルファンであり、顔に火傷を負った為王位継承権を奪われた上に命を狙われ側近のキリング・ミーヒルビス共々国外逃亡を余儀なくされた事、王国への復讐の為にキリングと傭兵騎士団を結成しプロキアに雇われ戦いを挑んだ事、ライズが前述の通りデュノスの娘である事が明らかになる。

主人公がデュノスとの一騎打ちに勝利すると、父と仲間達の仇を討つ為自らの騎士としての誇りをかけて決闘を申し込んでくる。
ここで決闘を拒否すると彼女は立ち去り告白出来なくなる。
一騎打ちに応じて勝利した後、好感度が規定値より低かったり、自害を止めないと本当に自害してしまうので注意が必要。
後はエンディング前には手紙を出せば告白出来る。
なおヴォルフガリオに関する陰謀は有力貴族が勝手にやったことであり、現ドルファン王自身は兄を愛していたのでエンディング直前には養女になる誘いも受けたが、あくまでも父の敵として断っており、ドルファンに残る気も無いそうである。

物語の濃さから本作における真メインヒロインとの呼び声も高い。

みつめてナイトR 大冒険編

寡黙な少女。趣味は旅行、政治談議など。好きなものは勝利、強い人、ことわざ。
味覚に異常があり、主人公がスカウトにやってきた時に「豆乳と消毒用アルコールで代用したミルクロワイヤル」を「暗殺用ドクロマーク入コップ」に入れて出す。
とっつきにくい印象の割に他の女の子との相性は概ね良好で、リンダと唯一上手くやっていけるのも彼女のみである。
主人公の命を狙っているかのような言動も見せるが、本当に主人公を抹殺してしまうルートも存在する。
武器はレイピア。強力な剣技と氷魔法を覚える。敵一列を攻撃するつばめ返しが便利。

装備の好みは実用的なもの。
「異国の軍用制服」「鋼の鎧」「見つかりにくい服」など。
「メイド服」や「ドレス」などを嫌い、全ての衣装を集めない限り水着を装備してくれない。
その割にはヘタな水着よりも露出度の高い「すっきりとした鎧」を着てくれたりもする。

尤も無印で水着姿にならなかったのは「手袋を外したくなかったから」なので問題はないのかもしれない。
まぁ無印で手袋を外さなかった理由は上記の通り剣士である事を隠すためなので、メインヒロイン全員が戦闘可能なR世界で手袋を外さない理由は特にないのだが。

pixivに投稿された作品 pixivで「ライズ・ハイマー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 22860

コメント