ピクシブ百科事典

柳生新陰流

やぎゅうしんかげりゅう

柳生新陰流とは、柳生宗厳が伝えた日本の古流剣術の1つ。
目次[非表示]

概要

流祖とされるのは柳生家剣豪柳生宗厳(石舟斎とも)」。宗厳は剣聖とよばれた剣豪「上泉信綱」の弟子の一人で、彼が創始した剣術流派新陰流』の使い手であり、流派の正当継承者でもあった。
そのため、実はこの名称は俗称であり、本来の名称は新陰流である
この名称で広く一般に知れ渡っているのは、宗厳が信綱より「無刀取り」の公案を課して伝えられ、柳生家によって伝承されたためであり、そのため新陰流に対して分派を起こしたわけではないので流派名は変更はなされていない。

本来「柳生」を冠した流派名は弟子筋の流派であり、たとえば、宗厳の高弟であった柳生姓を許された柳生松右衛門(大野家信)から有地内蔵允(有地元勝)を経て、福岡藩に伝わった系統は「柳生新影流」と称している。

ただし、武道学では、信綱が伝えた頃と柳生家が伝えるようになってからの違いや、柳生家の系統とそれ以外の新陰流の違いを区別するため、「柳生流」と「柳生新陰流」を分けて使用することもある。

主に剣術で知られているが、柔術体さばきなども術理に取り入れられており、上述した素手で相手の刀を取る無刀取りも、いわば柔術の技とも言える。
そのため、石舟斎や彼の息子である柳生宗矩の門下たちは、後の講道館柔道の源流となる起倒流や、柳生心眼流小栗流などの柔術諸流派を生みだしている。

関連タグ

日本 柳生 柳生家
剣術 柔術

外部リンク

柳生新陰流公式ホームページ
日本古武道協会

pixivに投稿された作品 pixivで「柳生新陰流」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2025

コメント