ピクシブ百科事典

最澄

さいちょう

最澄とは、「伝教大師」の名で有名な天台宗の開祖である日本の仏僧である。
目次[非表示]

曖昧さ回避

  1. 平安時代前期の僧侶本項で解説。
  2. 烈火の炎の登場人物。


概要

日本仏教の宗派の1つ『天台宗』の開祖で、『伝教大師(でんきょうたいし)』の名でも知られる。
近江国(滋賀県)滋賀郡古市郷(現在の大津市)に生れ、俗名は三津首広野(みつのおびとひろの)。
生年に関しては、一般には神護景雲元年8月18日(西暦767年9月15日)とされるが、天平神護2年(766年)という説も存在する。

12歳のとき近江国分寺に入り、出家して大国師である行表の弟子となり、14歳のとき国分寺僧補欠として11月12日に得度し、名を最澄と改めた。
787年に比叡山延暦寺の基となる小規模な寺院を建立し、797年には桓武天皇内供奉十禅師も務めている。

この頃は、政治宗教が密接に成り過ぎて、僧侶による朝廷内で汚職や権限の乱用が発生するなど、仏教の権限が失墜を始めていた頃であり、状況を憂いていた彼は、804年7月に門弟の義真を通訳に連れて、空海とおなじく九州を出発し明州に渡った。
天台山にて代の僧である湛然の弟子、道邃行満について天台教学を学び、道邃から大乗菩薩戒を受け、翛然から順暁から密教を、それぞれ相承した。

帰国後、学んだ教えを伝えるべく『天台宗(天台法華円宗)』を開き、布教活動に努めた。

関連タグ

仏教 密教 天台宗
僧侶 伝教大師 

pixivに投稿された作品 pixivで「最澄」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5345

コメント