ピクシブ百科事典

神使

しんし

神使とは、神道において神の使い もしくは神の眷族である、特定の動物のことである。
目次[非表示]

概要

神使とは、神道において神の使い もしくは神の眷族で、神に先駆けて現れたり 神意を知らせるためにヒトと接触する者と考えられる 特定の動物のことである。「つかわしめ」などともいう。また、神使が神そのものと考えられることもある。
神使とされる動物は、哺乳類から、鳥類・爬虫類、想像上の生物まで幅広い。

神使とされる動物は、その神の神話の内容や、神社の縁起に基づいて固定化されていることが少なくない。稲荷神春日神鹿弁財天にはなどが代表的な例である。

また、土地の伝承などに基づくものもある。例えば、岩手県の常堅寺では河童伝説に基づき狛犬の代わりに河童像が置かれている。京都府京丹後市の金刀比羅神社の境内社木島社には狛犬ならぬ狛猫像が置かれ、阿吽の配置も左右逆となっている。

神使とされる動物の一例

動物
鹿春日大社鹿島神宮厳島神社
住吉大社
日吉大社浅間神社
熊野三山
諏訪大社
八幡宮
氣比神宮
伊勢神宮
二荒山神社
三嶋大社
大黒天
弁才天大神神社
海蛇出雲大社
白蛇諏訪神社
稲荷神 (伏見稲荷大社)
天満宮
松尾大社
武蔵御嶽神社三峰神社など奥多摩・秩父地方の神社
大前神社


関連リンク

日本神話 神道
神社 神棚 鳥居 狛犬
神職 神官 神主 巫女

外部リンク

wikipedia 神使(表などを一部引用)

pixivに投稿された作品 pixivで「神使」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 55659

コメント