ピクシブ百科事典

ディルムッド・オディナ

でぃるむっどおでぃな

ディルムッド・オディナは、ケルト神話に登場する英雄。
目次[非表示]

ケルト神話でのディルムッド・オディナ

フィン物語群で語られるフィアナ騎士団の一員。
若さの神、妖精王オェングスを育ての親に持つ。

二本のと二本のを武器とする。 それぞれ、槍はゲイ・ジャルグゲイ・ボウ、剣はモラルタベガルタという名称である。

グラーニャ姫との恋路

コーマック王の娘でエリン(アイルランド島)一の美女と名高いグラーニャ姫からは、「金髪、そばかす肌、黒髪の英雄、やさしい、ハンサムで 男らしい顔だちでいい声をしている」と、べた褒めされている。
性格も良く、忠義心と友情に厚く、主君と友の危機には一、二もなく駆け付ける。また騎士としての矜持を強く持ち、魔術に頼ることをよしとせず、戦いでは常に先陣を切り、撤退に際しては殿を申し出る。

彼の容貌は美しいだけでなく、妖精によって贈られた“魔法の黒子(ほくろ)”を顔に持っていて、出会った女性を虜にしてしまう。
騎士団長フィン・マックールの花嫁候補だったグラーニャ姫と恋に落ち、彼女を連れて逃避行をする。後にフィンに許されて二人は結婚する。
しかしこの確執がディルムッドが死ぬ原因を生みだしてしまう。
この騒動、元はディルムットの黒子が原因なのだが、グラーニャがフィンを老人と知ったことで一層ディルムットに傾いたという側面がある。さらにグラーニャもグラーニャで、ディルムットに何度も丁重に断れた上でフィンとの婚約を勧められたことに業を煮やし、ケルトの戦士にとっての確約宣言である“呪的誓約(ゲッシュ)”を持ち出して「自分を攫って逃げさせる」よう誓わせてしまう。
つまり、歳甲斐なく結婚を望んだフィン、そのフィンの近くで呪いに等しい黒子を持っていたディルムット、恋の熱にうなされゲッシュを持ち出してまでディルムットに愛されたがったグラーニャと、故意も他意もない交ぜの三者三様の事情が絡んでいる。
……が、少なくともディルムットの落ち度は在って二割だろう。

ゲッシュに従い、フィンの元からグラーニャ姫を攫ったディルムットに、当然フィンは激昂。
逃げる二人を執拗に追いまわし、ディルムットとグラーニャは長い逃避行生活を強いられる。
その果てに安住の地を手に入れ、ようやく二人は落ち着きを取り戻した。
そしてここにきて、フィンも若い二人を赦すことを決め、グラーニャは念願かなってディルムットと夫婦となった。

悲劇的な最期

しかし安息は長くはなかった。
ある日、グラーニャは父コーマック王とフィンを、この地に招いてもてなしたいとディルムットに嘆願する。
ディルムットもこれを承諾し、二人の王を自分たちの館に招いた。
もてなしの日の夜、外で犬が騒ぐことから、ディルムットは夜警に出かけることにした。
グラーニャはゲイ・ジャルグを持っていくべきと心配するが、ディルムットはグラーニャを宥めると、ゲイ・ボウとベガルタだけを持って出て行ってしまった。
山の中でディルムットはフィンと再会する。フィンは部下がの足跡を見つけて、猪狩りに勇んで出かけてしまったと話し、それを聞いたディルムットは犬の騒いだ原因が猪と合点し、「猪相手に逃げ出すわけにはまいりません」として、猪を狩ることを決める。
フィンは慌てて止めに入るが、ディルムットはそのまま猪を追っていってしまう。

フィンは猪を見つけ、戦いを挑む。
だが猪の毛皮と剛毛は、ゲイ・ボウを弾き返し、ベガルタに至っては粉々に粉砕してしまったのだ。
この猪、名をば「サングリア・デ・ベン・ブルベン」(ベン・ブルベン山の猪)といい、かつてディルムットの父が殺した執事の息子の亡骸に、執事がドルイドのアンガスの杖を使って魔術を掛け、猪として蘇らせたものである。
つまり歴とした魔獣である。
フィンはこれなる猪が彼の魔獣であり、猪が執事の呪詛で「ディルムットを殺す呪物」にされていることを知っていたので、猪狩りに向かおうとしたディルムットに警告していた。
必殺の槍を館に置き忘れた挙句、かつての主君からの警告を無視したことを嘆くディルムットだったが、時既に遅く、猪はディルムットを容赦なく突き飛ばし、致命傷を負わせる。
最後の力を振り絞り、猪の頭蓋にゲイ・ボウを突き立てたことで、ディルムットの辛勝となった。

瀕死で帰還したディルムットを見たグラーニャとディルムットの子・オスカーは、フィンに「両手で掬った魔法の水」を施して欲しいと懇願する。
しかし、重症のディルムットに心を痛めるグラーニャの姿を見て、捨てたはずのフィンの嫉妬が再燃して、水を施すことを躊躇してしまう。
オスカーから「分けて頂けないなら、私かあなたが死ぬことになる」とまで迫られるも、フィンは嫉妬を振り切ることが出来ずに二度水を零し、三度目を汲んで帰ってきたときにディルムットは息絶えてしまった。

ディルムットの死を嘆くグラーニャの元に、自分の杖が魔獣を生んでしまった事を悔やんでいたアンガスが訪れ、遺体を生きているかのように保存し、そこに魂を入れ、毎日少しだけ話せるようにしたという。

Fateシリーズでのディルムッド・オディナ

ランサー及びセイバーサーヴァントとして登場。
詳細は該当記事を参照。
本作品に登場したことで日本での知名度は上がったが、本来フェニアンサイクルはフィン・マックールが主人公であり、ディルムッドは終盤のライバルキャラ程度の立ち位置でしかない。

二輪の薔薇
セイバーディルムッド



関連タグ

ケルト神話 Fate/Zero ランサー(Fate) ランサー陣営葬式会場

pixivに投稿された作品 pixivで「ディルムッド・オディナ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1798598

コメント