ピクシブ百科事典

ライラ(ダンまち)

らいら

ライラ(ダンまち)とは、『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』の登場人物。※左から2番目の少女。
目次[非表示]

概要

CV:諏訪彩花

かつてオラリオに存在した【アストレア・ファミリア】所属の小人族(パルゥム)の女性冒険者。16歳(故人)。
ステイタスはLv.3。二つ名は【狡鼠(スライル)】
ライラという名前は自分でつけたらしく、親兄弟はおらず相当過酷な人生を送ってきたという。
5年前のダンジョンで起こった事件でリュー・リオンを除く仲間達と共に死亡している。

人物像

桃色の髪のショートカットが特徴。可愛らしい見た目や正義のファミリアの眷族という立場に反して性格は不真面目。しかし率直で忌憚がない鋭い発言をする事が多く、個性的かつ脳筋が多いファミリアメンバーのまとめ役でもあった。そういった事からリューからは団長のアリーゼ・ローヴェルの次に頼りにされていたという。
また嘘の見抜き方や強請りに基づいた交渉術、ギャンブルの必勝法やイカサマなどの正義の派閥らしからぬ知識を数多く持ち、違法賭博の潜入捜査に役立っていた。ダンジョンにおいては生き残るために様々な試行錯誤を試していたらしく、水分を補給する術がなくなった際、スライム系のモンスターの液体を代わりするといった事もしていた。因みにリューも自分の努力と苦労を味わわせるために無理矢理飲まされている。
こういった行動や技術は『知識は武器になる』、『知識を知恵に変える』という彼女自身の考えから基づかれたもの。自分は貧弱な小人族であるため、そうしなければ生きていけなかったと語っており、過酷な生い立ちを送ってきた人生や境遇から自然とそういった思考が身についたのだろう。
この術はリューに受け継がれ本編や外伝でも彼女の助けとなっている。

小人族の中でもトップの実力と知名度を誇る【ロキ・ファミリア】の団長フィン・ディムナの玉の輿を狙っていたが、当のフィンは「同じ穴の貉」として彼女を苦手にしてた様子。しかしそれ以外にも理由があるらしく、『メモリア・フレーゼ』のフィンの衣装ストーリーにて「前世で何らかの因縁がある気がして、婚約を結ぶと嫌な予感がする」と語っていた。曰く「舎弟とかパシリ」「親分と手下」的な関係との事。フィンの直感力や、ゲーム内で他の登場人物達の前世と思われる古代の物語が実装された事もあり案外馬鹿には出来ない台詞である。ひょっとしたら今後原作かゲームで描かれる伏線という可能性もあるが果たして?

関連タグ

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 
アストレア・ファミリア アストレア
アリーゼ・ローヴェル ゴジョウノ・輝夜 リュー・リオン
フィン・ディムナ
策士

関連記事

親記事

アストレア・ファミリア あすとれあふぁみりあ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ライラ(ダンまち)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7242

コメント