ピクシブ百科事典

ヴァレッタ・グレーデ

ゔぁれったぐれーて

ヴァレッタ・グレーデとはダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかな登場する人物である。
目次[非表示]

概要

CV:小林ゆう
所属:/ 闇派閥 / 性別:女 / 人種:ヒューマン

タナトス・ファミリア】所属の闇派閥の幹部。二つ名は殺帝(アラクニア)。ステイタスはLv.5。十五年前のオラリオ暗黒期からイヴィルスとして活動し混乱をもたらした主要幹部の一人。邪神のもとで血に酔い、快楽に身を委ね、最も多くの冒険者を殺害し人の命を奪うこそが己の至上だとする生粋のシリアルキラーである。
当時ロキ・ファミリアガネーシャ・ファミリアなどギルド側についた派閥と敵対していた。
年齢は30代後半らしいが恩恵の効果により20代後半の容貌を保っている。

人物像

毛皮付きの長外套(オーバーコート)を羽織い、天然武器(ネイチャー・ウエポン)の大剣を得物にする
ギルドのブラックリスト筆頭の闇派閥側の参謀。

上記の通り残虐非道な性格で常軌を逸した殺人鬼でありながら指揮官としての手腕は本物で彼女がいなければ三年早く闇派閥を壊滅できていたと言われるほど。フィン・ディムナとは並々ならない因縁があり異常なまでの敵意と憎悪を向けている。
六年前27階層の悪夢で一度は死んだとされていたが実際はオリヴァス・アクトを唆して死を偽造した隠れ蓑だった。(因みにこの時は別の邪神の眷属だったらしい)

作中行動

初登場は外伝7巻でありクノッソスの調査に乗り出したロキファミリアの前に現れる。地の利を活かした狡猾な罠で彼等を追い詰めその場はラウルを始めとした二軍メンバー達の機転でフィンを取り逃してしまうが負傷した仲間を連れ脱出しようとしていたリーネ達を殺害する。
その後はフィン達が雪辱の為クノッソスの鍵を入手することにいち早く勘付き当初闇派閥と繋がっていたイシュタルが鍵の『クノッソス・オーブ』も手にしたていたことから口封じの為市壁街から【セクメト・ファミリア】の暗殺者を雇いイシュタルに近い立場にいたアマゾネス達を襲撃する。最期はレナ・タリーと交流を深めていたベートに焼き殺される。

魔法

シャルドー
超長文詠唱からなる「結果魔法」。
自信が認めた以外の者が結界内に侵入した際力と動きを強制的に低下させる希少魔法(レアマジック)。
効果は相手が動き回ればその分重ねがけされるまさに彼女特製の蜘蛛の巣と言っていい程の厄介極まりない魔法。しかし本人曰く超長文詠唱に加え結界内に出れば強制解除、精神力(マインド)もやたらと消費しおよそ実践的ではないようだ。

コメント