ピクシブ百科事典

レナ・タリー

れなたりー

レナ・タリーとは、『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』の登場人物。
目次[非表示]

概要

CV:M・A・O

イシュタル・ファミリア】に所属していたアマゾネスの冒険者・戦闘娼婦(バーベラ)。16歳。
ステイタスはLv.2。二つ名は【爛花(プールス)】(『メモリア・フレーゼ』にて判明)。
本編にも登場しているがほぼモブキャラ扱いで主な活躍は外伝ソード・オラトリア
アニメ二期では出番が増え、劇場版でもアイシャ・ベルカと共に1カットのみ登場している。

人物像

明るく活発で天真爛漫な性格の少女。戦闘娼婦のまとめ役でもあるアイシャの妹分のような存在で、彼女にもよく懐いている。
オラリオ外にある港街、メレンにて【ロキ・ファミリア】との抗争の最中ベート・ローガに一蹴され、その時の敗北を機にアマゾネスの強い雄に惹かれるという習性から彼に惚れる事となり、その後謹慎中のベートと再会し彼に求婚を繰り返すようになる。あまりにしつこかったためベートにうっかり思いきり腹パンされてしまうが、泣き喚くどころか恍惚な笑みを浮かべながら喜びを感じており、その時の反応は流石のベートや同族のティオナもドン引きしていた。このように残念美人な部分もあるが、ベートの罵詈雑言や「雑魚」という言葉の真意を一度聞いただけで理解するといった一面も見せている。

ベートと共に行動中、闇派閥に雇われた犯罪組織、【セクメト・ファミリア】の暗殺者達による元【イシュタル・ファミリア】の戦闘娼婦襲撃の際、呪道具(カースウェポン)によって致命傷を負い死亡してしまう。
…が、実はアミッド・テアサナーレが精製した解呪の魔道具がギリギリ完成したことで一命を取り留めており、ほとぼりが冷めるまでリヴェリア達に匿われていた。その後彼女が死んでしまったと信じ、闇派閥に報復を行ったベートにその経緯を聞かされ再び腹パン(膝頭)をお見舞いされたが、やっぱり喜んでいた。
その後も相変わらずベートに付きまとい彼からうっとおしがられているが、それまでの経緯もあり多少態度が軟化している様子。

余談

ドラマCDによると元々の予定では容赦なく殺すつもりだったことが話されるが劇中劇なので真相は不明。
外伝8巻あとがきでは編集長に「殺しちゃあかん」と猛説得されたとの事なので、やはり当初の予定では死亡する予定だった模様。

『メモリア・フレーゼ』のイベントストーリー「レイクサイドサマーフェス」では本編7巻におけるレナ自身の心情が明かされている。
春姫とともにベートを探しているところに出くわしたシルルノアから殺生石の件も踏まえて仲がいいのかと問われた際、レナはそんなに仲良くなかったとぶっちゃけた。

(春姫「がーーーーん!!」)

元々レナはアイシャに頼まれて春姫の面倒を見ていたのだが、レナ自身好きで娼婦をやっていたため娼婦業を嫌がる春姫の気持ちがわからなかったらしい。殺生石に関しては流石に春姫に同情したが、いざ反逆を試みたアイシャが肉体的にも精神的にも逆らえなくなってしまったのを見て、アイシャに死なれたくなかったレナは春姫より彼女を選んだ、という事情があった。レナ自身は春姫を諦めてしまったことに申し訳なさを感じていたが、当の春姫も「もしレナ様の立場なら同じことをした」と返していたため、少なくとも春姫はレナたちを恨んではいなかったことは確かである。

関連タグ

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか ソード・オラトリア
イシュタル・ファミリア ベート・ローガ アイシャ・ベルカ

関連記事

親記事

イシュタル・ファミリア いしゅたるふぁみりあ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「レナ・タリー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 124401

コメント