ピクシブ百科事典

ガネーシャ・ファミリア

がねーしゃふぁみりあ

ガネーシャ・ファミリアとは「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」に登場する団体である
目次[非表示]

概要

迷宮都市オラリオに存在するガネーシャが主神を務めるファミリア。
本拠は「アイアム・ガネーシャ」。エンブレムは象の顔。団長はシャクティ・ヴァルマ
ガネーシャ自身も騒がしい変神だが団員にも似た者がおり、団員が主神にツッコミをいれるのが日常茶飯事となっているが、ファミリア内の信頼と結束は固い。Lv.6以上の冒険者こそないがLv.5が11人と第一級冒険者をオラリオでもっとも多く抱えており、深層域での戦果も高いオラリオ屈指のファミリアである。等級はS。

年に1度観客の前でモンスターを調教するギルド公認の祭典である怪物祭(モンスターフィリア)を主催・運営している。この祭りは異端児(ゼノス)の居場所を地上に作るため、祭りを通して人とモンスターの友好を強調する意図が隠されており、ウラノスが裏から手を回している。そのため一部の団員は異端児の存在を認知している。また消滅してしまった【アストレア・ファミリア】と共に都市の治安維持も務めており、現在も活動を続けている。闇派閥と積極的に戦ってるファミリアで暗黒期から多くの死傷者を出しており、本編の回想ではシャクティの妹アーディ、外伝ではハシャーナといった犠牲者を出している。

メンバー

ファミリア主神で上半分を覆う像の仮面を装着した男神。変人だが同時に好漢としても有名。「俺がガネーシャだ!」

ファミリアの団長。数少ないヒューマンの第一級冒険者で麗人と呼ぶに相応しい女性。

  • イルタ・ファーナ
ファミリア副団長のアマゾネス。シャクティと義姉妹の契りを(強引に)交わしており、彼女を姉者と呼び慕っている。

ヒューマンの男性の男性冒険者。「緑の宝玉」回収の極秘依頼を受けるが、レヴィスにリヴィラの街で頭を潰されて殺害される。
実はベル・クラネルがオラリオの門番として初めて出会った冒険者でもある。

ヒューマンの男性冒険者。Lv.2。自称「喋る火炎魔法」。とてもうるさい。
ヘスティア・ファミリア】と【アポロン・ファミリア】の『戦争遊戯』で実況を務める。

  • モダーカ
男性冒険者。ファミリアの苦労人担当でみんなから名前を覚えて貰えないかわいそうな人。

シャクティの実妹。故人。オラリオの暗黒期に闇派閥による自爆攻撃によって死亡。
原作では名前だけが登場したキャラクターだがメモリア・フレーゼ3周年イベントにて実装された。
ティオナ・ヒリュテともし会えたら仲良くなれる運命らしい。
童話アルゴノゥトの熱狂的なファン。あまりに好きすぎてアルゴノゥトの物語に隠された意味まで考えるようになったとか。

関連タグ

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか ガネーシャ
シャクティ・ヴァルマ

関連記事

親記事

子記事

兄弟記事

コメント