ピクシブ百科事典

アスフィ・アル・アンドロメダ

あすふぃあるあんどろめだ

アスフィ・アル・アンドロメダとは、『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』のキャラクター。
目次[非表示]

アスフィ・アル・アンドロメダとは、『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』のキャラクター。

概要

職業:冒険者・魔道具作成者
性別:女
人種:ヒューマン
身長:164cm
年齢:22
武器:《カノーヴァル・ダガー》
ステイタス:Lv.4
発展アビリティ:《神秘》《調合》《彫金》
魔法:《カロフ・アルゴール》
CV:茅野愛衣

ヘルメス・ファミリア】の団長
水色の髪に銀枠の眼鏡をかけた理知的な雰囲気の美女。
【万能者(ペルセウス)】の二つ名を持つレベル4の冒険者。
レアアビリティ『神秘』を保有し魔道具(マジックアイテム)を製作する稀代の魔道具作製者(アイテムメーカー)としてオラリオ内外で知られている。
いつも主神であるヘルメスに振りまわされ、年齢に見合わない疲労が滲み出てしまっている苦労人。

人物像

常に主神であるヘルメスの奔放な言動に振り回される苦労人。本人曰く、苦労人(びんぼうくじ)。
とはいえ盲目的に従っている訳ではなくヘルメスの行動に疑問や批判は抱いており時折、殴る・足を踏む・縄で縛る・小言を述べる等で諌める事も(それでも眷属として渋々ながら付き従っているのは後述の恩が理由の1つ)。

戦闘能力は同レベルの者に比べ劣るが洞察力や指揮能力に優れ、団長としての指示は的確。
彼女が率いるパーティはやや効率重視が見られるものの、【ロキ・ファミリア】の第一級冒険者を除いた中堅パーティと同等以上の戦闘能力を誇る。

レアアビリティ『神秘』を保有する稀代の魔道具作製者でもあり、発明した魔道具は枚挙に暇がない。
自身の魔道具を用いる事でギルドによる依頼の遂行率を高め、結果として【ヘルメス・ファミリア】が都市内外を自由に行き来できるだけの信頼を得たことに一役かっている。

実はとある海国ので、立ち振る舞いが洗練されている。
冒険者になる以前から空に焦がれていたこともあり、城から連れ出してくれたヘルメスに対しては愚痴や文句を言いつつも感謝している。

魔道具

  • 飛翔靴(タラリア)

金の翼が巻き付くように施された靴(サンダル)。
ニ翼一対、左右合わせて4枚の翼を広げる事で装備者に飛行能力を与える。その天外の能力故に秘匿されきた『神秘』の結晶。

  • 漆黒兜(ハデス・ヘッド)
前部に鍔の付いた漆黒の兜。装着した者を『透明状態』にする

  • 爆炸薬(バースト・オイル)
大陸北部の火口付近に発芽する火山花(オビアフレア)を原料に手を加え生成した液状の爆薬。空気に触れると爆発する。
小瓶は密封式のカバーに覆われ更に対刃性の高いホルスターに入れ持ち運ばれている。

  • 血潮の筆(ブラッド・フェザー)
少量の血をインク代わりにできるアイテム。水に濡れても字が滲む事がない。

関連タグ

団長 眼鏡っ娘 ヘルメス(ダンまち)

関連記事

親記事

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか だんじょんにであいをもとめるのはまちがっているだろうか

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「アスフィ・アル・アンドロメダ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 27199

コメント