ピクシブ百科事典

アスフィ・アル・アンドロメダ

あすふぃあるあんどろめだ

アスフィ・アル・アンドロメダとは、『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』のキャラクター。
目次[非表示]

概要

CV:茅野愛衣

ヘルメス・ファミリア】の団長にして【万能者(ペルセウス)】の二つ名を持つ、ヒューマンの女性冒険者。22歳。
レアアビリティ【神秘】によって魔道具(マジックアイテム)を製作する、稀代の魔道具作製者(アイテムメーカー)としてオラリオ内外で知られている。
いつも主神であるヘルメスに振りまわされ、年齢に見合わない疲労が滲み出てしまっている苦労人。

人物像

水色の髪に銀枠の眼鏡をかけた、理知的な雰囲気の美女。
常に主神であるヘルメスの奔放な言動に振り回されながらも、彼の要望をキッチリとこなしてくれる。本人曰く、「苦労人(びんぼうくじ)」。
とはいえ盲目的に従っている訳ではなく、ヘルメスの行動に疑問や批判・反感は抱いており、時折、殴る・足を踏む・縄で縛る・小言を述べる等で諌める事も多々ある。
特に異端児(ゼノス)事件終盤での彼の行動には反吐が出ると、ハッキリと答えている。しかし彼女も都市にとっては毒になりかねない彼等を保護する事にはどちらかと言うと反対側であり命令に逆らう事はしなかった。ただし、自分の地位や名誉を捨てて「愚者」に落ちる道を選び、命を掛けてでも彼等を守ろうとするベル・クラネルへの裏切り行為には、若干良心が痛んでいた模様。

実はとある海国の姫で、立ち振る舞いが洗練されている。
また、王族でしか知りえない国家間の秘密なども把握している。冒険者になる以前から空に焦がれていたこともあり、城から連れ出してくれたヘルメスに対しては愚痴や文句を言いつつも感謝しており、眷族として渋々ながら付き従っている理由の1つでもある。ちなみにドラマCDで「ヘルメスの事は感謝はすれども男性として意識することは決してない!」と述べている。
暗黒時代は副団長だった。この頃から苦労人が板についており、当時の団長のリディスに振り回されていた。リディスが闇派閥(イヴィルス)との戦いの中で死んだため、繰上りで団長に就任した。
この頃はまだ凄腕の魔道具職人程度で、現在の様な世界に名だたるほどの知名度はなかった。

レアアビリティ【神秘】を保有する稀代の魔道具作製者でもあり、発明した魔道具は枚挙に暇がない。自身の魔道具を用いる事で、ギルドによる依頼の遂行率を高め、結果として【ヘルメス・ファミリア】が都市内外を自由に行き来できるだけの信頼を得たことに一役かっている。魔道具製作者としての矜持も持っており、フェルズの作った遠隔通信用魔道具・眼晶(オクルス)を見た際には珍しく血が騒いだと語り、新たな魔道具を制作している。

当初はヘルメスが入れ込んでいるベルの事を「頼りない存在」としか見なしておらず、映画「オリオンの矢」では、ヘルメスが呼んだ増援がベル達だったことに(映画の時間軸ではベル達と出会って日が浅く、ベルもまだLv.2とステイタスも低かったので)、心もとなさを見せた。しかし、彼が「神殺しの大罪」を背負う形でアルテミスを救う為に戦い抜いたのが切っ掛けとなったのか、以降はベルを信頼する様子を見せ始める様になっていった様で、『ソード・オラトリア』12巻ではヘルメスの要請で事件の黒幕『都市の破壊者(エニュオ)』を倒す増援としてベル達を呼んだ際に、多くの試練を乗り越えて成長した彼らを見て心強いと、対照的な印象を抱いている。
本編では【ヘスティア・ファミリア】と関わることは少ないが、ドラマCDでは飲み会に呼ばれてヘスティアらと愚痴をこぼしたり、ヘルメスのおふざけで作ったダンジョンの借金で、ヘスティアをカモにしたりしている。
ゲーム『メモリア・フレーゼ』では、「魔道具を作れるだけで、冒険者としての戦闘能力は他の者に劣る」と自身を卑下したところをベルにフォローされており、団員のルルネ・ルーイからはベルとフラグが立つのでは?と思われている。果たして…。
17巻で、【フレイヤ・ファミリア】の本拠を監視中に『魅了』が効かないベル一人のために主神や第一級冒険者達が振り回される現状を察した時は、「貴方はもう、何なのですか……」と戦慄する様子を浮かべている。

ラキア王国の王子で、主神アレスに振り回されるという似た立場のマリウス・ウィクトリクス・ラキアには同情的。
また、闇派閥や怪人(クリーチャー)などの事件に関わっているファミリアの団長という立場からか、アイズ・ヴァレンシュタインリュー・リオンといったそれらに深い関りを持つ人物達とも、行動を共にすることが多い。特に、リューと新しくファミリアの団員となったアイシャ・ベルカとは共闘することも多いのだが、二人とも自分から危険に首を突っ込む性分の為か、ここでも苦労人としてよく振り回される。

リュー・リオンとは暗黒期に知り合い、周りの人物に振り回される苦労人としての共通点から親しくなり、現在でも交流が続いている。
ファミリアクロニクルepisodeリューでは、彼女の頼みでグランカジノの人身売買について情報を提供したりと、闇派閥の件抜きにしても彼女にとって今のオラリオでは数少ない味方の一人であり、頼られている。
アスフィ自身も、依頼を受ける度に遠回しに警告するなど、常に身を案じている。「アストレア・レコード」の衣装ストーリー「正翼継想」では、彼女がまた正義と向き合い、また歩み始める事が出来るように願いを語っている。

劇中の様相

フレイヤがベルを奪うためにオラリオ中に『魅了』を施そうとした際、ヘルメスの真剣な命令を受けて、オッタルにやられたリューを連れて急いでオラリオから脱出したことで、魅了を免れる。

オラリオから離れたアグリスの町で重傷のリューを手当てし、彼女が目を覚ますとオラリオとベルを調査するために、リューとともにオラリオに潜入。途中、リューがフレイヤに捕まり、一人で調査を進めて【フレイヤ・ファミリア】の本拠の偵察していたが、フレイヤの眷族達の動きに異変が起きたことを察すると、透明状態(インビジビリティ)でヘスティアに接触してヴェルフの工房で密会し、そのことを知らせた。
その際、ヘスティアの神血(イコル)を採取して保管場所を記したメモを作り、ヘルメスをヘスティアがいるジャガ丸くんの露店へ導き、ヘスティアに魅了される前にヘルメスが残したメモとともに、例のメモを渡させた。

そして、ヘルメスがオラリオを【竈】に変えると、ヘスティアをバベルの頂上へ連れて行き、権能を使用させ、ヘスティアの「神」としての偉大さを目の当たりにする事になっている。
その後、【フレイヤ・ファミリア】の本拠へ行き、ヘスティアを神室から侵入、そこでフレイヤの『戦争遊戯(ウォーゲーム)』の宣言をヘスティアが承諾した現場の証人となる。

戦闘能力

ステイタスはLv.4と、第二級冒険者クラスの実力を有する。【ヘルメス・ファミリア】は主神の方針で実力を隠している者もおり、原作でのヘスティアやアイズの台詞から、彼女も公式発表しているレベルを偽っている可能性があるが外伝12巻を見る限りその線はないだろう。
同レベルの者に比べてステイタスの数値は劣るが洞察力や指揮能力に優れ、団長としての指示は的確。彼女が率いるパーティーはやや効率重視が見られるものの、【ロキ・ファミリア】の第一級冒険者を除いた中堅パーティと同等以上の戦闘能力を誇る。個人の戦闘能力に関しては自身が制作した魔道具を駆使し、透明化による奇襲、飛行による攪乱、爆薬による攻撃といった他の冒険者とは全く異なる戦闘を行う。武器は《カノーヴァル・ダガー》と呼ばれる軽量の短剣。これも彼女が自ら作り上げた、オーダーメイドの武器である。

ステイタス

Lv.4
※異端児編時点でのステイタス

耐久器用俊敏魔力
F398G278C631D545I67
神秘調合彫金

発展アビリティ

  • 神秘

オラリオの中でも、所有者は5人に満たないとされているレアアビリティ。神の十八番である『奇跡』を発動させることが出来、このアビリティを使う事で魔道具を制作することが可能となる。また『魔導』と組み合わせる事で魔導書(グリモア)を作成できるなど、他の発展アビリティと併用することで作製できる魔道具の幅が広がるようである。
アスフィが制作した魔道具は下記を参照。

  • 調合
回復薬を始めとしたアイテムの効力を『魔法』の段階(傷口を一瞬で癒すなど)に引き上げる事が出来るアビリティ。製薬に関わる薬師(ハーバリスト)などが、よく発現するという。彼女の場合、このアビリティも魔道具を作製する上で会得したものと思われる。
  • 彫金
詳細不明。

魔法

  • カロフ・アルゴール

詳細不明。詠唱にエラい時間がかかるうえに、ショボいとのこと。また、再生能力のある漆黒のゴライアスのような相手には相性最悪だという。

魔道具

  • 飛翔靴(タラリア)

金の翼が巻き付くように施された靴(サンダル)。
ニ翼一対、左右合わせて4枚の翼を広げる事で、装備者に飛行能力を与える。その天外の能力故に秘匿されきた『神秘』の結晶であり、初めて目にした人々は一同に驚愕を表している。当初は奥の手として、あまり人目があるところでは使いたがらかったが、目撃者が増えたからかラキア軍捜索時など使用頻度は増えている。
元ネタはギリシャ神話での伝令神ヘルメスを象徴とする、有翼のサンダル。

  • 漆黒兜(ハデス・ヘッド)
前部に鍔の付いた漆黒の兜。装着した者は透明状態となり、隠密行動や奇襲を可能にする。ただし気配や視線を消すことは出来ないので、視線に敏感な人間などには気づかれてしまう事もある。【ヘルメス・ファミリア】では、この魔道具を使う事で他の人間に知られることなくダンジョンに潜り、到達階層を増やしている。
  • 爆炸薬(バースト・オイル)
大陸北部の火口付近に発芽する火山花(オビアフレア)を原料に手を加え、生成した液状の爆薬。空気に触れると爆発する。彼女の主な攻撃方法の一つ。中層クラスのモンスターならば、一撃で仕留められる威力を持つ。小瓶は密封式のカバーに覆われ、更に対刃性の高いホルスターに入れ、持ち運ばれている。
  • 凍炸薬(フリーズ・オイル)
クノッソス最終決戦前に、新たに開発した試薬。名称通り相手を凍結させる効果を持つが、その凍結対象は魔法や魔法円(マジックサークル)にまで及び、相手の動きや魔法攻撃を阻害することができる。
  • 血潮の筆(ブラッド・フェザー)
少量の血をインク代わりにできるアイテム。水に濡れても、字が滲む事がない。オラリオ内で広く普及している。
  • 紅針(クリゼア)
モンスターを興奮状態にし、同士討ちを誘発させる飛針。迷宮探索においては、怪物を強化させるリスクもある。
  • クノッソスの鍵(自作)
人造迷宮クノッソスの鍵を、自らの手で一から制作したもの。フェルズの魔道具に感化され10日間をかけて作ったと語り、同じ『神秘』の所有者であるバルカ・ペルディクスを驚愕させた。
  • ダイダロス通りの手記(偽物)
ヘスティア・ファミリアやフェルズを欺く為に、主神に徹夜で作らされた偽物のダイダロスの手記。血潮の筆を使用していたことから耐水性があったため、水溜りに落とした際、ヘスティアが気付くことになった。
  • 解炎剤
アミッドが作り出した『解炎回復剤(アンチナパームヒール)』と同種の物。彼女がアンフィス・バエナを初めて見た時にビビりにビビりまくり開発したものであり、その竜のブレスを消化することが出来る。

以下、本編13巻ドラマCD「ダンジョンにRPGを求めるのは間違っているだろうか」のネタバレを含みます。


















  • サンダーソード
魔剣とは異なる、文字通りの雷の剣。ヘルメス曰く「おもちゃのようなもの」だが、肝心の出力は10万ボルト。オラリオの冒険者ならともかく、全知零能な神にとっては、はっきり言ってオーバーキルである。これをまともに食らったヘスティアはめのまえがまっくらになった

  • シルバーベル・ゴールドベル
銀の鐘、金の鐘…ではなく銀色と金色の2人のベル・クラネル本人。元ネタは言わずもがな、イソップ物語の金の斧。なんやかんやあってベルが泉に叩き落とされた際に、泉の精役のリリがヘスティアに提示した。無論、ヘスティアは元ネタの主人公と同じく本物のベルを落としたと答えたが、返ってきたのは死ぬがよいとともに放たれたゴールド・シルバー・ファイアボルトだった。当然ヘスティアは焼き尽くされて、ゲームオーバーに。選択肢を待たずに突っ込んだ者を消し炭にする、凶悪な初見殺しだったというわけである。
ちなみに、金の斧に登場する泉の精の元ネタはヘルメス様本人だったりする。

  • シャハールの鏡
どんな攻撃もはね返す伝説の盾。元ネタは、もちろんドラクエのアレ。作中では、アスフィの放ったサンダーソードをはね返すためにベルが使用した。はね返されたアスフィ曰く、

「自分のマジックアイテムでやられるとは……不覚……」
後にも先にも、こんな不覚はこれっきりだろう。

関連タグ

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか
ヘルメス ヘルメス・ファミリア
リュー・リオン アイシャ・ベルカ

ドラえもん:便利な道具で手助けをしてくれるキャラ繋がり。世話が焼ける人物の保護者のような立ち位置で苦労人など、共通点が多い。髪も青色(水色)だし。ネットでは、一部読者からアスえもんとか呼ばれたりもしている。

関連記事

親記事

ヘルメス・ファミリア へるめすふぁみりあ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「アスフィ・アル・アンドロメダ」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「アスフィ・アル・アンドロメダ」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 512636

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました