ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

デメテル(ダンまち)

でめてる

デメテル(ダンまち)とは、『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』に登場する女神の一人。
目次 [非表示]

概要

CV:櫻井浩美

デメテル・ファミリア】の主神。「豊穣」と「慈愛」を司る女神


ヘスティアゼウスヘラヘファイストスヘルメスアポロンアレスアルテミスディオニュソスとは、天界でも同郷であり、共に故郷でも最高の栄誉となる「十二神」の地位を得ている。


神物

大らかで慈悲深い性格の持ち主である事から神格者として有名で、ゼウスやヘラと同じくオラリオを支えてきた善神として、フェルズからも敬意を表されている。家事の中でも料理を得意としており、そういった母性的な面の強さから、他の神々達からも「デメテルママ」と呼ばれている。

同郷の神々の中でもヘスティアとは友好関係が深く、姉妹の様に仲が良い。くわえてスタイルに関してはヘスティア以上にグラマラスである(…と言うより、作中に登場する女性・女神キャラクターの中でも断トツ)。巨乳に敵対心を抱くロキも大らかな彼女を前には、毒気を抜かれることが多い。

一方、ヘスティアのデートの相手(ベル・クラネル)がどんな人物なのか気になり、他の女神を誘って二人の待ち合わせ場所に押し掛ける等、神らしく好奇心に忠実な一面を持ち、『メモリア・フレーゼ』では、ロキやヘルメス、ディオニュソスと共にレフィーヤ・ウィリディスフィルヴィス・シャリアをアイドルデビューさせる為のコーチを行っている。

また、普段は大らかな性格である人物にありがちだが、本気で怒らせるとかなり怖いらしく、ヘルメス曰く「世界が荒廃してしまうくらいには恐ろしい」との事。


ちなみに、たまにヘスティアのファミリアである【ヘスティア・ファミリア】や【ミアハ・ファミリア】、【タケミカヅチ・ファミリア】といった貧困ファミリアの団員達が畑仕事を手伝いに来るらしく(【ヘスティア・ファミリア】の場合は、ヘスティアがベルの息抜きも兼ねて率先してやらせているのではないかと推察している)、特にベルは自分や団員達が感心するほど畑仕事が上手である模様(オラリオに来る前まで祖父と田舎で畑仕事していた為と思われる)。


豊饒の女主人』の店員であるルノア・ファウストとは、ステイタスを更新するための間柄で、「好きな時に改宗できる」という契約を結んでいるが、デメテル自身は本気で彼女の身を案じていた。

ルノアが『豊饒の女主人』に再就職した時は、ニョルズと共に作物をもって店を訪れ、言葉を交わしており、彼女が安定した人生を送っている事に喜んでいる模様。


自身と同じく豊饒を司るフレイヤとは、天界時代より神友の間柄にあったのだが、下界に降りてからは次第に彼女の方から距離を置かれる様になってしまい、その上でいつも退屈そうな表情をしている事に不満を覚えていた。

その結果、『メモリア・フレーゼ』の「シークレット・ギャンブリング」にて、を巻き込み、【フレイヤ・ファミリア】の面々も振り回す形で騒動を起こしている。


劇中の様相

原作においてそれほど目立った活躍は多くなかったが、スピンオフ作品である『ソード・オラトリア』の「狂乱の戦譚(オルギアス・サガ)」終盤期より、思わぬ形でその存在感を見せる事になった。


都市の破壊者(エニュオ)』との関係

第一次クノッソス進攻作戦の際、作戦の中核となった【ロキ・ファミリア】は『闇派閥(イヴィルス)』の残党壊滅と邪神の一柱であったタナトスを倒す事に成功したが、その代償として同盟関係を結んでいたディオニュソスの死亡と、そのファミリアである【ディオニュソス・ファミリア】の壊滅という甚大な被害を被った。


その後、オラリオの破壊を目論む黒幕である『エニュオ』の正体がディオニュソスではないかと睨んでいたロキとヘルメスの二人は、改めてエニュオの正体が誰なのかと模索する事になるのだが、ロキによって「ディオニュソスが天界にいた頃より、エニュオを名乗る神に操られていたのではないか」という推測が出た結果、エニュオの正体がデメテルである可能性が出始める

デメテルは、天界にいた頃よりディオニュソスと関わりがあり、何よりも彼の醸造している葡萄酒の神酒の原料となる葡萄は、デメテルによって作り出された物であったからだ。

そして事実、第一次クノッソス進攻作戦の後、デメテルはおろか、その眷族達でさえも拠点となる館から姿を消しており、館の地下室には惨たらしい血の臭いと、「宣戦布告」を思わせるヒエログリフ血文字で不気味なメッセージが遺されていた———。


「死に絶えろ、オラリオ。冥府の道は私が開く———」


地上から消滅したしたディオニュソスとの関係や、【デメテル・ファミリア】の団長のペルセフォネ含む眷族達と共に姿を消し、拠点となる館に残された血文字からも、エニュオの正体がデメテルである可能性は濃厚となっていた。

デメテルが隠れていたファミリアの所有する巨大保管庫にて、デメテルとヘルメスが対峙。

彼女は自らが黒幕であるかの様に振る舞う。


だが、ヘルメスはデメテルが本当のエニュオから身代わりを演じさせられているだけで、その理由が「取引」か「脅迫」のいずれかである事を指摘。

それを聞いたデメテルは、観念して事の真相を話す事になる。


実は、第一次クノッソス侵攻作戦時にて天界へ強制送還されたと思われていたディオニュソスこそがエニュオの正体であり、デメテルはむしろ彼によって利用されるという逆の立場にあった。また、第一次クノッソス進攻作戦におけるディオニュソスの強制送還もまた、彼とは異なる「貧窮」を司る女神・ペニアを使った偽装であり、実際は彼が造り出した神を酔わせる事の出来る「神酒」を使って酔わせた神や人間達を利用した、巧妙なトリックであった。

また、ロキも一時はデメテルを疑っていたが、ディオニュソスの神酒の原料である葡萄を作れても、彼の作った神酒の製法を押さえる事までは出来ない事から疑いを外す事になり、後にヘスティアがディオニュソスを「怖い」と評していた結果、改めて彼を疑う事になった。


アレス率いるラキア王国軍がオラリオに侵攻してきたあたりの時期、デメテルはディオニュソスの様子がおかしい事から、彼について探っていたのだが、天界時代より関わりがありながらも彼の「歪んだ本性」に気付けなかった事や、不用意な形で深入りし過ぎてしまった結果、感付いた彼によってペルセフォネを始めとする眷族達を人質にされてしまう事になった。

最初こそ、ディオニュソスの脅迫に屈しようとしなかったデメテルであったが、ディオニュソスは見せしめ感覚で彼女の眷族達を次々と殺害。元々、戦闘力の無い彼等はろくに抵抗も出来ないまま殺されていき、慈愛の女神であったデメテルはそれに耐えられず、止めるよう必死に懇願し、心の折れてしまった彼女は以降、ディオニュソスに言われるがまま、彼や『闇派閥』の行動を黙認し続ける以外に無かったのであった。

しかし、愛する眷族達を守る為とは言え、『闇派閥』の活動について黙っているしかなかった結果、事態はどんどん悪化していく一方となってしまい、デメテルは自らがしてしまった事について深く後悔する事になった。


狂乱の戦譚(オルギアス・サガ)終結後

フレイヤのクーデター騒動を発端に執り行われた『派閥大戦』では、神友である彼女の暴走に思うところがあるものの、眷族達の体調がまだ万全でなかった為に参加を見送ったが、『派閥大戦』が開始される数日前にルノアとクロエ・ロロに頭を下げられて、ニョルズと共に『豊饒の女主人』の店員達を眷族にする。

そして、『派閥大戦』でニョルズや同郷の旧知であるアストレア、新生【アストレア・ファミリア】の団員達と共に、舞台となる『オルザの都市遺跡』近郊に駆け付けると、派閥連合への途中参加を審判のシャクティ・ヴァルマの承認を経てアストレア達と共に『オルザの都市遺跡』に入り、『派閥大戦』の行く末を見届けた。


『派閥大戦』終結後は、冒険者順位(ランキング)の調査(アンケート)集計を行っていたローリエ・スワルの元に偶然現れ、兼ねてより親交のあった【ヘスティア・ファミリア】と同盟を組むという意味で、自身の派閥の団長であるペルセフォネをベルとお見合いさせようかと考えていると明かした(ペルセフォネも満更ではない模様)。

ちなみにその話を聞いていた他の神々も、「その手があった」と言わんばかりに賛同している。


関連項目

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか

デメテル・ファミリア ヘスティア ルノア・ファウスト フレイヤ

関連記事

親記事

デメテル・ファミリア でめてるふぁみりあ

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 108385

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました