ピクシブ百科事典

ナァーザ・エリスイス

なぁーざえりすいす

ナァーザ・エリスイスとは「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」の登場人物である。
目次[非表示]

CV:葉山いくみ

概要

ミアハ・ファミリアの団長を務める犬人族の女性。年齢は18歳。
主神のミアハに好意を抱いている。普段は淡々としているがミアハ絡みの話題となると感情を露わにすることも。
中級冒険者の域たるレベル2に到達済みだが、ダンジョンでモンスターに片腕を食われたことがトラウマになっておりダンジョンに入ることができなくなり、現在は薬剤師としてファミリアの家計を支えている。
負傷する前は弓をメイン武器として扱っており、現在でも心の傷を刺激されない(魔物の息遣いを感じずにすむ)ほどの超遠距離からならどうにか弓は引ける。
その狙撃の腕は確かである。

自分自身がファミリアの凋落の原因になった事を気にしており、それを何とかしなければという思いもあり、ややがめつい所も。


右腕、およびファミリア凋落の真相


……本当は片腕どころか、モンスターの群れによって全身を炎に焼かれ大火傷を負わされたうえで生きたまま体中を食い荒らされたというのが真相である。救助された際、自らのファミリアの主神であるミアハの献身的な看護と投薬により、一命はとりとめ全身の重篤な傷も癒されはしたのだが、骨までなくなってしまった右腕だけは高級ポーションでも治す事ができず、それをいたく悲しんだミアハが莫大な借金を背負ってまでナァーザ用に特注の義腕「銀の腕(アガートラム)」を購入し、右手を失った彼女に装着。銀の腕は彼女の新たな右腕としてしっかり定着はしたものの、それを購入するためにミアハが商売敵の医療具製造ファミリアから背負った借金があまりに高額すぎたために、それまで中堅どころとしてそれなりに規模も人材も有していたミアハ・ファミリアは、構成員らが主神ミアハを見限って次々と抜けていき、いまやかつての勢力は見る影もない、主神ひとり子ひとりの貧乏零細ファミリアと成り果てたのだった。

その後

ミアハの高潔さと商品たるポーションを何かにつけてオマケしてしまう気前のよさもあり、とても繁盛どころか借金返済すら覚束ない状況に困窮していたナァーザは、そこから商品の品質偽装に手を染めてしまう。
クエスト受注の報酬や商品として売り出すポーションを水で薄めて水増しし、甘味料を加えて味をごまかし、材料費をケチった粗悪品を、そのまま正規価格の1瓶500ヴァリスで売り始めたのである(見破ったリリの見立てでは、売られていた粗悪品ポーションは実質適正価格で200ヴァリスがいいところとの事)。
ミアハ・ファミリアの店の常連であり、超のつくお人よしでおよそ人を疑う事を知らないベルなどはナァーザ的に長きに渡るいいカモであったのだが、その過酷な生い立ちから人の悪意や謀略に聡いベルのサポーター・リリにそれを見破られ、偽装商売が露見。
それを知り激怒したミアハに連れられ、ベル達の主神であるヘスティアも交えてベル達に詫びを入れる事となるのだが、その動機となった上記の困窮理由を明かす事となり、さらに今月分の借金納付期限も迫っている事もあり、一転してベル達に借金返済のための新薬の素材調達のクエストを発注する事に。
ヘスティアが、ミアハと懇意にしていたお得意先であった事もあり、ヘスティア・ファミリアは『今後インチキ商売をしない事』をミアハ・ファミリアへの条件として遺恨を水に流し、依頼を快諾。その全面協力もあって『体力と精神力を同時に回復する』という薬効の新ポーションの開発・商品化に成功し、当面の借金取立ての危機回避に成功した。
その後、ナァーザは自分たちからの詐欺被害にあってもなお懸命かつ献身的に協力してくれたベルに新作ポーション(今度は手抜きなし)をプレゼントし、改めて謝罪。
今回の窮地回避への感謝も告げ、今後は困ったことを相談してくれたらいつでも力になる、とベルに約束するのであった。

pixivに投稿された作品 pixivで「ナァーザ・エリスイス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 58

コメント