ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

アーニャ・フローメル

あーにゃふろーめる

アーニャ・フローメルは、『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』の登場キャラクター。
目次 [非表示]

概要

CV:西明日香


酒場『豊饒の女主人』の女性の猫人(キャットピープル)の店員。22歳


クロエ・ロロルノア・ファウスト共々、酒場の中でも癖の強い問題児組の一人。特にクロエとはおバカ猫1、2という扱いを受けている。


フレイヤ・ファミリア】の副団長のアレン・フローメルの妹であり、彼女自身も【戦車の片割れ(ヴァナ・アルフィ)】の二つ名で呼ばれたLv.4の元冒険者である。


同僚のシル・フローヴァのお気に入りであるベル・クラネルの事は、「白髪頭(しらがあたま)」と呼んでいる。


人物像

一人称は「ミャー」や語尾に猫の様な「ニャ」を付ける。

明るく元気な性格だが、時々おバカな一面が見えることもあり、空気の読めない発言をしては、相方のクロエにツッコミを入れられたり諌められる事もしばしば。とんでもない音痴で「客足が減る」「災害」と称されるほど、本人はその自覚がないのか歌おうとしては周りに止められる。


兄のアレンとは絶縁関係にあり、彼に怒鳴られるだけで委縮し、戦意喪失してしまうほど。また、普段は「ニャー」という語尾を付けたふざけた口調で話すが、彼に怒鳴られた際に普通の喋り方をする為、普段の喋り方はキャラ付けである模様。


元々は兄と同じく【フレイヤ・ファミリア】に所属していたが、現在は破門扱い(理由は後述)となっている。戦闘では金色の長槍を使う。


今でも装備は『豊饒の女主人』で保管しているようで、遠征編では装備を取り出し仲間たちと共にダンジョンに赴いており、元が上位の冒険者だけあって、リュー同様にダンジョンのことについては『豊饒の女主人』のメンバーの中でも詳しい部類に入る。

かつてLv.4の殺し屋だったクロエと互角に渡り合える等からも、相当な実力者のようだ。


幼い頃は孤児で家族はアレンしかおらず、寄生虫の様に彼に縋って生きていた。そこをフレイヤにアレンとともに拾われ、【フレイヤ・ファミリア】に所属する。

しかし、衣食住を与えられたが、殺し合いさながらの訓練という『洗礼』を受ける日々を送る。すぐにアレンが頭角を現し、才能の差を見せつけられたアーニャは独りぼっちになることを恐れて、必死にアレンの背中を追い掛けていた(その姿から、上記の二つ名を付けられた)。だが、深層域の『遠征』にアレンに止められたにもかかわらず無理矢理付いていき、自分は死にかけた上にアレンも巻き込まれて重傷を負ってしまう。

これが決定的となりアレンから拒絶され、フレイヤも最初からアレンだけ欲しくてアーニャはおまけに過ぎなかったため、あっさりとファミリアから追放されてしまう。

絶望にうちひしがれたアーニャだったが、そこをシルに声を掛けられて、彼女の手を取って『豊饒の女主人』に迎えられる。


『女神祭』では、シルが抜けた穴を【ヘスティア・ファミリア】で補い、隙を見てクロエ、ルノア、リューとともにシルとベルのデートを尾行。だが、2日目にシルを【フレイヤ・ファミリア】の第一級冒険者達から守るべく他の三人と立ちはだかり、ガリバー兄弟と交戦するが元団員で連携を何度も見ていたことでかろうじて対応出来たものの、重傷を負う。そこにアレンが現れ、シルを見逃すように懇願するも聞き入られず、兄に逆らえないまま道を空けることとなり、アーニャは泣き崩れてしまう。


シルを守れなかったことに落ち込み、部屋に引き籠っている中、フレイヤがオラリオ中に『魅了』を施してしまうが、元団員だったことでミアとともに『魅了』が解除される。その後、クロエとルノアに無理矢理部屋から出されるが、誰もシルのことを覚えていないことに愕然とし、ミアから「フレイヤが『魅了』を施し、『シル』を消した」と聞かされる。

それを受け入れられずに店を飛び出すが、そこでアレンと再会し彼に連れられて広場に行くと、そこにいたフレイヤと再会。シルのことをフレイヤに問い質すが、彼女から『シル』の正体は自分であることを明かされる。アーニャを助けたのはただの娯楽に過ぎないと明かされたことで精神が崩壊し、錯乱したまま「シルを返せっ!」とフレイヤに襲い掛かるが、アレンに槍で殴られて吹き飛ばされる。その後、再び部屋に引き籠るが、ヘスティアによって『魅了』が解除され、記憶が戻ったクロエ達が自分の元へ駆け付けると、そのままクロエたちに抱きついて泣き喚き続けた。


本編18巻では、『派閥大戦』当日になってもシルに裏切られたショックから自室のベッドに引きこもって、ルノアとクロエの呼びかけにも反応しなかった。しかし、突然自室に現れたベート・ローガに無理矢理拉致されて、『戦いの野』まで連行される。そして、シルの匂いを辿ったベートによって『戦いの野』西側の大広間まで連れていかれたところで、眠り続けるシル(ヘルン)を発見して驚愕し、ベートがシルの『真意』を聞く為に自分が連れてこられたことに気付き、それでも真実を知ることに躊躇っていたところにシル(ヘルン)が「ごめんね。アーニャ」と寝言で呟いたことに再度驚愕し、続いてルノアたちとミアに寝言で謝罪したのを聞き届けた後、アーニャを追ってきたルノアたちとミアに自分はシルを救いたいと告げて、『派閥大戦』に途中参戦する。

そして、『オルザの都市遺跡』でガリバー兄弟とアレンたちに異常魔法【レミスト・フェリス】をかけて弱体化させた後、人生初の兄妹喧嘩をアレンと行う。弱体化させても手強いアレンに苦戦していたところに、ヘディンに続いてシルの為に寝返ったヘグニ・ラグナールの加勢を得たことで持ち直した。そして、アレンとヘグニの会話の中で、アレンが死と不幸しか撒き散らさない自分の側からアーニャを遠ざける為にアーニャを『憎む』しかなかったことを知って、全てはアーニャの幸せを願っての行動だったことを知って涙して、再びアレンと和解したいと告げる。しかし、アレンとアーニャの故郷を滅ぼした『隻眼の黒竜』が生きている限りアーニャの幸せは容易く吹き飛ぶとアレンが告げて、『隻眼の黒竜』を討つ為の強さを得るまで女神フレイヤは失わせないとしてアレンが高速魔法【グラリネーゼ・フローメル】を使用すると、ヘグニやアイシャ・ベルカたちと共に吹き飛ばされて、戦闘不能になる。

『派閥大戦』が終結して【フレイヤ・ファミリア】が解体された後、迷宮都市オラリオを去ろうとするフレイヤの前にベル・クラネルリュー・リオンたちと共に現れて、涙ながらにシル(とフレイヤ)にいなくならないでほしいと訴えてシルに抱き着いた。


『派閥大戦』後、色々と吹っ切れたアーニャはアレンと家族に戻ろうと奔走するようになり、幾度も説得しに行っては逃げるアレンを追い掛けるやり取りを繰り広げている。


アストレア・レコード

「アストレア・レコード」では、シルと共に行動し、炊き出しに参加していた。『大抗争』二日目に、襲ってきた『闇派閥(イヴィルス)』に槍で対応するなど、シルの護衛を兼ねていた模様。


戦闘スタイル

アレンと同様に武器は槍による白兵戦の他、後述の通り『異常魔法(アンチ・ステイタス)』の効果の魔法を使う。


ステイタス

Lv.4


魔法

  • レミスト・フェリス

詠唱式:【灰の空、消えた家、降るは黒、廃墟の雨、首なき瞳、尋ねし銅像(コリィ)。なりや、なりや?貴様は仔猫、迷子の車輪、私は涙、嗚咽の僕(しもべ)、家を問う。答えはなく。鴉(とり)に問う。定かでなく。だから私は泣くのです。たった一人、家族(あなた)の背で唄うのです。どうか私を置いていかないで


渾身の叫び声を上げて、周囲に怪音波を撒き散らす魔法。その効果は『異常魔法(アンチ・ステイタス)』で、怪音波を聴いてしまった者を赤い魔力の光で包みこみ、大幅なアビリティ低下をもたらす。さらに食らった相手の『スキル』や『魔法』、さらには発展アビリティの効力すら阻害されてしまう。特に『耐異常』の効力を下げてしまうのが厄介極まりなく、状態異常に対する防御力が著しく下がるため、毒に非常に弱くなってしまう。このため、戦闘に毒を使用するクロエとは極めて相性が良い。

加えて、広範囲に届くだけでなく、そもそも音量自体が凄まじいため、耳を塞ぐだけでは防ぎきれない。この魔法こそ、アーニャが音痴と呼ばれる所以である。詠唱自体は聖女のような歌声だけに、叫び声とのギャップが凄まじい。

効果が強力な分、一度使用すると再使用までに半日ものインターバルを要するため、基本的に一日に一度しか使えない。また敵味方問わず影響を及ぼすため、無計画に使用すると味方も弱体化させて逆効果になってしまう。


余談

メモリア・フレーゼ』にもたびたび登場し、大抵はクロエとセットで登場する。また、一部のストーリーでは探偵を名乗ることもある。まあ、肝心のアーニャがアホなので、大抵はろくでもない結果に終わるのだが。


また、クロエと共にアニメ版の次回予告を担当しているが、クロエの中の人が洲崎綾なのでぶっちゃけただの洲崎西である。


関連イラスト

アーニャ・フローメルオラリオの猫人店員


関連タグ

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 豊饒の女主人

シル・フローヴァ リュー・リオン ミア・グランド クロエ・ロロ ルノア・ファウスト


明智英美・・・中の人および自称探偵繋がり。

関連記事

親記事

豊饒の女主人 ほうじょうのおんなしゅじん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 397335

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました