ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

クロッゾ

くろっぞ

クロッゾとは、『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』の登場キャラクター。

「俺か?俺はクロッゾ。ただのクロッゾ。ちっとも武器が売れない、しがない鍛冶師だ」

概要

CV:細谷佳正


『クロッゾの魔剣』を代々造っていた鍛冶貴族・クロッゾ家の『初代クロッゾ』のことを指す。

本編では名前のみで、彼の子孫であるヴェルフ・クロッゾの口から語られる。

かつてモンスターに襲われていた精霊を身体を張って助けて瀕死の重傷を負うが、その精霊から血を与えられたことで傷が癒え、魔剣を造り出す力を得た。また、寿命も延びたらしい。


メモリア・フレーゼ』の2周年イベント『アルゴノゥト』にて、本人が登場。

ヴェルフとよく似た容貌と性格で、腕はいいのだが何故か売れない鍛冶屋(その理由は、ヴェルフにも受け継がれているある致命的なセンスの無さ)。

彼を助けた精霊ウルス(恐らく火の大精霊)の血を宿した出鱈目な魔剣《明月》(ちなみに当時は魔剣という概念がなかったらしい)を操り、戦士としても一流の実力を持つ。だが、力は強大だが使うたびに寿命が縮むという代償がある。


犯罪者としてラクリオス王都を追われていたアルゴノゥトオルナを一目見ようとした所、どう見ても追っ手の兵士の方が悪人に見えたため手を貸し、そのまま成り行きで旅路に協力してくれる。


本人曰く強い使命感などを持たない普通の感性の持ち主で友人となったアルゴノゥトが偶々強い使命感を持って救おうという意思を持つから彼の旅に同行しただけにすぎないという。同時に自身が世に名を残すようになっても後世に英雄として名を残さないと確信していた模様。


ストライク・ザ・ブラッド』とのコラボイベントである『異界の眷獣と呪われし魔剣』には、彼の記憶と彼が製造した力を失った魔剣が登場した。


因みに明言こそされてないものの、彼と共にある精霊ウルスはコラボイベントで登場した「紅剣の炎王(イグニス・ウルカヌス)」という単語と女性のような外見から、後にヴェルフの主神となるヘファイストスことウルカヌスの分身と思われる。


関連タグ

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか

ヴェルフ・クロッゾ アルゴノゥト

関連記事

親記事

アルゴノゥト あるごのぅと

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2937

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました