ピクシブ百科事典

アララト山

あららとさん

トルコ東部に位置する山。

トルコ東部に位置し、大アララト山(標高5,137m)と小アララト山(同3,896m)からなる
旧約聖書に登場するノアの方舟が洪水でさまよった際に辿りついた山であると捉えられた。
トルコ領であるがアルメニアの象徴とされ国章にも描かれいる、度々対立も起こり、かつてアルメニア人虐殺も行われた。
1920年セーヴル条約によりアルメニアの独立運動が活発化、オスマン・トルコ側の領土をトルコ革命軍が奪還、ロシア帝国側が赤軍の進行によりソビエト連邦となる。
アルメニアはソ連崩壊により独立達成し、トルコ・ソ連間の国境線を承認していない。

pixivに投稿された作品 pixivで「アララト山」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 126

コメント