ピクシブ百科事典

虞美人

ぐびじん

楚の女性。覇王項羽に常に従っていたとされる。史記、漢書に登場する
目次[非表示]

史書での虞美人

垓下の戦いの時期、軍に敗れたの将軍項羽に常に従っていたとされる女性。

『史記』及び『漢書』に登場する。虞とは漢書では姓とされ(「有美人姓虞氏」)、史記では名であったとしていて(「有美人名虞」)、真相は不明。「美人」というのも、その美しさを表現したのか後宮での役職名であったのか、記録には残されていない。

垓下の城にて漢軍に包囲された項羽は、敵兵の間から自国である楚の歌が聞こえてきた(故事成語「四面楚歌」の由来)ことで、己の死地を知る。もはや楚の民すら漢軍に降伏して、敵の陣営で楚の歌を歌っているのだ。この有様を見た項羽は、なお戦う闘志は残っていてももはや騅という愛馬を駆ることすらできないと嘆き、次のような歌を歌ったとされる(『史記』、『漢書』)。

力は山を抜き、気は世を覆う 時利あらずして騅逝かず 騅逝かざるを如何せん 虞や虞や汝を如何せん

項羽はこの歌を繰り返して歌い、虞美人もまた、これに合わせて歌う。項羽の目から涙が零れた。左右の臣下も皆泣き伏せ、項羽を仰ぎ見ることもできなかったという(『史記』)。

この後項羽は出撃して烏江という地で討死する。虞美人についての記述は史書にはないが、創作に登場する際は、項羽の出撃に先立って自殺したと解釈するケースが多いようだ。

登場する作品

覇王別姫
項羽と劉邦
真・三國無双MULTIRAID2

関連タグ

中国史  項羽

pixivに投稿された作品 pixivで「虞美人」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 10076

コメント