ピクシブ百科事典

四面楚歌

しめんそか

中国の故事にちなんだ四字熟語の一つ。簡単に言うと周囲が敵だらけの様子を指す。
目次[非表示]

意味

敵に囲まれて孤立無援の状態。

滅亡後に劉邦項羽が争っていた楚漢戦争末期の「垓下の戦い」(紀元前202年の出来事とされる)が由来とされる。
この時の項羽は砦を包囲され、挙句に自分の故郷の歌が敵の軍から聞こえたことで、自分の故郷の人は敵軍に寝返ってしまったのか、と嘆いた。

故事

軍が優勢になってきた。項羽※1は垓下(がいか)※2で砦を築いていたが包囲された。
夜が明けるころ四面の漢軍が盛んに※3の歌をうたうのが聞こえ、項羽や砦の中の兵士はそれを聞い驚き「(囲んでいる漢軍の中に)なぜ楚の人がこんなに大勢いるというのか、漢は既に楚を占領してしまったのか」とつぶやき、絶望したという。(ちなみにこれは項羽に『援軍の見込みは無い』と誤認させる漢軍の心理作戦である)。
そのあともエピソードが続くのだが、最後には項羽は自分で首をきり自殺している。
(史記・項羽本紀より)

※1秦末期の楚の武将。詳細はリンク先参照。
※2現在でいうと安徽省蚌埠市固鎮県にあたる。
※3長江流域にあった国の名前。詳細はリンク先参照。項羽の故郷であり本拠地。

同名の楽曲

梅とらが投稿した楽曲。

【巡音ルカ】四面楚歌【オリジナル】


関連イラスト

どっじぼーる。
食べないで


らめぇっ!見ないれぇ!!!
かこまれる



関連タグ

包囲網 包囲 囲む

類語:孤立無援 五里霧中 進退窮まる
用法は似ているが本来はまったく違う意味:背水の陣

関連記事

親記事

四字熟語 よじじゅくご

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「四面楚歌」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1583667

コメント