ピクシブ百科事典

異世界おじさん

いせかいおじさん

異世界おじさんとは、殆ど死んでいるによるWEBコミック。
目次[非表示]

概要

元は作者の殆ど死んでいる氏が、Twitterで掲載していた作品。それが大いに話題となり人気が出たため商業化が決定した。
現在、コミックウォーカーやニコニコ静画で連載しており、一定期間は無料で閲覧できる。Pixivでも、商業化される前の3話までが作者のアカウントで公開されている。
ただ、商業化される前のものなので、細かい話の流れやセリフなどが商業版とは僅かばかり異なっている。

コミックウォーカー版異世界おじさん
ニコニコ静画版異世界おじさん

2018年11月22日に、単行本1巻が発売されている。
2019年4月22日に2巻が発売、2019年10月21日に3巻が発売。

内容は、簡単に言えば異世界ものの1つであるが、異世界→現在日本(異世界帰り)という流れにより、そのお約束を逆手にとったギャグが展開される。

あらすじ

2017年、叔父が目覚めたと連絡を受けた「たかふみ」は、複雑な心境で病院を訪れる。
17年間の昏睡状態にあった叔父の処遇をめぐり、親族間でトラブルが多発し一家は離散していたからだ。
病室で久方ぶりに再開した叔父はなぜか意味不明な言葉を看護師に話しかけており、たかふみはおじさんは頭がおかしくなっていたのか、と気を落とす。

しかし、叔父はたかふみを見ると思い出したように日本語を喋りはじめた。そこで叔父は異世界「グランバハマル」に行っていたと説明する。
到底信じられないたかふみであったが、叔父はあっさりと物を浮かし、炎を生み出す魔法を実際に発動させてみせた。

腰を抜かしながらも叔父の言葉を信じたたかふみは、叔父にYouTuberになるように勧め、彼と同居するようになる。

人物

(CVはチェインクロニクルとのコラボ時のもの)

主人公。34歳。名前は不明(ただ、宅配業者から「シバザキさん」と呼ばれるシーンがある)。
異世界ではエイリアンソルジャーのキャラクターの名前を流用した偽名を名乗る。
詳細は当該項目を参照。

地球の人物

目が覚めた後のおじさんの周辺にいる人物。いわば『現代篇』の人物たちであり、主に過去のおじさんの活躍を記憶の精霊を介して見聞きし、時にはおじさんのチート能力を使ったりする。

  • たかふみ
おじさんの姉の息子で甥。常識人でツッコミ役。眼鏡を掛けている
高校卒業後は、(おそらくは一家離散などのゴタゴタのせいで)進学せず、アルバイトで生計を立てていた。基本的に、作中では「たかふみ」と下の名前の平仮名表記のみで呼ばれているが、18話にて漢字表記は「高丘敬文」である事が判明している。

叔父の処遇をめぐる諍いが原因で、親族間のトラブルが多発したため、当初は目覚めたおじさんに複雑な感情を持っていた。今でもおじさんの言動に呆れることは多々あるが、なんだかんだで、おじさんの魔法の能力と、誠実な人柄を知ってからは、関係は良好である。
おじさんにYouTuberになるよう勧めたのは、たかふみであり、今はその収入で暮らしている。

おじさんが女性心理に疎く、特にツンデレエルフの好意に気づいていないことを残念に思っているが、実は自分も藤宮から明確に好意を向けられていることにまったく気づいていない(一方のおじさんは、藤宮がたかふみに懸想していることに早い段階から気付いている)。

小学生の頃から、ライトノベルを読んでいるなど、ある程度のオタク趣味はあるらしい。そのためか、おじさんが異世界で活躍している話を聞くと目を輝かせる(…が、その後、おじさんが理不尽な目に遭ったと聞いて悲しんだりあきれ返る羽目になる事が多い)。

作中では前述の通りの常識人ポジションであるが、いじめや深刻な家庭問題といったつらい経験を年若い頃から経験してしまったためか、おじさんが「現実世界での」過去の話をしようとすると、それを遮ってまで異世界での話を聞きたがったり、おじさんから異世界の「力」を一時的に借りたら、途端にイキりだして厨二じみた言動をしだすなど、大なり小なり「現実」に幻滅し、また(前述のオタク趣味もあってか)「異世界」に憧れている節があり、藤宮からも「“ここではないどこかの話”に救いを求めている」「力持たせると相当ヤバいタイプ」と分析されている。

  • 藤宮
たかふみの幼馴染眼鏡女子。大学生。おじさんが異世界からの帰還者であることを知っている数少ない一人。下の名前は澄夏(すみか)。

しばらくたかふみとは会ってなかったが、おじさんがたかふみと同居するようになってから久方ぶりに再会する。
実はたかふみに想いを寄せているが、小学生の頃はまるで浦〇鉄筋〇族にでも出てきそうな、非常に下品な性格とブサイクな顔立ち(成長して可愛くなった)をしたガキ大将であり、たびたびたかふみを小突いてたりしていたので、その頃の記憶が原因で彼から女性として見て貰えない不憫な子(当時たかふみは彼女を男だと思っていた)。
だが、性質の悪い同級生にライトノベルをエロ本扱いされて絡まれていた彼を助けたりしていた事から、彼に友達として大事に思われてはいる。
たかふみの一家離散の件などは知らないようなので、割と長い間会ってなかったらしいが、その思いは色あせていないようだ。

当初はたかふみを心配する気持ちから彼とおじさんの同居に否定的だったが、おじさんが割ときちんと稼いでいることや、魔法の存在や誠実な人柄を知って馴染む様になる。

ちなみに、藤宮の好意はたかふみ本人には気づかれていないが、おじさんからは気づかれている。
おじさんも(一応は)年長者ということもあってか彼女を「素敵なお嬢さん」と評しており、たまに恋愛ごとのアドバイスを受けることもある。
…ただ、そのアドバイスはゲームからの受け売りであり、そのことを知って呆れることも多い。

異世界グランバハマルの人物

おじさんがグランバハマルで出会い、関わり合いを持つようになった人々。
基本的にはおじさんの過去の冒険にしか現れない為、言うなれば『過去篇』の登場人物。

異世界「グランバハマル」で出会ったエルフの美少女。おじさんの事を「オーク顔」と呼ぶ。
おじさんには劣るが、彼女自身も剣や魔法の達人であり、身につけている装備品も相当ハイクラスな一級品揃い。
おじさんに助けて貰った事がキッカケで彼に惚れ込み、付きまとっていた。
彼とはタメ口で見た目相応の可愛げのある喋り方をするが、それ以外の人物に対しては凛とした固い口調で喋る。

しかし、中身は典型的なツンデレで、素直にもなれずに照れ隠しから罵倒を口にしてしまうため、おじさんからは嫌われてしまっている。…もっとも、普通に見ればその好意はバレバレであり、たかふみも一目見るだけで把握するほどであった。
だが、おじさんは、異世界転移する前の日本にはツンデレの概念がそれほど広まっていなかった事や、異世界での理不尽な体験から極度の人間不信に陥った事などから、エルフの照れ隠しから来る罵倒を真正面から受け止めてしまい、そのため彼女を素で嫌っている。

この結果、作中に登場するたびにおじさんから無意識にフラグ盛大に叩き折られる羽目になっている可哀そうな人。そのため、記憶を映像化する魔法でその様子を見たたかふみや藤宮からは心底から不憫がられている。
しかし、どれだけ酷い目にあってもおじさんに半ばストーカーのごとく付きまとうなど、精神的には非常にタフな人物でもある。
本名は不明だが、おじさんは「お前」や「あいつ」、たかふみは「ツンデレさん」と呼んでいる。

どのような経緯なのかは今の所、細かく語られていないが、別れについて、おじさん曰く「適当な町でまいて逃げた」らしい。

フルネームは「メイベル=レイベール」。
伝説の竜の一体「魔炎竜」を倒せる唯一の武器である「凍神剣」を守護する、氷の一族の美少女。氷で囲まれた部屋で過ごし、他者に対して心を閉ざしている。

彼女に対する「本来の」アプローチは、いわゆるRPG的なストーリーを経て、おじさんが思い出のアイテムを持ち帰って心を開かせて、凍神剣を貰ってボスを倒す流れであったらしい。
しかし、アイテムの名前や入手法を覚えるのが異様に苦手なおじさんは、アイテム探しを最初から放棄し試行錯誤の末に凍神剣なしでボスを倒してしまった。そのため、メイベルは自分の存在意義を失ってしまう。
さらに、「今のままを貫け」というおじさんのアドバイスにより引きこもりになる(元々凍神剣の守護者の肩書を盾にした引きこもりだったのだが、おじさんのアドバイスでそれを是だと思い込んでしまった)など、人生がバグりだす羽目になった。

だが、彼女のヒッキーぶりに手を焼いた(メイベルが凍神剣の守護者として用無しになったことも大きい)村人達の策により住み家を物理的に破壊され、「堅実に働く」か「村で共同で飼育している犬と同列扱いになる」かの究極の二択を迫られた結果、怒って村人たちに報復(「凍神剣で全村人の足元を凍らせて首筋に水滴を垂らす」という地味に嫌な攻撃)を行い、人生を狂わせた元凶であるおじさんの所へと押しかけてきた。

腐っても守護者だからなのか、凍神剣の扱いには習熟しており、それを用いた剣技や術の腕前は引きこもり云々を差し引いてもなかなかのもの。
ただ、長年不健全極まりない暮らしを送っていたためか「労働に対する知識や覚悟が小学生レベル」「昼の2時に起床するニート思考」「就職したらしたで、おじさん相手にやたらとイキる」など、かなり色々と拗らせている残念な美人
ただ、メイベルの母親は彼女が9歳の時に若い男と逃げたうえ、のちに「凍神剣の暴露本を出版してひと山当てる」という、一族の使命感どころか倫理もクソもない毒婦であり、「身内に問題がある」という点では、ある意味おじさんやたかふみ以上に薄幸な人物でもある。

実は、おじさんの時代から遡ること400年ほど昔、日本(ニホンバハマル)から転移してきた武士の子孫である。
そのためなのかは不明だが、おじさんの顔が「オーク顔」ではなく、普通の人間の顔に見えているらしく、他の異世界人のような露骨な嫌悪感は持っていない。

勇者一行
アリシア、エドガー、ライガの幼馴染三人。最初はモブとしておじさんと出会い、その後徐々におじさんと関り合うようになっていった。
おじさんと関わったことで、なんやかんやあってアリシアが「勇者」となり、エドガーとライガも勇者の懐刀として有名になる。
しかし、世間からの名声とは裏腹に、自分たちが新人で弱小クラスの実力しかもっていない自覚はあり、突如として降ってわいた「勇者」と言う地位と栄誉に内心しり込みしているものの、訂正することもできずに葛藤も抱えている。
おじさんのことを知らない状態だと、基本的におじさんを襲撃するが、冷静におじさんと付き合うとその内面の人柄の良さを知り、好意的に接してくれる。
ただし、おじさんが自分の都合でちょくちょく記憶を消すので、何回か戦闘し、そのたびにおじさんにぼこぼこにされる不憫な人たちでもある。

初登場は第6話の越冬祭の時で、モブとして登場しつつ、その頃におじさんとは面識を持つ。
その後、第8の封印都市ルバンドラムにも訪れるが、その際の記憶はおじさんによって消される。
そして第10話にて、ゴブリンの大群から村を守る依頼を受け、窮地をおじさんに助けられたことで一度は心を開きかけるも、アリシアはおじさんがルバンドラムの結界を再構築したことを偶然見ており、まるで伝説の勇者様だと密かに尊敬していたが、そもそも自分のせいで結界が壊れたことを隠したいおじさんに仲間と共に記憶を消される。
その後、おじさんが逃げたため、ゴブリンの大群を退けた功績はすべてアリシア達のものとなり、結成して半年ばかりのビギナー冒険者にも関わらず、教会より勇者の称号を得る。

  • アリシア=イーデルシア(CV:内田彩
ビギナー冒険者で神聖魔道士の美少女。のちに「神聖勇者(シャイニング・クルセイダー)」の称号を得る。
幼馴染の少年であるエドガーとライガとパーティを組む駆け出しの冒険者。後におじさんと再会し、記憶が消されているにも関わらず、そのことを知っているような言動を見せる(ただし、アリシアはおじさんに好意的な見解を持っている)。

後におじさんと一緒に攻略した「深闇の迷宮」で入手した古代魔導具「救世のワンド(杖)」の精神同期魔法の副産物によりエドガーとライガの能力と技が使えるようになった他、神の加護で身体能力が底上げされた。

  • エドガー
黒髪の剣士。「山薙(マウンテンスレイヤー)」の称号で呼ばれる。

  • ライガ
少し明るい髪色の武闘家。「忘我の狂戦士(マッドネス・バーサーカー)」の称号で呼ばれる。


外部リンク

作者HP
殆ど死んでいる@異世界おじさん第2巻4/22発売(@almostdead2012) - Twitter
「ほとんどしんでいる」のプロフィール - pixiv
コミックウォーカー版異世界おじさん
ニコニコ静画版異世界おじさん

関連タグ

メガドライブミニ:メガドラミニを解説(熱弁?)するコラボ漫画が作られた。セガ公認である。
自己防衛おじさん:TVCMでCMキャラに起用された。

関連記事

親記事

オリジナル漫画 おりじなるまんが

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「異世界おじさん」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 400875

コメント