ピクシブ百科事典

昌平君

しょうへいくん

昌平君は、中国戦国時代の楚の公子。また、同時代を背景にした漫画『キングダム』の登場人物。
目次[非表示]

史実

考烈王の子、公子ながら若くして人質としてに赴き、秦で頭角を現し相国(大臣の最高責任者クラス)にまで出世する。
尉繚と共に秦の軍事面に携わり、多くの将兵を育成して統一の原動力となる。

紀元前238年、嫪毐が背くと昌文君と共に鎮圧した。

紀元前223年、しかし楚王負芻が秦に捕らえられ、楚が滅亡すると楚の将軍の項燕により淮南で楚王に立てられ、秦に背いたが、王翦・蒙武に敗れて戦死した。
人質の身から秦の中で頭角を現し、楚が滅んだ状態で何故反旗を翻したのかは様々な憶測が有り、創作作品では様々な解釈がなされている。

理由はどうあれ死後、楚は秦に最後に逆らった叛逆の国として民衆の人気が集まる事となった。

キングダムの昌平君

CV: 諏訪部順一

呂不韋四柱の一人。呂不韋の相国昇格に伴い、秦国の右丞相と成った。
国軍の司令官であり、軍師育成機関を運営する等、事実上秦国の軍事の責任者。
蒙武とは幼馴染であり、親友。

知略を重んじる軍略家だが、李牧の纏う武の空気を感じ取るなど、武人としての一面も持つ。
実戦での指揮は毐国軍による咸陽侵攻での出陣が唯一だが、それ以前から蔡沢は「蒙武より強い男」と評し、昌平君の側近である介億は「誇張して言うなら武力は蒙武級」「誇張なしに頭脳は李牧級※」と評した。

※函谷関の戦いに限れば二日目以降は媧燐の作戦であるため、頭脳は媧燐も上回っている。

なお、理由は不明だが合従軍時点では殆ど名が知られていない軍略家であり、合従軍侵攻の真意を李牧や春申君から聞かされた(この時は李牧が昌平君の名を出した)時、魏の呉鳳明は秦にも深い手(山陽奪取を足掛けとした中華侵略)をうつ者が存在すると驚き、韓の成恢は本気で中華を狙う危険な虎と評していた(アニメではこのくだりはカットされている)。


関連タグ

キングダム   呂不韋 蒙武






























































































以下キングダムのネタバレ注意!!!














































































加冠の儀に際し呂不韋陣営から離反を宣言した。
その理由は彼が中華統一を夢に抱く男の一人であり、その夢を預けるに足る器を嬴政が持つことを認めたためである。

離反までの経緯については彼自身の描写に乏しいが(基本的に咸陽での描写のみで、作中前線に立って戦うのは離反を宣言した直後の毐国軍が初だったのと、彼自身が基本的に無表情で内心の類推も困難だったため)、蔡沢は合従軍戦の辺りから心離れの話を聞いていたらしく、信も蕞攻防戦で介億を送って来たあたりで敵ではない感じがしていたらしい。
つまり陣営離脱の直接の要因は、嬴政自らが蕞の一般人を率いて李牧軍を討つ提案を持ちかけたことにある。
秦の国民を救うというだけなら呂不韋が企てたように、朱凶ら暗殺団を王宮に招き入れ、嬴政の首を李牧軍に差し出すことで、秦の滅亡をのむ代わりに、咸陽を無血開城させる手もあっただろう。
この方法なら呂不韋が滅んだ秦の次期国王になるのだが、問題は長年仕えてきた昌平君さえ彼の器を推し量ることはできておらず、彼が国王になった場合に昌平君が描く中華統一が可能かは不明瞭だった(後に加冠の儀の嬴政との対話にて語られた中華統一の展望は異なるため、結果的に嬴政を見殺しにしないのが正解だったと言える)。
また、呂不韋が軍を動かす際は大王勢力の弱体化を意図した政略が絡んでいることも多く、武人ではないため致し方ない面もあるとはいえ、軍の動かし方が軍略家の彼と噛み合っていないことも多々あった。
対照的に大王勢力の昌文君とは意見の一致が多く見られ、大王勢力故に軍を自由に動かすことはできていないものの、軍略会議では呂不韋が疑問視・意見する→昌文君が反論→昌平君が同調しその通りに軍略が動く、という流れが恒例だった。

一方、嬴政の中華統一は武力行使がメインであることは明白であり、軍総司令が描く中華統一と合致していたのは想像に難くない。
加えて秦が滅亡に瀕している状況で、(戦闘経験の一切ない蕞の国民を奮起させることのできる将軍が存在しなかったため)大王自らが打って出るという昌平君自身も想像しなかった奇策(呂不韋が考えるように暴挙とも言う)を提案する知略と大胆さを兼ね備えていたこともそうだが、自身が戦場に立ってでも秦を救おうとする雄姿から、本気で中華統一を目指す覚悟と器を持っていると確信に至ったと思われる。
だが、加冠の儀で大胆に離反するまでは嬴政・呂不韋陣営ともに監視の目が厳しく、昌平君が離反した後の家臣の立場を案じていた他、毐国軍と戦うために飛信隊を咸陽まで呼び戻す際も軍略指令を扮した暗号文を送らなければならなかったほど。
故に離反自体も全てを失う覚悟だったことを介億が述べていた。


離反の経緯は上記の通りだが、そもそも昌平君は呂不韋陣営として明確に信たちと敵対した描写は皆無であるどころか、こと軍事に関しては秦国軍総司令として陣営によって差別することなく平等に評価している

  • 河了貂を大王勢力と知りながらも軍師として育て上げ、飛信隊に配置する
本来は蒙毅を配置する予定だったが、別の任務があったため断った。
詳しい言及はないが以降も飛信隊軍師として配置されているので、昌平君も認めるところである。

  • 王騎が名付けた飛信隊を、馬陽戦以降も独立遊軍の権限を与えている
これは玉鳳隊や楽華隊も同様だが、家柄の関係から少なくとも楽華隊は呂不韋陣営に属することから、陣営に関係なく将来有望な軍を育成する方針だったことを、鄴攻略の際に信・王賁蒙恬に明かした。

  • 李牧が咸陽を訪れた際、信に李牧を殺す機会を温情として与えた
なお、王騎の訃報を受けた際、昌平君も表情は崩さないものの額に汗をかく描写が見られたことから、同じ大将軍級の武人である昌平君にとっても王騎の死の影響は大きいことが窺える。
当然、矛を受け取り目の前で亡くなった信の心情は計り知れないことも理解できるのである。

  • 論功行賞では、加冠の儀までに信は五千人将、羌瘣は三千人将、は将軍になっている

  • 函谷関の戦いで昌平君の作戦が成功し函谷関が落ちなかったことで他の文官が沸き上がる中、昌文君が話しかけてきて、互いに手を組んで作戦成功の歓びを分かち合った

  • 蕞の防衛の際、介億などの増援を蕞に送っている

  • 加冠の儀の際に反乱が起きることを察知していたため、河了貂に軍略指令に扮した咸陽への帰還を指示した暗号文を送っている

特に最後の2つは秦国の運命を左右する重要なものであり、前者がなければ蕞の防衛は山の民が来る前に破綻し、後者がなければ毐国軍が勝利し、どちらにしても秦の未来が大きく変わっていただろう。

関連記事

親記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「昌平君」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2087298

コメント