ピクシブ百科事典

王翦

おうせん

キングダムに登場する武将。
目次[非表示]

王翦

秦の武将。王騎の親戚であるが、彼が主家であり王騎は分家である。
大将軍蒙驁の副官であり、同じく副官の桓騎と共に縦横無尽の活躍をしていた。秦六将のメンバーであった王騎にくらべ地位が低いのは彼が危険人物だからである。
王翦は野心家であり、「自らが王になる」ことを志している利己的な人物なのである。そのため先々代の昭王の代から活躍しているものの信頼されず、蒙驁将軍の元で働く日々を送っていた。
とはいえ武将としての能力は紛れもなく一級品であり、トリッキーで攻撃的な戦術を得意とする桓騎とは逆に、野戦築城や心理操作を織り交ぜた重厚な戦術を得意としている。その性質上、守備戦を任される事が多い。
恐ろしげな形相の顔をあしらった鎧とアイマスク状の兜といったインパクトのある外見とは裏腹に、蒙驁の副将でありながら自分の身を守るための行動を最優先したり、味方の武将にすらゴミを見るような視線を投げつけるなど一概には捕らえきれない複雑なキャラクターである。捕虜を残酷に嬲り殺す桓騎とは違い、投降した者や有能な敵将に対しては”自らの”配下になるよう勧誘するなど、彼独自の勢力を造ることにも余念が無い。
息子の王賁とは滅多に話さないらしく、彼が幼少の頃に槍裁きを指導したことすら端から珍しがられるほどである。

史実の王翦

秦の名将であり、史記にも個別の項目で語られている歴戦の勇者である。秦の中華統一事業に際しても若手の将軍たちをまとめ上げる役割を担っていたが、老齢を理由に一旦引退している。
これは実力至上主義者である秦王政が自分を役立たずとして処分することを避けるためであった。その後、李信率いる秦軍が楚軍に大敗し、勢いに乗じた楚軍の秦侵攻が開始されると秦王に請われて現役復帰し秦軍のほぼ全軍60万を指揮する事になった。
しかし、これは謀反を企んでも十中八九成功してしまう立場でもあった。そのため王翦は政に「戦に勝利した暁には相応の褒美をください」という内容の手紙をしつこいぐらいに送り続け、自分が謀反よりも褒美の方を気にしていると政にアピールし続けた。その甲斐あって、彼が楚に勝利し秦が天下を統一したのちも粛正されることなく平穏な生涯を送ることとなった。
キングダムの王翦が利己的な人物に描かれているのも、保身に明け暮れた上述のエピソードから来ているのだろう。
戦術家としては堅実なやり方を好み、確実に勝てる道筋を引いてから戦いに望む将軍であった。

関連タグ

キングダム  始皇帝

pixivに投稿された作品 pixivで「王翦」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 125705

コメント