ピクシブ百科事典

呂不韋

りょふい

秦後期に名をはせた政治家。中国史においても目覚ましい活躍をしており、春秋戦国時代の傑物の一人である。漫画キングダムにおいては主人公たちの前に立ちはだかる宿敵として活躍している。
目次[非表示]

史実の呂不韋

若い頃より一流の商人として活躍しており、春秋7カ国を渡り歩いて富を築いていた。
あるとき国の人質に出されていた秦王族の末席の一人である子楚と出会い「奇貨居くべし(珍しいもので手元に置いておくべきだという意味)」として彼をの王位に就けるべく画策することにした。
子楚が名声を得るよう投資し続け、秦においても子楚が王位に就けるよう根回しをし続けた結果、紆余曲折の末子楚は世継ぎになり、王になるのは時間の問題となった。呂不韋は愛人の一人を子楚に差し出すなど子楚に尽くし続けたが、一説によればこの女性は既に呂不韋の子を妊娠していたとされ、これが後のとなったという。事の真偽は定かでないが、当時から囁かれていたらしく、春秋時代の史料である史記にもこれが真実として書かれている
秦と趙の関係が悪化すると呂不韋は子楚を秦に連れ戻し、子楚が太子になると政治的配慮から残された妻子も秦に送り返された。こうして呂不韋は功績を認められ、一介の商人から秦の丞相に大出世することとなったのである。
王位を継いだ子楚が夭折し13歳の嬴政が秦王に即位すると仲父に就任し、その権威はもはや並ぶ者がいなかった。文官としても目覚ましい功績を挙げており、春秋時代のあらゆる事柄を纏め上げた学術書である「呂氏春秋」を完成させるなど、後世においても重要な歴史資料を作り上げた。

しかし呂不韋の権勢は意外な形で斜陽を迎える。元愛人である太后との関係を清算したかった呂不韋は好色な太后を満足させるため、性技に長けた嫪毐という巨根の男宦官にしたてて(勿論性器に細工はしていない)あてがった。しかしこの嫪毐という男が次第に権威を持つにいたり、呂不韋はその醜聞から追い詰められるようになった。巨根で成り上がった嫪毐は所詮凡夫であり、太后との醜聞が政に露見すると兵を起こして政に反旗を翻すも瞬く間に壊滅させられた
これを好機と見た政は呂不韋から実権をはぎ取るため容赦なく追求し、結果呂不韋の権威は失墜した。将来を悲観した呂不韋はしばし後に服毒自殺した。

キングダムの呂不韋

CV:玄田哲章

おおむね史実通りの活躍を見せるが、より腹黒く底の知れないキャラクターとして描かれている。成人していない嬴政に代わって国政を壟断しており、戯れ半分に嬴政を暗殺しようとするなど、油断も減った暮れもない傲岸不遜な人間である。
しかし政治家としても文官としても実力があり、商人時代に蓄えた見識から巨視的な視点で天下を捉えられる政治眼を有するあたり、政に勝るとも劣らない器量の持ち主である。
政が正式に政治の実権を得られる「加冠の儀」を迎えると同時に、密かに秦国を掌握しようと画策していた。そしてそれは、太后と嫪毐の一派によって生まれた『毐国』の秦への信仰と同時に全容が明かされることになる。

呂不韋は毐国軍に樊於期をはじめとして自分の息のかかった者を多数送り込んでおり、彼等に反乱を起こさせて咸陽を蹂躙。政をはじめとした王族全てを粛清し、自らがそれを鎮圧することによって秦国そのものを手中に収める。それが加冠の儀に起こす予定の計画だった。
しかし飛信隊が咸陽に駆け付け、また四柱の中心的存在であった昌平君が政の側についたため、咸陽は乱戦の坩堝となる。

これに際して呂不韋と政は、直接対決として国と民に対して己の掲げる理念をぶつけ合うことになる。

関連タグ

キングダム
昌平君 李斯 蒙武 蔡沢

pixivに投稿された作品 pixivで「呂不韋」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 18662

コメント