ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

生年は不詳。現在の河南省上蔡の生まれ。商鞅と並び称される「法家」。
に仕えていたころ、ネズミが縄張りにしている場所で性格が違うことに気づき、儒学者の荀子入門
その後呂不韋の推薦を受けに入り、に仕える。
やがて幾多の困難の果てに秦は天下統一。功労者の李斯は封建制から中央集権制(郡県制)への転換を説き重用され、丞相にまで出世する。
B.C.210年に始皇帝が行幸先で崩御。李斯は執事趙高とともに遺書を改竄。長子の扶蘇ではなく末子の胡亥を跡継ぎとするようにした。
しかし、彼らの蜜月も長続きせず、2年後のB.C.208年、李斯は謀反の疑いを掛けられ九族斬罪の憂き目にあう。

キングダムの李斯

CV:青木強

呂不韋四柱の1人である。
確実さを重視する生真面目な性格をしており、「法の番人」という異名を持っている。
商人の視点から物事を見ている呂不韋の考えを理解できずに、振り回されることが多い。

呂不韋の相国昇格に伴って左丞相への抜擢を有力視されていたが、昌文君に左丞相の座を奪われた。呂不韋失脚に伴い投獄されるも、政(始皇帝)の持つ「法治主義」に賛同し翌年に恩赦が出される。
本人曰く韓非子は自身に並ぶ法家とのこと。

関連イラスト

お知らせ
キングダム詰め


賀正と詰め合わせセット
呂氏四柱



外部リンク

李斯 - Wikipedia

関連記事

親記事

しん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「李斯」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 14205

コメント