ピクシブ百科事典

成蟜

せいきょう

成蟜とは、春秋戦国時代の秦の王族(生年不詳〜前239年)。始皇帝の弟。同時代を舞台にした漫画『キングダム』の登場人物。
目次[非表示]

史記

秦の荘襄王の息子で、始皇帝の弟として生まれる。長安君に封ぜられる。
その生涯の大半は不明だが、前239年、軍を率いて趙の上党を攻撃する。
その際、屯留・蒲鄗の兵卒を従えて謀反した。しかし秦軍には敵わず、秦がこれを攻撃すると、屯留で死亡。
軍吏はみな斬り死にし、その民は臨洮に遷されたという。
一部の訳では「壁死」を彼が場内で自殺したことを指すとしている。

キングダム

CV.宮田幸季

嬴政の異母弟。母が平民である政とは違い、公主の娘。ランカイという巨猿(実は蛮族の男)を従える。
生まれてからずっと次期王位継承者として周囲に持ち上げられ続けたため王族の絶対性を信奉しており、平民を蔑み、性格も極めて歪んでいる(母の公主の陰口を言った侍女二人を斬殺したり、自身に侍らされた平民出身の家臣を理由もなくランカイに殺させたりしている)。
そのため、母が平民でありながら王位継承者の立場を自分から奪った政を強く憎悪し、丞相の竭氏と結託。呂不韋不在を狙って反乱を起こし、結果としてが死ぬ原因を作った。しかし、昌文君らの働き、山民族の協力もあり反乱は失敗。ランカイ以外の全ての部下は我先に逃げだし、信から「体張って守る部下も居ねーような奴が王なわけあるか」と吐き捨てられた挙句、最後は政に破れかぶれになって切りかかるも逆に腕をブッ刺され、「少しは人の痛みを知れ」とボコボコにされた。

なお、この反乱は本作オリジナル描写であり、史実でこのようなお家騒動が起こったかどうかは記録に残されていない。

その後は長らく軟禁状態にあったが、呂不韋との勢力争いにおいて再登場。
苦境に立たされた政への協力を条件に解放され、その王族、公族への強い人脈により、昌文君の丞相就任に大いに貢献する。それらの過程を通し、兄の存在を認めて人間的に成長。
王位への野望は相変わらずながらも、初登場時とは異なり、血統だけでなく真に部下から慕われる人物へと成長する。

妻の実家「屯留」が趙軍に攻められた際、自ら兵を率いて救援に向かう。
公主の瑠衣と結婚しており、子はいないが夫婦仲は良好。
初対面では瑠衣本人や親族からの評判は散々だったらしい。


関連タグ

人物 春秋戦国時代  始皇帝 キングダム 瑠衣

関連記事

親記事

キングダム きんぐだむ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「成蟜」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 134679

コメント