ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

CV: 森田成一 (幼少期: 福井美樹)(テレビアニメ版) / 鈴木千尋(VOMIC) / 吉村和紘(VOMIC++) / 阿部敦(ゲーム)
演:山崎賢人(実写版)

戦争孤児の少年。下僕という低い身分から自らの腕で「天下の大将軍」となることを目指す。1巻冒頭で「李将軍」「李信」と呼ばれており、鄴攻略後に「李信」と名乗ることとなる。
同じ下僕で親友のと切磋琢磨していたが、漂の死と嬴政との出会いによって激動の人生に足を踏み入れることとなった。
相手が格上であってもそれに比例して自分の実力を底上げする武の天稟の持ち主。漂によると「自分が勝てない相手に信は勝つ事ができる」と言う。当初は自分の武力で全てを片付けようとする猪突猛進型であったが、王騎からの修行や助言、幾多の経験を経て「将軍」としての実力を身につけていく。
王都奪還編後、昌文君から恩賞として土地と家(ボロ小屋)を与えられ下僕から平民となり、河了貂と住む。その後、滎陽攻めで一兵卒として従軍し、蛇甘平原戦で多大な武勲(敵が陣取る丘の奪取や敵将軍の討伐など)を挙げたことにより、まだ少年ながら百人将へ取り立てられる。趙軍侵攻編では王騎に「飛信隊」の名を貰い、趙の将軍・馮忌を討ち取ると言う大功を上げる。その後、龐煖の夜襲によって大半の隊員を失うものの、生き残った仲間たちと王騎の最期に立ち会い、王騎から宝刀を譲り受ける。
趙との戦争の後は三百人将へ格上げされ、廉頗率いる魏軍との決戦直前に蒙恬王賁とともに臨時千人将となった。その戦いの終盤、廉頗四天王の一人・輪虎を激戦の末討ち果たし、正式に千人将へと昇進する。
昇進直後は羌瘣が離脱したことで飛信隊の隊員の中で軍略に精通するものがおらず、連戦連敗を喫して千人将剥奪の危機に陥っていたが、河了貂が軍師として参入したことで持ち直す。
五ヶ国連合合従軍との戦いでは麃公の指揮下に加わり、緒戦で趙将軍・万極を討ち、蕞の攻防戦では龐煖を撃退した。戦後は三千人将に昇格。さらに、羌瘣の復帰の後に四千人将への昇格を機に本格的に「将軍」への道をひた走ることになった。
著雍の戦いで魏火龍七師の一人・霊凰を討ち(本当は総大将の呉鳳明を狙っていたが、呉鳳明の顔を知らなかったため、それに気付いた呉鳳明が咄嗟に霊凰を身代わりにしたことで誤って霊凰を斬った)、五千人将に昇格。
黒羊の戦いでは、趙軍総大将・慶舎を討ち取ったが、羌瘣が味方の桓騎軍の兵士を殺傷(桓騎が作戦で黒羊に住む住民を皆殺しにし、その中に羌瘣を助けた老婆がいた)したことで武功が取り消しとなる。
鄴攻略編では、王騎の矛を手に出陣し、終盤に仇敵・龐煖を死闘の末に討ち取った。
戦後の論功行賞でついに将軍へと昇格する。ついでに部下の千人将・田有に頼んでいた豪邸が完成していた。

性格は短気で直情径行だが、優しく義に厚い漢である。戦バカで乱雑なところがあるが、一方で「自分の馬を殺されても、相手を咎めず、酒を振る舞って友とした」という穆公の逸話を聞いて感動するなど、純真なところもある。

漂から受け継いだ刀を愛用しており、圧倒的な速度と石壁をぶち抜くほどの腕力を活かした荒削りな剣術を得意としている。将軍としての才能も開花しつつあるが、本人はあまり戦術や戦略を考えるのは得意ではなく、もっぱら勘と戦の流れを読んで戦う本能型の武人である。
最近では矛を使い戦っており、鄴への戦いの直前に自身が王騎から貰い受け嬴政に託していた、王騎の宝刀である大矛を使用する事にした。王騎の矛を使用した最初の戦いでは、その大きさと重さ故に満足に扱う事が出来なかったが、その後の戦で強敵との戦いで大矛に慣れた事で矛を満足に扱える用になった。

関連イラスト

見据える
合戦



関連タグ

キングダム
嬴政  河了貂 羌瘣
王騎 飛信隊 蒙恬 王賁
李信

春野はるか/キュアフローラ - 生まれた時代も性別も違うが、「少年王族の戦いに巻き込まれた事がキッカケで、幼い頃からの夢をかなえる機会を得た主人公」という共通点がある。

関連記事

親記事

飛信隊 ひしんたい

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「信」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8811347

コメント