ピクシブ百科事典

とう

騰は、春秋戦国時代に登場した秦国の武将。また、同時代を背景にした漫画『キングダム』の登場人物。

概要

CV:加藤亮夫
実写:要潤

国、王騎軍の副官。王騎亡き後は王騎軍の残党全てを託され将軍となる。
常に王騎の傍に控えており、長らく副官としての役目を全うしてきた事から王騎の影に隠れてきたが、王騎本人から「本来私に見劣りしない」と評される程の非常に高い実力を誇り、新六大将軍の座も当確と言われている。

常に飄々としておりポーカーフェイスを崩さない。また、(かなり)お茶目な一面を持ち、真顔でボケたり冗談を好んだりする。風呂場でクロールで泳いでいたり、死んでいない録嗚未を勝手に死んだ事にしていたり、王騎亡き後に王騎のモノマネをしながら蒙武に話しかけたりするなど、実力と地位に似合わないとぼけた性格の持ち主。

物語序盤から王騎の傍に控えて登場しており、王騎と対峙したことのある名のある将たちにはその名を知られている。

戦闘時は片手に持った剣を芝刈り機のように高速回転させ、敵兵をこともなげに撫で斬りにしていく。
その際「ファルファルファル」という独特の擬音が出る事から、ファンの間では「ファルファル将軍」と言えば謄の事と通じる。
公式でもネタにされており、キングダムニュース第3回では宮本隆治​氏に「''ファルファルファルファル''という奇妙な剣さばき」と評されている他、「キングダム」オフィシャルSHOPでは謄将軍のハンディファンとして商品化されていた(参考リンク:https://kingdom-anime.com/goods/index.php?page=4)。

史実では『内史騰』という人物が記録されている。『内史』とは周のころからあった役職のことで、姓は不明。元々韓の領地だった『南陽』を統治。のちに10万の兵を率いて韓を滅ぼし、安王を捕虜とした。雲夢睡虎地秦簡では『南陽郡主』となっている。

関連タグ

キングダム 王騎

関連記事

親記事

キングダム きんぐだむ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「騰」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 961185

コメント