ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴
要 潤(かなめ じゅん1981年2月21日 - )は、香川県出身の俳優。

概要

幼い頃は陸上を初めて続けいたが、高校生の頃に挫折。その後俳優に興味を持ち、上京して売り込みを始める。当初は見向きもされなかったが、バイトしていた時に事務所へスカウトされる。


現在は香川県のPR活動として「うどん県」の副知事に就任し、広報活動を行っている他、「三豊ふるさと大使」も兼任している。


プライベートでは2013年に結婚し、現在は二児の父親でもある。また、YouTubeチャンネル「要 潤の楽屋ばなし」も開設している。


仮面ライダーでのデビュー

仮面ライダーアギト』における、氷川誠仮面ライダーG3役でデビューを飾る。

当時はまだヒーロー=イメージ固定により大成しないというイメージもあり、オーディションの時はあまり乗り気ではなかった。そこまで熱心に挑んでいなかったが、監督は一目で「氷川誠にピッタリ」と直感したらしく、数度のオーディションを経て仮面ライダーの一人となる。


デビューということもあり、演技はまだ未熟などころか台本の読み方もわからず、監督に何度もダメ出しされながら演じていた。要曰く「それまでの監督は厳しさの中にも愛があった」という中、第11話で石田秀範監督と初対面し、その洗礼を受けた。


特に要が印象深い出来事として語るのは、石田の求めるものに応えられず、終いにはシーンが丸ごとボツにされてしまったこと。主役の一人なのにも関わらずシーンを全没にしてしまった己の未熟さに打ちのめされ、スタッフに心配される程に落ち込んだという。

次のシーンはなんとか石田からのOKが出たものの、腑に落ちない「OK」なことは明らかだったため、自己申告してもう一度撮影に挑んだ。その当時の渾身の芝居を自分なりに見せたところ、石田監督から過去一のOKが出て、撮影後に石田は無言で肩を叩いて頷き、去っていったという。


それまでは監督の指示通りに動いて満足していた要だったが、石田監督のこの対応を見て嬉しかったのと同時に「芝居は自ら演技プランを考え、それを表現できるよう貪欲に動いていくべきなんだ」と気付かされたとのこと。このためか、要は「この出来事がなかったら今の自分はいない」と語る程のターニングポイントだったとしばしば語っている。


クランクアップ時にはカメラマンから「お前が一番頑張ってたよ」とその苦労を労われ、嬉しかったという。


特撮ファンからは前作における近いポジションである一条薫を演じた葛山信吾と演技を比べられ、酷評されていたことが記憶に新しい。しかしその時点でキャリアを積んでいた葛山と比較するのは、当時としてはあまりにも酷だったと言えるだろう。だが要自身の努力による成長が一年を通してはっきり見えることは明らかで、最終的には特撮ファンからも愛される人物になったことは言うまでもない。劇場版『PROJECT G4』における熱のこもった演技に胸を打たれた人は多いだろう。


客演自体は劇場版『仮面ライダー龍騎 EPISODE FINAL』における友情出演以外はないものの、他番組やネットなど、媒体を問わず仮面ライダーに出演していた過去を臆面もなく話していた先駆者として有名で、ファンから絶大な信頼を得ている。また、要がブレイクした後も特撮に出演したことを堂々と話していたことは、「仮面ライダー出身という経歴は恥ではない」という風潮を業界に浸透させ、認識が徐々に変わっていくキッカケの一つにもなった。作中のそれと同じく、要自身も「仮面ライダーG3は選ばれし者しかなれない」と認識して一貫して語っている。


「機会があれば仮面ライダー作品で氷川誠として客演したい」というのが本人の意向である。が、「年を取ったからもうG3の装着者として選ばれないのではないか」と冗談めかしても語ってる。


俳優としての飛躍

平成仮面ライダーが若手役者の登竜門として再び確立されたのは、要の功績が大きいと言える。しかし番組終了後は元ヒーローという肩書きに囚われず、様々な媒体に出演し、人気を博していった。


いろんな意味で仕事を選ばない俳優としても知られる。自身のルックスを活かしたイケメンの役を筆頭に活躍しているが、そんな中で時には悪役や変人役等イロモノを演じることも多かった。そして何故か航空ドラマに出ることが多い。


デビュー以来、若々しい姿を保っていることも話題となっているが、実際ほぼ毎日のようにトレーニングを欠かさないという。


要 潤の楽屋ばなし

プライベートなことをストレートに語るYouTubeのチャンネル。要自身の思っていることを語ったり、『仮面ライダーアギト』に出演していた頃の話題などを話したりしている。

特に反響の大きかった『アギト』・氷川誠(仮面ライダーG3)役の内容についてはさらに掘り下げており、デビュー当時の話や劇場版の裏話などを紹介したり、劇中でも印象的だった豆腐を掴む場面を実演してみせたりしている。2020年2月19日にはなんとG3ユニット+北條透の対談企画として、当時のキャストをゲストとして呼んでいる。


主な出演作


関連タグ

俳優 タモリ 仮面ライダー 平成仮面ライダー

概要

幼い頃は陸上を初めて続けいたが、高校生の頃に挫折。その後俳優に興味を持ち、上京して売り込みを始める。当初は見向きもされなかったが、バイトしていた時に事務所へスカウトされる。


現在は香川県のPR活動として「うどん県」の副知事に就任し、広報活動を行っている他、「三豊ふるさと大使」も兼任している。


プライベートでは2013年に結婚し、現在は二児の父親でもある。また、YouTubeチャンネル「要 潤の楽屋ばなし」も開設している。


仮面ライダーでのデビュー

仮面ライダーアギト』における、氷川誠仮面ライダーG3役でデビューを飾る。

当時はまだヒーロー=イメージ固定により大成しないというイメージもあり、オーディションの時はあまり乗り気ではなかった。そこまで熱心に挑んでいなかったが、監督は一目で「氷川誠にピッタリ」と直感したらしく、数度のオーディションを経て仮面ライダーの一人となる。


デビューということもあり、演技はまだ未熟などころか台本の読み方もわからず、監督に何度もダメ出しされながら演じていた。要曰く「それまでの監督は厳しさの中にも愛があった」という中、第11話で石田秀範監督と初対面し、その洗礼を受けた。


特に要が印象深い出来事として語るのは、石田の求めるものに応えられず、終いにはシーンが丸ごとボツにされてしまったこと。主役の一人なのにも関わらずシーンを全没にしてしまった己の未熟さに打ちのめされ、スタッフに心配される程に落ち込んだという。

次のシーンはなんとか石田からのOKが出たものの、腑に落ちない「OK」なことは明らかだったため、自己申告してもう一度撮影に挑んだ。その当時の渾身の芝居を自分なりに見せたところ、石田監督から過去一のOKが出て、撮影後に石田は無言で肩を叩いて頷き、去っていったという。


それまでは監督の指示通りに動いて満足していた要だったが、石田監督のこの対応を見て嬉しかったのと同時に「芝居は自ら演技プランを考え、それを表現できるよう貪欲に動いていくべきなんだ」と気付かされたとのこと。このためか、要は「この出来事がなかったら今の自分はいない」と語る程のターニングポイントだったとしばしば語っている。


クランクアップ時にはカメラマンから「お前が一番頑張ってたよ」とその苦労を労われ、嬉しかったという。


特撮ファンからは前作における近いポジションである一条薫を演じた葛山信吾と演技を比べられ、酷評されていたことが記憶に新しい。しかしその時点でキャリアを積んでいた葛山と比較するのは、当時としてはあまりにも酷だったと言えるだろう。だが要自身の努力による成長が一年を通してはっきり見えることは明らかで、最終的には特撮ファンからも愛される人物になったことは言うまでもない。劇場版『PROJECT G4』における熱のこもった演技に胸を打たれた人は多いだろう。


客演自体は劇場版『仮面ライダー龍騎 EPISODE FINAL』における友情出演以外はないものの、他番組やネットなど、媒体を問わず仮面ライダーに出演していた過去を臆面もなく話していた先駆者として有名で、ファンから絶大な信頼を得ている。また、要がブレイクした後も特撮に出演したことを堂々と話していたことは、「仮面ライダー出身という経歴は恥ではない」という風潮を業界に浸透させ、認識が徐々に変わっていくキッカケの一つにもなった。作中のそれと同じく、要自身も「仮面ライダーG3は選ばれし者しかなれない」と認識して一貫して語っている。


「機会があれば仮面ライダー作品で氷川誠として客演したい」というのが本人の意向である。が、「年を取ったからもうG3の装着者として選ばれないのではないか」と冗談めかしても語ってる。


俳優としての飛躍

平成仮面ライダーが若手役者の登竜門として再び確立されたのは、要の功績が大きいと言える。しかし番組終了後は元ヒーローという肩書きに囚われず、様々な媒体に出演し、人気を博していった。


いろんな意味で仕事を選ばない俳優としても知られる。自身のルックスを活かしたイケメンの役を筆頭に活躍しているが、そんな中で時には悪役や変人役等イロモノを演じることも多かった。そして何故か航空ドラマに出ることが多い。


デビュー以来、若々しい姿を保っていることも話題となっているが、実際ほぼ毎日のようにトレーニングを欠かさないという。


要 潤の楽屋ばなし

プライベートなことをストレートに語るYouTubeのチャンネル。要自身の思っていることを語ったり、『仮面ライダーアギト』に出演していた頃の話題などを話したりしている。

特に反響の大きかった『アギト』・氷川誠(仮面ライダーG3)役の内容についてはさらに掘り下げており、デビュー当時の話や劇場版の裏話などを紹介したり、劇中でも印象的だった豆腐を掴む場面を実演してみせたりしている。2020年2月19日にはなんとG3ユニット+北條透の対談企画として、当時のキャストをゲストとして呼んでいる。


主な出演作


コメント

コメントはまだありません

pixivに投稿されたイラスト

すべて見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ

おすすめ記事

pixivコミック 週間ランキング

  1. 1

    まつお

    読む
  2. 2

    和間そばえ

    読む
  3. 3

    原作:当麻リコ・櫻田りん・鬱沢色素・雨傘ヒョウゴ 漫画:春木ハル・根子真依・小森タヲ・麻呂ねこ

    読む

pixivision

カテゴリー