ピクシブ百科事典

ジャガーマン(Fate)

そこまでにしておけよふじむら

『Fate/Grand Order』に登場するサーヴァント。
目次[非表示]

ジャガーの戦士ここに見参! タイガーじゃないからそこんとこヨロシク!
そこのキミ、目を逸らさない! 使ってみるとあんがい強いぞっ!

プロフィール

真名ジャガーマン
身長165cm
体重??kg
性別女性(憑依したジャガーマンは男性)
属性混沌・中庸
出典中南米各時代の神話
地域中南米
好きな物一日三食のおいしいごはん、たっぷりの睡眠
苦手な物同じネコ科でもライオンはちょっと……
Illust蒼月タカオ
CV伊藤美紀


概要

Fate/Grand Order』に登場したランサーサーヴァント。レアリティは☆3で、第七特異点「絶対魔獣戦線バビロニア」クリア後にストーリーガチャへと追加される。

の様な着ぐるみパジャマ的な衣装に身を包む妖しいお姉さんだが、あくまで纏っているのは「ジャガーの毛皮」であるらしい。
持っている獲物は先端に猫の……もといジャガーの手が付いた”恐るべき棍棒”「デスクロー」。
頭にネコ耳……否、ジャガーの耳が生えているが、そのまま人間の耳もあるので、多分そっちは飾りなのかも。

その割に第三再臨に到ると、

ジャガーマン2


着ぐるみはどっかに行く上に“ヤ”の付く自営業的なスーツ姿に変わる。ついでに面白おかしい雰囲気もブン投げており、得物は薙刀に替わる。
セイントグラフに至ってはなにこの任侠映画……。まぁ、憑依元のお家はホントにそっちの人なんだが。そしてどことは言わないが物凄くはだけている上にかなりご立派である。戦闘時にもきちんと揺れる。

……念の為に言っておくと、(少なくとも型月世界では)実在する神霊である
あまりのアレっぷりに劇中では主人公にすら疑われていたが。

ちなみに彼女が選考されたのは『聖杯に縁ある人間の(ここら辺は他の疑似サーヴァントにも当てはまる)中で最も野生の力、そして野生の宿命を帯びた者が選ばれる』という事らしい(絆レベル3のプロフィールより)。
確かに野生味溢れてましたけど……

人物

なぜ現界を試みたのかは不明。
ケツァル・コアトルにつられてやってきた、遊び気分でやってきた、テスカトリポカが出てくるところを抜け駆けしてやってきた、等々興味はつきない。聖杯に対しても関心は特にナッシング。

神霊系サーヴァントの中では下級に属する為、コストがかからないのがセールスポイント。
どう見ても憑依体の人格がメインになっているが、そこを指摘してはいけない。

声は低めでシリアスなのだが、語尾が「ニャ」、台詞がいちいちメタい上にカオスと、どこなくあの型月カオスの最終兵器太陽神の分御霊を彷彿とさせる言動が多い。
同じネコ科でもライオンは苦手らしい。特に骨付き肉を持った草原の王者は、思い出すと寒気がするらしい。じゃあもしかしてどこぞのアイドル皇帝も…?

こんな感じで8割以上がギャグとナンセンスの塊なのだが、カルデアでキッチンマスターやってる弓兵を始め、なぜか数騎ほどのサーヴァントが絡むと妙に姉御肌が出てきて絡みに行こうとする。
そしてその時の態度は、ギャグ染みてこそいるが温か味を感じさせる雰囲気がある。これも憑依元の影響と思われる。

真名

中南米に伝わる古き神霊の一柱。ジャガーの戦士
ジャガーとはすなわち「戦い」と「死」を象徴し、各時代の中南米文明で永く崇められている存在という。
先古典期のオルメカ文明ではジャガー神、人間とジャガーの混血……
『ジャガー人間(ジャガーマン/ウェアジャガー)』像などの形で祀られた。

中南米神話においてはナワルと呼ばれる霊的存在、影、超自然的な守護霊の存在がしばしば語られる。アステカ文明で崇められる主神の一柱テスカトリポカもナワルを有しており、これは恐るべきジャガーのナワルであるという。
本作のジャガーマンは古き神霊としての性質を有しながら、自らの系譜を引くテスカトリポカのナワルとしての側面が習合している。

実際、中南米の古代文明にはオセロメーと呼ばれる戦士がいた。
彼らはテスカトリポカを信仰し、ジャガーの毛皮を被ることで、ジャガーの神威を借り受け勇猛に戦ったという。
テスカトリポカには「ジャガーの神」としての側面があり、ジャガーマンの直接の上司が闇のトリックスターたるテスカトリポカなのは、戦士階級が彼と彼の化身であるジャガーを「戦いと勝利の神」として崇め奉ったことに由来する。

能力

見た目も言動もふざけたネタキャラだが、その能力自体はガチ
ステータスもわりと安定している。特に密林での戦闘力は、ステルス性も相まって冠位の魔術師が同行している主人公たちを何度も劣勢に追い込む等、トップクラスのサーヴァント達にも匹敵するレベルである。

ステータス

マスター筋力耐久敏捷魔力幸運宝具
藤丸立香CCBECC


保有スキル

ジャガー・パンチ(A)正式名称:ジャガーの加護。ジャガーパンチは破壊力。ジャガーの神霊によって与えられた加護。恐れや痛みを感じることがない。勇猛スキル、直感スキルの効果を含む複合スキル
ジャガー・キック(B)正式スキル名:怪力。ジャガーキックも破壊力。とにかく自分だけは何としても生き残る。そんな強い意志、そしてウィルを感じるスキル
ジャガー・アイ(A+)正式スキル名:暗き密林の顎。ジャガーアイならビーム力。「森」のフィールドにいる場合、各種判定にプラス効果が加わる
対魔力(A)魔力に対する抵抗力。元が神霊ゆえか非常に高く、現代の魔術師ではダメージを与えられない
狂化(E)本来はバーサーカーのクラススキル。理性と引き換えに能力を強化する。良くも悪くも低ランクゆえに影響は少ない。ジャガーは気まぐれである
神性(A)ナワルという守護霊の一種で、テスカトリポカすらナワルを有している。そのナワルは恐るべきジャガーのナワルと言われる。憑依した人間との適合性が極めて高く、この状態でも高ランクを維持している

どのスキル名も本来のものから安直なネーミングに改変されている。元ネタは『デビルマン』だろうか? そこまでにしておけよ藤村

宝具

逃れ得ぬ死の鉤爪(グレート・デス・クロー)

  • ランク:B
  • 種別:対人宝具
  • レンジ:1~2
  • 最大捕捉:1人

ほほぉ~う…殺っちゃうわけですかニャ~…?

もう私は自分が自分でわからない…… ひっさーつ! グレィィート・デス・クロォォォー!!

武器の先端にジャガーの神気を発現させ、巨大な鉤爪を持った手を具象化させる。そのまま相手を引き裂きながら叩き潰す、荒々しく獰猛な、まさに野性の具現といえる宝具。
相手は何が起こっているのか分からず、回避することは叶わない。

ゲーム上では、属性はBusterで、効果は【自身に必中状態を付与(1ターン)+敵単体に超強力な攻撃&弱体耐性をダウン(3ターン)〈オーバーチャージで効果アップ〉】

ジャガー潜む暗黒の森(ジャガー・イン・ザ・ブラック)

  • ランク:B
  • 種別:結界宝具
  • レンジ:0~20
  • 最大捕捉:20人


ジャガーは夜の森に潜み、暗がりそのものとなって、死のアギトそのものとなって獲物に襲いかかる。
夜間のみ使用可能で、夜行性であるジャガーの特性が発揮されることで、一時的に攻撃ダメージにプラス補正は付与され、それと同時に特殊な気配遮断スキルを獲得し、命中・回避にプラス補正を得る。

カード性能

☆3以下では初となる女性ランサー。
カード構成は《Quick×2 Arts×1 Buster×2》と標準的ランサー仕様だが、BとEXのヒット数が多い。特にEXはスター生成、NP回収に優れている為、出来るだけブレイブチェインを狙いたい。

スキルは、3ターンの間Buster性能UP&精神異常耐性UP+2回の回避+クリティカルスター発生の「ジャガー・パンチ」、2ターンの間自身の攻撃力UPの「ジャガー・キック」、3ターンの間自身のクリティカル威力UPに加えて森林フィールド限定でスター発生率UP&スター集中率UPが入る「ジャガー・アイ」と攻撃的なラインナップ。
「ジャガー・パンチ」は特に強力だが、CTが12と最長な為、半端にLvを上げるだけでは再使用が現実的なラインに達しないのが難点。

宝具効果は上記の通り。パンチとキックを合わせる事で回避状態を無視して大ダメージを与える事が可能。特にアーチャークラスのボスは回避スキルを持つ者が多いので、それ等には天敵となりうる。
弱体耐性の低下は自身では活用出来ないため、バステ付与持ちと組み合わせると有効である。

総じて攻撃に特化しており、☆3ランサー枠では最高ランクのスキル依存型の純アタッカー。
完全なレアリティ詐欺の性能であり、宝具は自前バフだけでも普通に下手な星4単体宝具を上回る威力を発揮する。
実は意外にも聖杯転臨+フォウマしてもATKは一万超えしない。が、スキルが十分に強力なのであまり気にはならない。
逆にHPは聖杯転臨+フォウマで13000以上に達するので、意外にしぶとく生き残れる。
星4、星5ランサーは単体宝具持ちが意外に少ないので、うまく育てれば彼等にも匹敵しうるアーチャークラスのボスキラーとして大活躍してくれる。

欠点は上記の通り「ジャガー・パンチ」のCTが長いことと、宝具Lvを上げづらいこと。
1部七章クリア報酬で1人は確実に手に入るものの、ストーリーガチャ限定ゆえにフレンドポイント召喚や通常のピックアップ召喚には入っていないため、意図的に狙う必要がある。
イベント系のピックアップに入っている事も少ないため、特異点別ピックアップやクラス別ピックアップを狙うと良いだろう。

人間関係

ケツァル・コアトル
第1部第七章で助力している…かも知れないアステカの神。
彼女の別名「ククルカン」になぞらえて「ククるん」と馴れ馴れしく呼んでいる。
また、原典の神話においては敵対関係である上、この性格なので相当ウザがられている
だが戦闘面では最高のベストパートナー。「カリスマA+」、「善神の智慧A+」によるサポートでジャガーマンの宝具の威力を更に底上げし、ガッツで生存率を増すことができる。

アーチャーエミヤ・オルタ
ある事情から、彼らのことを何となく気にかけ、じっと見ていることがある。
前者に関して曰く、「昔はああじゃなかった気がする。そのことに何だか責任を感じる」とのこと。本人が聞けばとんでもないダメージを受けそうな一言である。
というか、あなたほぼ飯をたかってた気がすると思うのだが。

エミヤ(アサシン)
やっぱりとある事情から、彼のことをじっと見ていることがある。
『こちら』の彼は、ジャガーマンの依代との面識はないはずなのだが……いずれにしても、事情を知っているプレイヤーからすれば、たまったものではない事実だろう。

イシュタル
第1部第七章「絶対魔獣戦線バビロニア」にて共演。
成り行き上共闘することになる。サーヴァントとしては知古の間柄というわけでもないが、互いの依代となった人物の縁ゆえか、彼女から一度「ジャガ村先生」と呼ばれた。そういうゲームじゃねぇからこれ!

パールヴァティー
やはり依り代同士の関係からか、パールヴァティー体験クエストにて「先生」と呼ばれた。
また、彼女とのバトルはジャガーマン一人でなく、イリヤとともにバトルする

イリヤ
同じくパールヴァティー体験クエストにて共演。
どうやらカルデアでも師弟関係は続いており、時々勉強を教えているらしい。そしてそのことをエサに色々無茶振りをやらされている様子。

千子村正
その姿を二度見して「ホントに?」と疑問を感じている。

テスカトリポカ
彼女にとっての主神であるアステカの闇の神。……であるのだが、ケツァル・コアトルに「ククるン」と呼んでいるようにこっちにも馴れ馴れしく「テスカん」と呼んでいる。
仮にも主神の領域からカカオを物質転送でちょろまかしていたという、文字通り神をも恐れぬ所業をかましており、2018年のバレンタインではそれがバレて締め出される事となった。

余談

2017年の公式エイプリルフール企画において最後のDr.ロマンに目を置くマスターが多いが、実際彼女を確保した際の説明文も中々シリアスである。お笑い企画にシリアスをぶっ込んでくるとは流石型月である。

なお先述の「じっと見ている」とはFGOGO由来である。

また、2017年12月15日のアップデートでクラススキルとして神性(A)が追加された。ここまで来て(やっと)神霊認定されたジャガ村先生である。

関連イラスト

ジャガー
ジャガーマン


ジャガーマン
もはや解り合えぬ



関連タグ

Fate/GrandOrder サーヴァント ランサー(Fate)
藤村大河 公式が病気  色物 着ぐるみ 隠れ巨乳 ナマモノ

タマモキャット:いろんな意味で同族。
ネコアルク:扱いとしてはこちらの方が近い。なお、依代にとっては唯一無二の最高の相棒だったためかネコアルクも相棒とまた会うためにいつか来るのかもしれない
蒔寺楓Fateシリーズの元祖黒豹。ある意味後継者ポジとも言えよう。

ジャガーマンシリーズ:名前つながりの他、デビルマンが関連していることも共通する。

まほう!



外部リンク

ジャガーの戦士 - Wikipedia

pixivに投稿された作品 pixivで「ジャガーマン(Fate)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 877290

コメント