2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

ジャガーマン(ピープロ)

ぴーぷろのじゃがーまん

ジャガーマン(正式題名は豹(ジャガー)マン)とは昭和40年代にピープロが製作する筈だった特撮ヒーロー作品
目次[非表示]

イラストはパロディ画で代用

概要

ジャガーマン(ピープロ)は昭和40年代にピープロが製作する予定だった特撮ヒーロー作品で、正式題名は豹(ジャガー)マンで、パイロットフィルムのみに終わる。
粗筋は「マントルゴッド」率いる地底人類マントルの魔の手から地球を守るため、バビロニア星からやってきた豹(ジャガー)マンが、マントル帝国の大幹部「マントルシグマ」の操る大怪獣と戦う。

ジャガーマンは等身大ヒーローと巨大ヒーローを兼任する珍しいヒーローで、実現していれば一粒で二度美味しいヒーロー番組になったかも知れない。

経緯

マグマ大使」終了後、原作に頼らずに新たな作品をフジテレビに売り込むために、パイロットフィルムを製作した。スタッフのほとんどは、「マグマ大使」から引き継いでいる。
これにともない、秋田書店冒険王」にてコミカライズが連載される。
しかし、別の掲載権を有していた講談社からは「もっと野獣的なイメージが欲しい」と言われ、企画は再検討される事になる。
その結果、改めて「豹マン」のパイロットフィルムが製作される事に。

キャラクターとしてのジャガーマン

金色の抽象的な豹の仮面と、白いマントを着用したヒーローである。
等身大では念力や手榴弾で戦うが、「バビロニアの神よ!ジャガーマンに力を与え給え!」のかけ声で巨大化して戦うことも可能。
パイロットフィルム内では、等身大のままで怪獣グレートマグモンと戦い、巨大化したのちに怪獣マンドーと戦った。
マイクロバスから変形する水陸空万能マシン「オールマイティーカー」を所有している。

その後

企画が再検討された後、「豹マン」のパイロットが製作されるが、そちらも没に。
しかし、両作品は後にピープロの様々な作品の原型として影響を与える事となる。
ジャガーマンは、「等身大ヒーローが巨大化」「変身に許可を要請」といった点が、「スペクトルマン」に流用。そしてパイロットフィルム自体も、スペクトルマン本編に流用された。
登場した怪獣、グレートマグモンは「ミドロン」に、マンドーは「ゼロン」となり、スペクトルマン劇中に登場する(さらにゼロンの着ぐるみは、改造されて「マグマザウルス」として再登場する)。

本編映像


※0:00~3:11迄

関連項目

ピープロ ピープロダクション パイロットフィルム 豹マン

関連記事

親記事

ピープロダクション ぴーぷろだくしょん

兄弟記事

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました