2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

豹マン

ひょうまん

豹マンとは昭和40年代にピープロが製作する筈だった特撮ヒーロー作品
目次[非表示]

概要

豹マンとはジャガーマン(ピープロ)がお蔵入りとなったのを受けて、改めて作ったが、此方もパイロットフィルムのみに終わる。
ジャガーマン(ピープロ)と違い、等身大ヒーローのみであり、人類が作ったサイボーグ戦士であった。何でも切り裂くマントが特徴だった。

経緯

「ジャガーマン」が没になったため、再検討され、改めて製作された。
一旦は「怪獣王子」の後番組として決定するも、当時のフジテレビの編成人事と、第一次怪獣ブームの終焉とともに、没となった。

ストーリーおよび設定

私立探偵・秋月光太郎はマントル人類の手にかかり、瀕死の身となるが、滝村博士の霊薬「X300」で蘇生し、豹(ひょう)マンとなる。
武器は、滝村博士発明の真空マントによる切断や、髭を針のように飛ばす「髭針」。
こちらも「オールマイティーカー」を持っているが、ミニチュアの形状は大幅に変わっている。

本編映像


※3:12から

その後

没にはなったが、こちらの基本設定などもピープロの後の作品に活かされる事になる。
豹マンの「猫科の動物そのもののマスク」は、後にモチーフを豹からライオンに変更し、
快傑ライオン丸」「風雲ライオン丸」、
さらに虎にして「鉄人タイガーセブン」として、猫の頭部を持つヒーローを実現化させる。
また、ジャガーマンや豹マンの敵「マントル」は、「風雲ライオン丸」の敵「マントルゴッド」として流用される。

そして80年代に入り、海外との共同制作で再び猫科ヒーローの企画が持ち上がり、パイロットフィルム「シルバージャガー」が製作される事となる。

関連項目

ピープロ ピープロダクション パイロットフィルム ジャガーマン(ピープロ)

関連記事

親記事

ピープロダクション ぴーぷろだくしょん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6801

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました