ピクシブ百科事典

怪獣王子

かいじゅうおうじ

怪獣王子とは、ピー・プロダクション製作の特撮番組。もしくはアリスソフトのキャラクターである。(Pixivでは今のところは前者のイラストしかない)
目次[非表示]

概要

1967年から1968年にかけてピープロダクションが製作した特撮番組。
広告代理店の東急エージェンシーが100%出資し、本作のために京都郊外に設立した特撮映画製作会社「日本特撮株式会社」による初の特撮番組となる。
当初は「怪獣大作戦」というタイトルで海外の怪獣ものを意識して登場する怪獣はすべて実在した恐竜古代生物の形態をもつことになった。これはハリウッドのテレビ映画配給会社「スクリーン・ジェムズ」からの仕事の依頼を聞きつけハリウッド相手のビジネスチャンスと踏んだ東急エージェンシー側の上島一男プロデューサーが代理店として介入。スクリーン・ジェムズ側が『ゴジラ』とはまた違う恐竜図鑑に出てくるブロントサウルスティラノサウルスのような「恐竜」が登場するテレビシリーズを要望し、東急エージェンシーと「1年間52週分制作する」との契約が交わされた。アメリカ側の要望を受け、本作では「恐竜」と「怪獣」の境界線が極めてあいまいなものとなっている。
また『少年ケニヤ』に代表される少年ターザンものの影響もみられる。

しかし相次ぐトラブルと視聴率不振、『ウルトラマン』や『ジャイアントロボ』などに代表される怪獣ブームの沈静化によって全52話の予定が26話に短縮。 舞台を火山島とアメリカに移した続編『怪獣王子海を渡る』も企画されていたが頓挫し最終的に日本特撮株式会社は解散。『マグマ大使』から続いたフジテレビの番組枠も手放すことになってしまった。

あらすじ

地殻変動の影響で太平洋上に浮上した謎の火山島上空を飛行していた旅客機が噴煙に飲み込まれて海に墜落。乗客の一人である伊吹博士の息子、タケルが波にのまれて行方不明になってしまった。
数年後、調査のために火山島にやって来た伊吹博士は、謎の宇宙人・遊星鳥人の襲撃を受けた。しかしそこにブロントサウルスにまたがってやって来た謎の少年が現れ、博士たちを助け出す。
少年の正体。それは火山島で恐竜たちに囲まれながら生きながらえていた伊吹博士の息子、タケルだった。戦いで負傷し、日本に帰ったタケルは家族と再会し、人間のやさしさを理解。日本と火山島を守るためブロントサウルスを相棒に遊星鳥人たちに立ち向かう。

関連項目

ピープロダクション

関連記事

親記事

ピープロダクション ぴーぷろだくしょん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「怪獣王子」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 50

コメント