ピクシブ百科事典

ククルカン

くくるかん

マヤ神話に登場する神で、中央高原のケツァルコアトルに対応する。
目次[非表示]

仮面ライダーキバに登場するククルカンについてはこちらを参照。

概要

マヤ神話の神の一柱。中央高原のケツァルコアトルに対応し、ケツァルコアトルと同様、「ククルカン」という名はユカテク・マヤ語で「ケツァルの羽-蛇」を意味するとされる(ただし、「カーン」(kaan) はユカテク語で「蛇」だが、「ククル」の正確な語釈については諸説ある)。

キチェ族の伝承である『ポポル・ヴフ』には「ククマッツ」(グクマッツ)というキチェ語名で登場する。イシュムカネーイシュピヤコックフラカンと共に、3回にわたる人類の創造に関与した。

詳しくはこちらで。

ククルカンの成立

実は、ククルカンはマヤ古来の神というより、ケツァルコアトルのマヤ版翻案という性格が強い。ククルカンという神自体はマヤ文明最盛期である古典期には登場せず、ククルカンの存在感がもっとも大きいのは、マヤ文明衰退期にあたる後古典期の、しかもケツァルコアトル信仰が盛んだったトルテカの影響を強く受けた混成文化のチチェン・イッツァ遺跡である(同遺跡のククルカン神殿が有名)。このことから分かるように、ククルカンという神は、古来のマヤ神話で重要なモチーフであった蛇(「幻視の蛇」(Vision Serpent))が、トルテカで盛んだったケツァルコアトル信仰の影響で変容したものである可能性が高い。

よくお土産物のTシャツの柄などで「ククルカン」として出回っている、垂直に立った蛇の口から人の頭が出ている有名な図像(ヤシュチラン遺跡リンテル15のレリーフ)は、実はククルカンではなくこの「幻視の蛇」を描いたもの(その証拠に羽毛がない)。幻視の蛇は瀉血儀礼(自分の体を傷つけ血を流す)に際して現れると信じられており、この絵も、瀉血した女性が、自らの血を注いだ椀から立ち昇る蛇を幻視している。幻覚が見えるのは単に瀉血による貧血のせいだろうなどと言ってはいけない。

関連イラスト

ククルカン


関連項目

マヤ神話 ケツァルコアトル

pixivに投稿された作品 pixivで「ククルカン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 12434

コメント