ピクシブ百科事典

鯨神

くじらがみ

鯨神とは、神性を持った鯨型の存在、または宇能鴻一郎原作の小説とその映画作品のことを主に指す。
目次[非表示]

メイン画像は、『まんが日本昔ばなし』と『ふるさと再生日本の昔ばなし』でも取り上げられた、八戸に伝わる「鮫浦太郎」または「オナイジ」である。

概要

化け鯨も参照)

クジラと神性を結ぶ話は古今東西に存在しており、創成神話とクジラが密接に関わっている場合もあり(捕鯨業が国家の設立のきっかけになった事例もある)、崇められて丁重に扱われることも多かった。「ヨナと魚」のように、神の使いまたはそれに類似する形で登場する場合も少なくない。

もちろん、捕殺はタブーであり、捕鯨を行っていた地域においても鯨を殺したことによる呪いや神罰が下る等の話が、これまた洋の東西に存在する。日本でも捕鯨が盛んだった地域(少なくとも西日本)の全域に同様の話があり、「鯨を殺した途端に海が荒れだし、雲の間から巨大な女神の笑う顔が覗き、漁師たちは全滅する」というバリエーションもある。

アジアではクジラを海神竜宮等と関連付けることも多く、日本(捕鯨地域以外)の「えびす信仰」やベトナムの「カー・オン」(『グランブルファンタジー』の同名キャラクターの名前の由来だろうか)や「南海将軍」、中国(海南省周辺以外)では海上ではクジラに進路を譲る、等々の習わしがあった。こういった時、クジラは災難や魔物から人間を助けてくれるとされる。

同様の性質を持つキャラクターの例

(創作においても、クジラを神や王、宿主などと関連付ける事例は、ここに全て列挙するには多すぎるので、ごく一部のみを掲載する。劇中で「神」または「神獣」と言及されたことがある場合に限定する。)


狭義の鯨神

鯨神(カラー)


宇能鴻一郎による文学作品であり、一見するとメルヴィルの『白鯨』を思わせるが、双方が作品を通して描き出すものは驚くほど異なっている。

1961年の芥川賞を受賞した。翌年には大映が映画化した。本郷功次郎勝新太郎が主演を務め、伊福部昭が音楽に携わっている。大映にとっては初の怪獣映画/巨大生物映画であった。等身大の鯨神のモデルを作っており、「セミクジラの等身大を作った」という意味では『クジラの島の少女』にも似ている(こっちは実在のセミクジラよりも大きく、あちらはどちらかというと小柄な個体のサイズだったのかもしれないが)。

「鯨神」とは、長崎の和田浦沖沿岸を毎年回遊していた一頭のセミクジラで、体長30mという南半球のシロナガスクジラの大型個体にも匹敵する規格外の個体であった(体重はシロナガスクジラを上回ったかもしれない)。実際のセミクジラ(最大20m程度?)の二回りほども巨大である。

地元から「悪魔の鯨」と呼ばれる程に恐れられていたが、人間が自分たちから襲っていって返り討ちにされているだけなのに悪魔と呼ばれてしまっている....(これは、現実にも例えばコククジラが「悪魔の魚」と呼ばれたことと似ている)。

その他

昭和ガメラシリーズの終盤時、大映は東宝の『怪獣総進撃』にも似た怪獣映画を企画していた。「大映オールスター祭り」と言っても過言ではない内容で、過去のガメラシリーズの怪獣やそれ以外が地球を掛けた戦いを繰り広げるというものであった。(参照

敵はバイラス星人とジグラ星人の連合であり、ゾンビ軍団(ギロン宇宙ギャオスの大群)、そして最強の対ガメラ怪獣の双頭怪獣ワイバーンを伴って地球に再襲来する。ガメラがワイバーンによって活動停止に追い込まれた際、パイラ星人ガメラの他にバルゴンギャオスジャイガーネズラ(おそらく)、そして、巨大な鯨「鯨神ゴッドゲイン」を蘇らせる/呼び起こす。ゴッドゲインはニューヨークでジグラと戦闘を繰り広げる(ジグラは名前の由来に鯨もあるため、ある意味では「鯨対決」でもある)。

ゴッドゲインが鯨神と同一個体だったのかは知る由もない。

ちなみに、映画『濡れて打つ』は宇能鴻一郎が原作であり、金子修介が監督デビューした作品でもある。こういう意味でもガメラシリーズとつながりがあるのかもしれない。

関連動画


(同サイト上にフルの動画もある)

Pixiv上にて

「鯨神」の他、「鯨」または「クジラ」+「神」などと分割したり、関連する様な語彙に代えて検索した方が、お好みのイラスト等にヒットするかもしれない。

外部リンク

関連タグ

白鯨 セミクジラ 大海獣 ガメラ怪獣 化け鯨 要塞クジラ 空の鯨  もののけ草紙(鯨神というエピソードがある)

pixivに投稿された作品 pixivで「鯨神」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 878

コメント