ピクシブ百科事典

カボ・マンダラット

かぼまんだらっと

カボ・マンダラット(kabo mandalat)とは、ニューカレドニアに伝わる巨大なヤドカリの姿をした女魔神である。
目次[非表示]

概要

オーストラリアの東方にあるフランスニューカレドニアに伝わる女神カボマンダラット、ガボマンダラットともいわれる。
巨大なヤドカリの姿をしており、ハサミは直径1メートル、脚はココナッツの幹ほどの太さがあるといわれる。さらに彼女が入れるほどの大きな貝殻があり、その中に住むという。

舟が自分の上を通ると転覆させ、海に落ちた人間を食べてしまうともいわれる。

彼女に逆らい機嫌を損ねた人間がいると、寝所に忍び込んで体内に息を吹き込み膨らませてしまう。
風土病である「象皮病」は、この神がそのようにして引き起こすといわれ恐れられていた。

創作での扱い

日本では1959年に刊行された『新大陸の神話』で知られるようになった神格である。
19世紀末にフランスで書かれた『Les Missions Catholiques(カトリックの伝道)』11巻には、ニューカレドニアの項の挿絵に巨大なヤドカリが描かれ紹介されている。

※メイン画像下部
『妖怪《世界編》入門』『東西妖怪図絵』で、カニの様なハサミを持つ、髪の毛が生えたシーサーペントのような姿に描かれており、『水木しげるの世界幻獣辞典』では表紙にも採用されている。
ファミコンのRPGゲーム『悪魔くん魔界の罠』では敵モンスターとして登場した。
  • 天空のクリスタリア
露出度が高い格好で鋭い爪を持つ光属性のハイレアの女神。フレーバーテキストには島に病気を流行らせ、特効薬と引き換えに対峙したものに寄生して力を与えようとしている様子が書かれている。

Shiny


ディズニーのアニメ映画でポリネシア神話をモチーフとしている。類似した巨大なヤシガニの魔物タマトアが登場した。

関連タグ

ポリネシア神話 ヤドカリ 
女神 悪魔 魔神

pixivに投稿された作品 pixivで「カボ・マンダラット」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 45

コメント