ピクシブ百科事典

日本爆裂

にっぽんばくれつ

テレビアニメ・ゲゲゲの鬼太郎第5シリーズの劇場版作品。2008年12月20日公開。
目次[非表示]

概要

アニメ版『ゲゲゲの鬼太郎(アニメ)』としては初の単独上映にして長編の作品。アニメ版「鬼太郎生誕40周年」として作られた。上映時間は約83分。同時上映は『ゲゲゲまつりだ!!五大鬼太郎』。
本編となるTV版が150話を想定して製作されたため、本作はテレビアニメ版の100.5話を意図して作られた。本編でも当時の5期鬼太郎における最新エピソードとして鬼太郎自身から紹介されている。
しかし、TV版が急遽打ち切りとなり、結果として本作は事実上「アニメ鬼太郎5期の完結編」ともなった。
監督が古賀豪に変更されるなどはあったものの、スタッフは概ねTV版と同じ。また、音楽は横山菁児が担当している。本映画用に制作された劇伴は、公開後の本編でも流用されている。
妖怪四十七士も登場し、本編で揃った黒鴉までのメンバーと、残りの未覚醒のメンバーが全員集結した。

上映される6地域ごとに、異なるご当地編が制作されている。鏡じじいの技で遠方へ飛ばされた猫娘が、その先でアルバイトをしたり、妖怪横丁の入り口を探すという場面が描かれる。それらのシーンでは、ゲスト声優やゲストキャラクターとして様々な実在人物・キャラクター・企業とコラボしている。
興行収入は4.2億円。


ストーリー

突如鏡に住む妖怪・鏡じじいに付き纏われるようになり、怯えながら暮らしていた女子学生の風祭華は、ある日昔聞いた妖怪ポストの存在を思い出し、鬼太郎に手紙を出す。しかし、鬼太郎が向かう前に華は鏡爺に捕らわれ、挙句多くの人から存在を忘却されていた。
彼女を救うため調査に乗り出す鬼太郎。ところが、鬼太郎もまた敵の罠にかかって鏡の中へ閉じ込められる。その後敵側として暗躍していたねずみ男の心変わりもあり、鏡爺を返り討ちにして華を救い出すことに成功する。
ところが、無事に戻った華は、さらに多くの人々から存在を忘れられてしまっていた。
華は果たして家族との絆を取り戻すことが出来るのか?

ゲゲゲまつりだ!!五大鬼太郎

本編上映前の短編。1期から5期までの鬼太郎が当時の声優で登場し、40周年を祝う物語となっている。

余談・トリビア

  • 『五大鬼太郎』には歴代鬼太郎の他にも、歴代ねずみ男猫娘一反木綿が登場する。
  • TV本編で登場した敵対妖怪の多くが登場し、百鬼夜行のようなシーンもある。
  • 本作のゲストヒロイン「風祭華」は、3期のヒロイン天童ユメコをモチーフとしている。彼女を襲う妖怪が鏡じじいなのも、ユメコの初登場回に出てくる敵妖怪だったためである。しかし、華とユメコの共通点は設定の一部のみで、華にはオリジナル要素が多い。
  • DVD・ブルーレイ版の特典には『日本爆裂』の収録風景・歴代鬼太郎への同時インタビュー映像・レギュラー声優陣の実写ミニドラマなどが収録されている。


関連イラスト

日本爆裂9周年!!【妖怪ウォッチコラボ・完成版】



関連項目

5期鬼太郎
ゲゲゲの鬼太郎(アニメ)
ゲゲゲの鬼太郎 
水木しげる

pixivに投稿された作品 pixivで「日本爆裂」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1649

コメント