ピクシブ百科事典

黒鴉

くろからす

「黒鴉」とは『ゲゲゲの鬼太郎』アニメ第5シリーズに登場する妖怪である。
目次[非表示]

cv緑川光
・「黒鴉」とは『ゲゲゲの鬼太郎』アニメ第5シリーズのみに登場する妖怪・鴉天狗。
  日本妖怪の警察・司法機関に相当する天狗ポリスのエースであり、必要に応じて鬼太郎に
  力を貸してくれる。蒼坊主とは昔からの知己。
  猫娘に想いを寄せている。
  基本的には冷静だが、悪を憎み正義を愛する心は強く内面はかなりの情熱家。

 主な登場回など


・初登場は36話の「レスキュー目玉おやじ」から。妖怪「松明丸」を倒すために蒼坊主と共に妖怪横丁にやってきた。その際蒼坊主を介して鬼太郎と出会い、その後一緒に「松明丸」を倒した事で鬼太郎や仲間達との親交を築く。その際、ネコ娘から鬼太郎の仲間の証である「霊界符」を託された。

 39話の「ぬらりひょん最期の日」で再登場。自分が渡した霊界符を大事にしてくれていた事に感謝したネコ娘の笑顔に「可憐な方だ…」と一発で恋に落ちる。
 その後ピンチに陥ったネコ娘を助ける為にぬらりひょんを逃すという失態を演じてしまうが、天狗ポリスのボスである大天狗に許され事なきを得る。

 68話では、地獄に呼ばれたネコ娘とねずみ男の引率として共に地獄へ赴いた。自分が何かしたのかと落ち込むネコ娘を必死に励ます姿から「ナンパ鴉」とねずみ男にひやかされ真っ赤になって怒鳴り返すなどコミカルな描写も増えた。
 しかし、ねずみ男が四十七士を集める大任を任された時には我が事のように喜んだりと好青年ぶりがうかがえる。

 73話では、鬼太郎の力になる為修行をするネコ娘を厳しく暖かく見守り、反対に全くやる気の無いねずみ男をそれは厳しく厳しく躾けていた。

 100話は彼の過去に関する回で、黒鴉は自分の「大昔に滅びた悪の天狗のボスの息子であり、自らがその父の魂の憑り代(よりしろ)である」という思ってもみなかった驚愕の出自に驚き、苦悩する。

ネコ娘との関係

・黒鴉はネコ娘に想いを寄せており、度々ネコ娘を意識する描写・発言が各話でちらほら見られるが、肝心のネコ娘はというと、鬼太郎が好きなためか黒鴉の想いには全く気がついていないようである。
 更に、67話の「歩く吸血樹!樹木子」では「天狗ポリスが居るから大丈夫」の発言の後、天狗ポリスの面々を回想する場面があるが、何故か一番良く知っているであろう黒鴉の存在が全く出てこない。 下手すると公式では異性どころか仲間としてちゃんと認識されているか大変微妙な所である。真実はいかに(笑)

 関連タグ

ゲゲゲの鬼太郎 猫娘 蒼坊主 黒ネコ

pixivに投稿された作品 pixivで「黒鴉」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 86229

コメント