ピクシブ百科事典

画皮

がひ

怪異譚『聊斎志異』に記される人間の皮を被って人に化ける中国の妖怪の一種。
目次[非表示]

概要

中国の怪異譚『聊斎志異』に記載されている物語に登場する妖魔
本来の姿は蒼い顔に鋸のような歯を持った姿をしており、美女に化けて男を誑かして餌食とする。最大の特徴は化ける際には人間を描き、その絵が描かれた皮を被る事で人へと変化するという、結構グロイ方法を取る(物語の中では16歳の美少女老婆に化けている)。

なお、画皮の物語に登場する導師は画皮の素性を知っているような素振りを見せていたが、詳細につては不明。

また、画皮の物語を原作とした『画皮 あやかしの恋』という題名の映画も作成されている。

画皮
ミンメイ


ゲゲゲの鬼太郎

CV/松井菜桜子(第5期)
※左イラストが本性。右イラストが第5期に登場する人間に化けた姿。

第3期の劇場版及び第5期に登場。こちらの設定では鬼瓦のような顔をした巨大な空飛ぶ頭だけの姿というインパクト抜群の伝承とは程遠い醜悪な姿をしている(どうしてこうなった?)。

チー率いる中国妖怪軍団の一員であり、劇場版では言葉を話すシーンは存在しないが、主人であるチーの命令には従順に従う実力者で、口から吐き出す黒い風の域やその巨体を使った攻撃で日本妖怪たちを苦戦させる。

最終的決戦においては火を弱点とする妖神竜に回っていたが、最後は鬼太郎と火の妖怪たちの連係攻撃の前に敗れ去り妖神竜諸共炎に包まれながらチーの居城へと激突し倒された。
なお、劇中では人間の姿に化けてはいない。

第5期では伝承通りチャイナドレスを着たミンメイという名の美女に化けて登場(ちなみに人間の皮を被って化けたのかどうかは定かではない。ニチアサ的には恐らく妖力を使って化けたものと思われる)。

チーの命を受けてその姿でねずみ男アカマタを除く南方妖怪の4ば……もとい4人衆に近付いて誘惑し、鬼太郎を倒すように唆す作戦を実行する(なお、表向きは南方妖怪たちをおだてて持ち上げる等の行動をしていたが、内心では彼らの余りにもの頭の悪さ故に馬鹿にしていた模様)。また、色気だけではなく眼力で相手を洗脳する事もできるようだ。

ただし、あくまでも自身の色気を使って術にかけているらしく、猫娘に化けの皮を剥がされて醜い正体を白日の元へと曝け出されるのと同時にその姿に幻滅して南方妖怪たちの洗脳が解けてしまっていた(彼ら曰く「ミンメイちゃん」の方が良かったという誰しもが思っていたことを口走っている)。ちなみに本人はその事に気付いていないのか、本来の姿のままで彼ら南方妖怪たちを誘惑しようとしていたが……。

本来の姿では口から吐き出す突風や絵を実体化させる術を行使してきた露に襲いかかるが、最後は鬼太郎のチャンチャンコ旋風の前に敗れ去るが、その直後に戦いを傍観していたチーによって反物へと変えられてしまった。その後の動向は番組が打ち切りとなってしまったため詳細は不明。

関連項目

中国妖怪 ゲゲゲの鬼太郎

pixivに投稿された作品 pixivで「画皮」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1162

コメント