ピクシブ百科事典

ブエル

ぶえる

ブエルとは、ソロモン72柱の一人である。
目次[非表示]

概要

17世紀の著書不明の魔術書「レメゲトン」第一部の「ゴエティア」によると、ソロモン72柱の1柱で、50の軍団を率いる序列10番の地獄の大総裁。自然哲学、道徳哲学、論理学や全ての薬草の薬効を教え、全ての弱った人(特に男性)を癒し、よい使い魔を与える。また、18世紀のアントニオ・ヴェニティアナ編「大奥義書」では上級精霊アガリアレプトの支配下にあるとされる。

フランスの作家、コラン・ド・プランシーの著書『地獄の辞典』では「星か車輪のような五本の脚を持ち、自ら転がりつつ前進する」とされ、これを基にライオンの頭と5本のヤギの足を体の周りに持つ姿で描かれることが多い。


創作での扱い

ゲゲゲの鬼太郎

悪魔ブエルとキジムナー 別カラー


CV.森山周一郎(アニメ2期)、槐柳二(アニメ3期)、島田敏(アニメ4期)、龍田直樹(アニメ6期)、中博史(ゲゲゲの鬼太郎 異聞妖怪奇譚)
人間時の姿は廃寺に住む不気味な風貌の老人。ねずみ男から妖怪かと聞かれて「妖怪なんて下等なものではない」と言うなどプライドが高い。
事故で左手を失った青年に義手を与えるが、それは魔力が込められた「悪魔の手」であり、本人の意に反して悪事を働き、持ち主を悩ませる。

鬼太郎との対決では、被っていた皮を脱ぎ捨てて伝承にあるような姿の正体を現し、手下である50の軍団を召喚し鬼太郎を圧倒する。しかし最終手段として天岩戸から解き放たれたヤカンヅルに軍団ともども飲み込まれた。

アニメ2期では人間時は関西弁で話し、正体はマントを纏った人型の悪魔になっている。(悪魔軍団に原典通りのブエルが混ざっている)

3期では原作と同じ姿で登場。人生に絶望した人間を悪魔に変える能力を持ち、悪魔の手を移植して人生を崩壊させた人間を次々と悪魔に変えた。日本で手下を1000人増やそうと企む。

4期では触れるだけで相手の腕を悪魔の手に変えることができ、さらにそれに触った者も同様に悪魔の手になってしまうという能力を持っていた。同盟を持ち掛けてきたぬらりひょんもこれをやられた。

ゲゲゲの記憶補正70



6期では西洋妖怪軍団の一員として登場、悪魔の手や50の軍団は使わない。人体解剖が趣味で、メスを使って相手を切り刻む残忍な性格の持ち主。戦闘では五本の脚を高速回転させながらメスを乱射して攻撃してくる。
魔女アデルの命令で、アルカナの指輪を取り出すために人間の少女やよいを生きたまま解剖しようとするが、やよいを助けに来た白山坊に妨害される。
やよいを庇った白山坊をメスで切り刻んで大ダメージを与え、弱った白山坊を追い詰めるが、加勢に来た鬼太郎に、霊毛ちゃんちゃんこを巻いた拳で顔面を殴られて昏倒する。
やよいの体内にあったアルカナの指輪が消えた後はアデルから撤退命令を受けて、「いつかお前も解剖してやるぞ、おぼえておれ鬼太郎よ!」と捨て台詞を残して逃げ去った。

PS2のゲーム『ゲゲゲの鬼太郎 異聞妖怪奇譚』では、大妖怪ギーガベリアル共々召喚され彼らとの盟約の元、西洋妖怪軍団に協力し配下である50の軍団を呼び出そうと活動していた。ルートによって異なるが鬼太郎たちと対決(ちなみに対決しない場合は油すましと対決して敗れ去ったらしい)。
最終的には敗北し、原作同様にベリアル共々ヤカンヅルに捕食され落命する事になるが、状況次第では他の西洋妖怪と彼らに協力している南方妖怪の混成部隊に助け出され、鬼太郎たちへのリベンジを誓う事になる。

更に最終決戦となる分岐次第では再び対決する事となり(如何やらこのルートでは鬼太郎ないし油すましとの対決の後に西洋妖怪、南方妖怪の混成部隊に救出された事になっているらしい)、何故生きているのかと鬼太郎に問い詰められた際には「悪魔は不死身だ」と嘯いていた。
そして今度は攫ってきた猫娘を生贄として50の軍団を呼び出そうと目論むも、またしても鬼太郎たちの前に敗北。二度にも渡る敗北を受け日本制圧を諦めると鬼太郎に忠告にも似た捨て台詞を投げかけると日本からベリアルと共に去って行った…。

足洗邸の住人たち。

医学長官ブエル


H.N「薬物誌(ディオスコリデス)」
政府機関「中央」の実働部隊「七支柱」第二軍従軍医。肩書きは「医学長官」。
触れるだけで傷を癒やす魔力を持つ悪魔。ライオンではなくライオンのような髪型の老人の顔をしている。
ヴェパールに召喚され、アイムの毒の炎を浴びた彼女とオセを治療した。特にオセは重傷だったため、「癒しのガントレット」という治癒効果を高める鎧を着せた。

女神転生シリーズ

知名度は高い悪魔だがなかなか出演せず、『真・女神転生if...』でやっと”堕天使”として登場した。有名な図像ベースの姿に五芒星のネックレスをつけている。しかしドット絵のみで金子一馬による公式イラストも描かれていない。『魔神転生Ⅱ』には高レベルの「”妖魔”グエル」名義で、毛むくじゃらに大きなクチビルを持つ姿で登場した。PCで発売した『偽典・女神転生』では”降天使”で、『真・女神転生』のデカラビアと同じ一つ目のヒトデ姿で登場した。

紅殻のパンドラ

いざ行かん。胸平らな乙女の大地へ!


ブエル(紅パン)


関連イラスト

ブエル
ブエル
ブエル
無題




関連タグ

ソロモン72柱 悪魔

pixivに投稿された作品 pixivで「ブエル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 214702

コメント