ピクシブ百科事典

目次[非表示]

曖昧さ回避

  1. ソロモン72柱の悪魔の一体。
  2. ゲゲゲの鬼太郎』の登場キャラクター。→ブエル(ゲゲゲの鬼太郎)
  3. 足洗邸の住人たち。』の登場キャラクター。本項目で解説する。
  4. 女神転生シリーズに登場する悪魔(仲魔)。本項目で解説する。
  5. 紅殻のパンドラ』の登場キャラクター。→ブエル(紅パン)
  6. メギド72』の登場キャラクター。→ブエル(メギド72)
  7. Bloodstained』に登場するエネミー。本項目で解説する。


概要

17世紀の著書不明の魔術書「レメゲトン」第一部の「ゴエティ」では10番目に記述されるデーモン。『悪魔の偽王国』では7番目に記述される。「ゴエティア」によると50の軍団を率いる地獄の大いなる総裁。自然哲学、道徳哲学、論理学や全ての薬草の薬効を教え、全ての弱った人(特に男性)を癒し、よい使い魔を与える。また、18世紀のアントニオ・ヴェニティアナ編『大奥義書』では上級精霊アガリアレプトの支配下にあるとされる。

『ゴエティア』では黄道十二宮人馬宮のマーク、『悪魔の偽王国』ではアスタリスクという抽象的な姿をしているとされる。
フランスの作家、コラン・ド・プランシーの著書『地獄の辞典』では「星か車輪のような五本の脚を持ち、自ら転がりつつ前進する」とされ、これを基に第6版以降で挿絵イラストとして採用された「ライオンの頭と5本のヤギの足を体の周りに持つ姿」で描かれることが多い。

創作での扱い

足洗邸の住人たち。

医学長官ブエル


H.N「薬物誌(ディオスコリデス)」
政府機関「中央」の実働部隊「七支柱」第二軍従軍医。肩書きは「医学長官」。
触れるだけで傷を癒やす魔力を持つ悪魔。ライオンではなくライオンのような髪型の老人の顔をしている。
ヴェパールに召喚され、アイムの毒の炎を浴びた彼女とオセを治療した。特にオセは重傷だったため、「癒しのガントレット」という治癒効果を高める鎧を着せた。

女神転生シリーズ

知名度は高い悪魔だがなかなか出演せず、『真・女神転生if...』でやっと”堕天使”として登場した。有名な図像ベースの姿に五芒星のネックレスをつけている。しかしドット絵のみで金子一馬による公式イラストも描かれていない。『魔神転生Ⅱ』には高レベルの「”妖魔”グエル」名義で、毛むくじゃらに大きなクチビルを持つ姿で登場した。PCで発売した『偽典・女神転生』では”降天使”で、『真・女神転生』のデカラビアと同じ一つ目のヒトデ姿で登場した。

Bloodstained

「Curse of the Moon」、「Ritual of the Night」のどちらでも原典通りの姿でザコ敵として登場する。「Curse of the Moon」では画面枠内を斜めに反射しながら移動するだけのザコ敵だったが、「Ritual of the Night」では主人公のミリアムを見つけると猛スピードで突進してくる。また、マップによってはリフトで運ばれてきたり、リフト乗り場まで転がってきて待機したりと妙な愛嬌がある。生息域も広い。更にはブエルを投げてくる騎士の「ブエルアーマー」や、4体のブエルを車輪として動く車の「ブエル・トリシクル」等バリエーションが多い。
もちろん、主人公の使役できる悪魔にも抜擢され、踏み台にしてジャンプの補助に使ったり、攻撃して飛ばして敵にぶつけたりと幅広い用途で使え、強化していくと炎を吹き出すようになる。基本ミリアムの後ろをついてくるのだが、手が無いもんだからマップ移動時にドアを開けられずに閉め出されて立ち往生する姿がよく見られる(マップからフェードアウトさせればワープしてついてくる)。ちなみに、色違いモンスターもあり、名前は「アロケル」。

関連イラスト

ブエル
ブエル
ブエル
無題




関連タグ

ソロモン72柱 悪魔

関連記事

親記事

ソロモン72柱 そろもんななじゅうふたはしら

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ブエル」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ブエル」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 658776

コメント