ピクシブ百科事典

ブエル(紅パン)

ぶえる

マンガ及びテレビアニメ「紅殻のパンドラ」に登場する機械の名称。または、その機械の中枢制御装置のこと。画像は、中枢制御装置のもの。
目次[非表示]

機械としての概要

ウザルの開発した巨大自立型掘削機(ボーリングマシン)。
正式名称は、「Base of Unearth Extra RESOURCES」で、略称は「B.U.E.R(ブエル)」である。
その見た目は、一つ目のある巨大な黒い球体。

元々は秘密結社ポセイドンが開発を始めたもので、ポセイドンは「アポルシード計画」のためにこのブエルを欲している。

「真稀少金属(バリュアブル・メタル)」という種類の、義体などにも用いられているレアメタルを採掘するために造られた機械である。「真稀少金属」は文字通り、稀少で高価な物質であり、そのため、それなりの防衛機能がつけてある……とは、ウザルの弁。

実際は、核兵器を凌ぐ性能を誇る「荷電粒子砲」を搭載した超兵器と言っても過言ではない代物であり、正式な手順で起動しない限り、もれなく暴走するように設計してある

また、正式な手順で起動しない限り、絶対に制御できないように、強固な防壁で、中枢制御システムを守っている。さらに、機密保持のために防衛機構が搭載してあり、一定距離内に近づく者に対して無差別に攻撃するという、とんでもない危険物だった。

ちなみに、制御用のメインコンソールは、何故かウザルを模した彫刻であり、メガネ型の認証キーを掛ける必要がある。このコンソールはどう見ても彫刻なのに動くことができ、劇中ではどこかで見たような動きでメガネを外してみせた。

中枢制御装置としての概要

cv:森田順平

上記の機械の中枢制御装置(セントラル・ナーバス・ユニット)。悪魔ブエルの姿を模しており、黄色いボディに5本の山羊の脚と、獅子の頭を持ち、ぱっと見どこかで見たようなデザインをしている。が、ちょっと不格好な見た目をしており、ウザルの部下から、「可愛くないマスコット」と酷評された。

非常に尊大な性格で、「魔界の哲学者」を自称する。言い回しが面倒くさい。だが、その実態は、もっぱらその頭脳をアレなことにつぎ込んでいる変態紳士。セクハラ発言や変態行動は日常茶飯事だが、その都度、クラリオンから制裁を受けている(ほとんど虐待に近い)。

暗所・閉所恐怖症であるにも関わらず、機密保持のために長期間埋められたり「ブエルの部屋」と称した金庫に、毎日放り込まれたりしている。金庫に放り込まれたまま放置された際は、発狂寸前になるほど弱っていた。

趣味はお宝画像収集。本体の保存システム(ストレージ)に、わいせつな画像を大量に保存している。画像はジャンルごとにきっちりフォルダー分けし、万が一にも流出しないよう名前を偽装し幾重にも攻性防壁を張り巡らせて万全の保護体制を敷いている。

…はずだったのだが、

クルツ(と拓美)によるよってたかってのクラッキングの結果、無数に存在するフォルダーの一つ「でらべっぴんフトモモ画像フォルダー」の防壁が突破され、内部の画像が世界中に流出。世界を滅ぼしたいと願うほどの絶望感に襲われたブエルは本体を用いて暴走するも福音の説得により鎮静化した。

一連の騒動終結後はフトモモ画像フォルダーを再建。画像収集を継続するとともにハンドルネーム「ブエぞう」としてwebサイト上で活動し、マニアの間ではカリスマ的存在となっている。

関連タグ

紅殻のパンドラ ウザル・デリラ 兵器 変態という名の紳士

関連記事

親記事

紅殻のパンドラ こうかくのぱんどら

兄弟記事

コメント