ピクシブ百科事典

ロバート・アルトマン

ろばーとあるとまん

ロバート・アルトマンは、マンガ及びテレビアニメ「紅殻のパンドラ」の登場人物。

CV:稲田徹

概要

名前の由来は映画監督のロバート・アルトマンから。ちなみに、彼の部下たちも映画監督の名前が由来となっている。

セナンクル島の治安を守るセナンクル防衛軍(CDF)警察機構の隊長を務める男性(階級は大尉)。
セナンクル島警察(CPD)発足後は軍人から警官に身分が変わり、警察署長を務めている(階級は警部)。
年齢は35歳から45歳。身長188cm、体重103kg。クラリオンの推定によると、中上流階級のコーカソイド。町で休暇を過ごしていた時、通信障害のため足止めを食らっていた七転福音クラリオンと出会い、意気投合する。

島の政治議会に圧力をかけ、横暴に振る舞う米帝軍事顧問イアン・クルツ大佐に頭を悩ませていたが、ウザル・デリラが発信したメッセージを通してセナンクル・アイランドに迫る危機を知り、その首謀者と目されるクルツを逮捕するべく行動を開始。ウザルから渡された議長の汚職情報をネタに議長にCPDの設立を迫り、米帝施設への強制捜査に踏み切った。

施設内では先に突入していた福音やクラリオンと共闘(2人は偽名を使ったが、いくつかの理由によりロバートには正体がバレていた)し、フィアーの撃破及びクルツの逮捕を行った。これにより一連の事件に福音とクラリオンが関わっていたことを知る数少ない人物の一人となっている。

クルツによる一連の事件が終結してからもCPDとして島の治安維持に奔走。
倉庫街での事件がきっかけとなりプロセルピナと交際を始めた矢先、ケリュケイオンの手により重傷を負ってしまう。

人物像

紳士的な性格で正義感が強く、困っている人を見たら助けないと気が済まない。部下からの信頼も厚く、市民や島のこと第一に考えるナイスガイ。「性分でね」が口癖で、「HA HA HA」という豪快な笑い声が特徴。悩み事があると「HA」の数が減ってしまうので周囲にすぐバレる。

カラテ流ジュー・ジツの使い手。義体化していないにも関わらず、かなりのワザマエの持ち主である。
ケリュケイオンとの戦い後はその腕前にさらに磨きをかけるべく修行を行っている。

関連記事

親記事

紅殻のパンドラ こうかくのぱんどら

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ロバート・アルトマン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 50

コメント