ピクシブ百科事典

ゲルツェコマ

げるつぇこま

マンガ及びテレビアニメ「紅殻のパンドラ」に登場する機械。

概要

拓美が構想し、ウザルが基礎設計・デザインを担当した、自立型歩脚汎用ロボット。型式名は「GER0000021」で、ローラーのついたのような形状をしている。福音につけられた愛称は「ゲルコマさん」。

現在も開発途上の実験機であり、定期的にバージョンアップしている。
大量生産を前提に開発された機体であり、現在起動可能な個体は1031体ほど。本来は、もっと大量に存在していたが、ブエルとの戦闘で、ウザルに納入したものは、その多くが破壊されてしまった。

機体のユニット化・簡易化によって、簡単にオプションを変更でき、光学迷彩を搭載したり、武装させたりも出来る。AIは搭載されているが、個体の概念が薄いため、曖昧な質問は理解出来ない。

拓美がデータのサンプル採集を目的にAIに「ゆらぎ」を持たせており、ごくまれな確率で個性が発生するようになっている。

しかし、いくつかの個体がブリンなんとかさんと接触したことをきっかけに、想定以上(9巻の時点で全体の37%以上)の個体が個性を発生させるようになり、最高管理者である拓美の命令すら無視するようになっている。

しかも、彼らの中でブリンなんとかさんの地位が、じわじわと(1度データをデリートしたにも関わらず)拓美に近づきつつある。

丸っこくて単眼なデザインなのは、「目玉はロマン」という、ウザルの謎のこだわりから。

作中でもよく登場し、メイン画像のように背中に人を乗せて移動したり、福音達のお手伝いをしたりしているが、ストーリーの展開上、よく壊される。不敏
人が乗る際は、頭頂部側面から落ちない為に掴むためのハンドルとカバー、後部ハッチが展開される。

ちなみに、製作工程は、まるでプラモデル

関連タグ

紅殻のパンドラ 機械
攻殻機動隊 タチコマ

pixivに投稿された作品 pixivで「ゲルツェコマ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 14994

コメント