ピクシブ百科事典

総統閣下シリーズ

そうとうかっかしりいず

「総統閣下シリーズ」とは、ニコニコ動画にアップされている、映画『 ヒトラー ~最期の12日間~ 』に嘘字幕を添えたMAD動画の総称である。
目次[非表示]

概要

総統閣下シリーズとはニコニコ動画にアップされている、映画ヒトラー ~最期の12日間~ 』の登場人物(主にヒトラー)の台詞に嘘字幕をつけたMADシリーズである。

登場人物

主要メンバー

ヒトラー

言わずと知れたドイツ第三帝国総統。総統閣下シリーズの主人公で、通称「総統閣下」または「閣下」。いわばMAD製作者の分身。
重度のプリオタであり、プリキュア以外にも様々なアニメ漫画等のサブカルに詳しい。最近は艦これにもハマっている模様
作中で激昂している場面がよく抜き出されており、動画内ではそれが作品キャラクターイベント等々に関する愛着の高ぶり、絶望や嘆き、嫉妬やストレートな欲求と、様々に変換されている。時にはシリアスな話もしている。

居残り組

クレープス / ヨードル / カイテル / ブルクドルフ
いつも総統閣下に説教をくらっている4人。ちなみに全員将軍クラス
ある意味、彼らがいないと総統閣下シリーズは始まらない。
当然、総統閣下の部下なので敬語で話すことが多いが、ネタによってはタメ口どころか、総統を煽ったり憐れんだり呆れ返ったり罵ったりする作品も存在する。
「この中で○○と思う(思わない)奴はここに残れ」と言われて残ることが多いために「居残り組」なる呼び名が付いたが、「いつもの奴らはここに残れ」と雑な居残り命令が下ることもある。

  • クレープス : 最初に地図を指しながら状況報告してる人、通称:カルピス。ネタふり役。オドオドしてたりすることが多い。ドイツ陸軍の参謀総長で大将。
  • ヨードル : いわゆるハゲ。カルピスの後に追加の説明を添えるが、大抵は総統の火に油を注ぐ煽り役。国防軍最高司令部の作戦部長で上級大将。
  • ブルクドルフ : 爆発中の総統閣下にツッコミを入れる命知らずバカ。陸軍の人事局長で中将。
  • カイテルヒゲが立派なジジイ。件のシーンでは無口だが、四人組の中では階級が最も高い元帥。国防軍最高司令部の総長。

ゲッベルス / ボルマン
この2名は原作では「残れ」と名指しされていないにも関わらず、残っている。
彼らも軍人ではないがやはりトップクラスの幹部
  • ゲッベルス : 痩せこけていて目つきがヤバイ。大抵は変態趣味がある設定で、他の面々の論戦に加わって別の場面から自身の嗜好をぶちまけていることも多い。宣伝大臣。
  • ボルマン : 空気デブ。ナチス党の官房長。親衛隊では大将。

その他の顔ぶれ

ナチス関係者

シュタイナー
総統閣下をブチギレさせた張本人だが、総統閣下シリーズでは台詞の中でのみ登場する。
そもそも劇中で総統が怒っているのは、ベルリン守護を任せていたはずのシュタイナー軍集団が兵力不足を理由に実はてんで任務を行ってなかったため。そりゃあ、総統閣下も「騙され続けてきた」とお怒りになる。
嘘字幕シリーズではその場に居合わせず、総統のお使いに行かされていることが多い。親衛隊の大将。

クリスティアン(ゲルダ)
総統の怒声が響きわたる会議室外の廊下ですすり泣いている女性。作品によっては腐女子にされていることもある。

ユンゲ
すすり泣いているクリスティアンを諫めている女性。二人とも総統閣下の個人秘書である。
総統閣下シリーズでは影が薄いが、映画の中ではもう一人の主人公ともいえる重要なポジション。なおかつこの映画の原作者である。

ヘルマン・フェーゲライン
(史実では逃亡罪で)銃殺される人。親衛隊および武装親衛隊でともに中将。
総統閣下シリーズの例のシーンでは、冒頭に彼が会議室に入ってくる場面から始まるが、いわゆる居残り組ではないため、すぐに退室していて台詞もなく、例のシーンだけを用いるMADでは印象は薄め。閣下に余計な一言を挟んだ結果、場面転換して処刑される事が多い。
基本的に死亡芸人だが、同時に不死身で、15分間射殺され続けた事も。
彼の最期の台詞の空耳「はい死んだー!」は、かの有名なナチス式敬礼「ハイル・ヒトラー!」と言っている。

…etc.

スターリン
激昂した総統閣下から引き合いに出される人。
史実では敵国ソ連のトップだが、ネタによってはヒトラーと友達だったりすることもある。
こちらも「重症」である場合が多く、ナージャヲタであることも。
最近は艦これのヴェールヌイに夢中らしい。

使用される空耳の一部

元の映画が外国語であるため、空耳が起きている。
総統

他の方
…etc.

日本国外での展開

実はこのシリーズ、海外でも割とウケておりYouTubeではドイツ語の台詞にデタラメな英語字幕をつけた動画が投稿されていたりする。他にも様々な言語で嘘字幕をつけた動画が存在するので、興味のある人は探してみると面白いかもしれない。
なお、元ネタである『ヒトラー ~最期の12日間~』で監督を務めたオリバー・ヒルシュビーゲル氏も、自分の映画がパロディ化されていることを認知しており、「ファンから大量に送られてくる動画のリンクを見て大笑いしているよ」とかなり好意的なコメントを残している。

しかしその一方、日本では権利者であるギャガ株式会社からの著作権侵害の申し立てで削除される事が多く、削除を不服として訴訟のリスクを冒してでもアップロードされる事もまた多い。

関連動画



関連イラスト

総統閣下が我々の気持ちを代弁してくれるようです
ちくしょうめー!!



関連タグ

総統閣下 ニコニコ動画 嘘字幕
アドルフ・ヒトラー
バーカ! おっぱいぷるんぷるん スターリン

元ネタ
ヒトラー~最期の12日間~ - ネタにされまくっているが、映画本編はとってもシリアス
ブルーノ・ガンツ - 同作でヒトラー役を演じたスイス人俳優

これを元にしたイメレス
総統閣下が怒ってます

関連作品


外部リンク

pixivに投稿された作品 pixivで「総統閣下シリーズ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1182037

コメント