ピクシブ百科事典

エヴァ・ブラウン

えばぶらうん

アドルフ・ヒトラーの恋人・妻。 ドイツ語読みでは本来エーファ・ブラウンだが本稿では広く知られているエヴァ・ブラウンで統一する。

概要

アドルフ・ヒトラーには複数関係の可能性が指摘される女性がいたが、エヴァははっきりと交際関係にあったことがわかっている数少ない女性である。

エヴァが働いていた、ヒトラーお気に入りの写真家ハインリヒ・ホフマンのスタジオにヒトラーが来店したのが、二人の出会いである。この時脚フェチだったヒトラーは、エヴァの足をガン見しており、その視線はエヴァもビンビン感じていたらしい。なお、エヴァ本人は足を魅力的なものと思っておらず、胸が小さいことを気にして下着にハンカチを入れて大きく見せようとするなどの努力をしていた。

ヒトラーが溺愛していた姪のゲリ・ラウバルが自殺した後に2人は正式に交際関係となる。しかし、かなりの年の差であり、女性票を失うことを恐れていたヒトラーの方針でエヴァの存在は戦後に至るまで公にされず、ヒトラーが所有する山荘に住む日々が続くこととなった。エヴァは何度か結婚を申し出たが、結婚すれば嫌でも公になってしまうために拒否されたという。
壮年期以降のヒトラーが特別な関係を持ったとされる女性は大抵があまり学歴が高くない年下の女性で、エヴァもその一人だった。これにはヒトラーにとってそうしたタイプの女性の方がコントロールしやすいという考えがあったという指摘がなされている。

こうした関係のためストレスが多く、しかも束縛しがちなヒトラーは別の異性とのダンスすら禁じたためしばしば口論したり、2度も自殺未遂を起こすなどしていた。
しかし、二人の間には明らかに肉体関係があったことも判明しており、ヒトラーの横で物まねをしてからかったりするなど良好な関係を維持しており、エヴァはヒトラーの下から去ることはなかった。彼女は絶対的権力者となった彼を「アドルフ」呼ばわりできる唯一の人物で、事情を知らない新任の護衛が仰天したという証言を残している。

エヴァは権力や金銭などには無関心で、第二次世界大戦の間も友人たちとの遊びや映画鑑賞に時間を費やすといった、自分と周りの人間たちの幸福な時間に夢中であり続けた。

大戦末期になると、エヴァはヒトラーの反対を押し切ってソ連軍が迫りつつあるベルリンへと向かった。エヴァの意思は明らかであり、その愛に応えるため、もはや女性票も気にする必要がなくなったヒトラーはついに結婚を申し込む。

1945年4月30日、青酸カリを用いて服毒自殺をする。夫婦として過ごした時間は、わずか40時間に満たなかった。
遺体はヒトラーとともにソ連軍の手に渡らぬようガソリンを用いて焼却されたが、結局ソ連軍が回収し夫妻の身元は歯形により特定された。その後、遺体は何度か埋葬地を変えられた後ネオナチによって聖地化することを恐れたユーリ・アンドロポフの命令により破砕された上でエルベ川支流に散骨された。

戦後、彼女のものとする日記が発表されベストセラーとなったが、当時を知る関係者から日記の記述とつじつまが合わないと批判されるなどし、現在は偽書扱いとなっている。

関連タグ

アドルフ・ヒトラー ナチス 第二次世界大戦

関連記事

親記事

アドルフ・ヒトラー あどるふひとらー

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「エヴァ・ブラウン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 157

コメント