ピクシブ百科事典

目次[非表示]

イタリアの姓の一つ。
ほとんどの場合、同国の政治家独裁者ベニート・ムッソリーニのことである。

経歴

フルネームベニート・アミルカレ・アンドレア・ムッソリーニ』。
鍛冶屋の父と教員の母の間に生まれ、師範学校を卒業して暫くは教員をしていたがやがてスイスに移住して職を転々とし、その間に政治思想を深めて行き、労働運動に参加。やがて帰国して徴兵から復員後、教師に復職し並行して政治機関紙の活動から政治活動を始めていく。
若き日はレーニンとも親交を深め、イタリアを代表する共産主義者として知られた。

第一次世界大戦を機に愛国主義に傾倒し、第一次世界大戦での中立を唱えるイタリア社会党の方針に反して参戦を主張した為に党から除名された後、社会主義とナショナリズムを混ぜ合わせた独自の思想「ファシズム」を提唱。ファシズムを奉じるファシスト党を率い、1922年のローマ進軍で政権を奪取。1943年までイタリア王国首相・国家統領(ドゥーチェ)として同国を独裁的に支配した。ファシストの政権獲得の手法は、ドイツアドルフ・ヒトラーが大いに参考にした。

ファシスト・イタリアはマフィアを徹底的に取り締まり、失業者の溢れる農業国だったイタリアは目覚ましい工業化を遂げた。このため、ムッソリーニの経済政策はイギリスチャーチルなどの人々からも称賛された。

だが、世界恐慌の影響で失業者が再び急増し、財政的にも行き詰まったため、ムッソリーニは事態打開のため軍事力による対外進出を試みる。ナチス・ドイツおよび大日本帝国日独伊三国同盟を結び、枢軸国として第二次世界大戦に参戦したが、敗色濃厚となった1943年に解任・逮捕される。のちドイツの後ろ盾の元に亡命政権イタリア社会共和国(RSI)をイタリア北部に設けたが1945年に敗北とともに処刑された。

人物

ムッソリーニは同時代においてかなりの教養人であり、語学にも堪能、スポーツ万能で多くの女性と浮き名を流した。教員資格を持っていて、小学校教師を務めてもいた。好きな本の乱読で偏った知識を得、スポーツをせず、女性に奥手だったヒトラーとは対照的である。

またスイス在住時に亡命中だったレーニンからも評価され、ムッソリーニがイタリア社会党から除名されたと聞かされたレーニンは「あの坊主を除名するとは諸君は気でも触れたか」と惜しんだと言われる。

ヒトラーはムッソリーニへの尊敬を公言し、またムッソリーニもヒトラーには好感を持っていたが、思想まで同じというわけではなかった。ナチス・ドイツとファシスト・イタリアは同盟関係を結んだものの、ムッソリーニ自身も当初はナチスの反ユダヤ政策には否定的であり、ヒトラーの人種論を公然と批判することもあった。

しかし、第二次世界大戦が勃発すると、欧州を席巻する勢いのドイツの快進撃を見て、バスに乗り遅れるなとばかりに反対する軍部の意見を無視して参戦してしまう。ところが明らかに準備不足のまま参戦したため、虫の息の筈のフランスに撃退され、エジプト侵攻も後に反撃を受けアフリカ植民地の殆どを喪失し、ヒトラーの反対を無視してまで始めたギリシャ侵攻も失敗した。こうして、イタリアはドイツに従属的な立場となり、自身とファシスト・イタリアの破滅へと突き進むことになる。

スペイン内戦で疲弊した国情を正確に捉え、ヒトラーからの再三の参戦要求に決して乗ろうとせず義勇兵だけを送り、それも枢軸側が不利になるや撤退させるという処世術で生き残ったスペインのフランシスコ・フランコとは対照的であり、ムッソリーニにもフランコのような視野と自制心があればまた違った結末を迎えられたかも知れない。

また、現在も同国内では一定の支持あるいは評価をする層がある点は、ヒトラー政権とは大きく異なっている。なお、孫娘で元女優のアレクサンドラ・ムッソリーニは現在イタリア下院議員・欧州議会議員であるが、祖父譲りの強硬な政治思想を持ち、「ホモやオカマよりもファシストになる方がよい」という同性愛へのヘイトスピーチなどで問題視されたことがある。

関連タグ

ファシズム 全体主義 イタリア王国
ムッチリーニ・ベニス:『大帝国』に登場するムッソリーニが元ネタの女性キャラ。
ムッツリーニ:『バカとテストと召喚獣』の登場人物、土屋康太のあだ名。

関連記事

親記事

イタリアの政治家 いたりあのせいじか

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ムッソリーニ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 120524

コメント